恵比寿で真のアンダーグラウンドを体現する「頭バー」 Go underground at Ebisu’s ZUBAR

外壁いっぱいに描かれたダイナミックなグラフィティ。入り口に掲げられた「魯肉飯水餃子」の提灯。両者がミスマッチでありながら、シュールレアリスムを想起させる絶妙なバランスで存在感を放っている。一見してなんの店か分からないこの建物こそが、恵比寿でもっともアンダーグラウンドなDJバー「頭バー(ZUBAR)」だ。

Dynamic graffiti covers the exterior. A paper lantern reading “steamed dumplings and minced pork rice” lights the entrance. This surreal combination sets the mood. You wouldn’t know by looking at it, but your standing in front of Ebisu’s best underground DJ bar “ZUBAR.”

かつて倉庫だった物件を改装した店内は、木材を基調としたデザインと赤い照明が印象的だ。1F奥にはDJブースがあり、不定休を除いたほぼ毎日、さまざまなジャンルのイベントが開催されている。この店はあくまでもDJバーだ。クラブのような派手さはない。店の常連客はみなウーロンハイがお気に入りだ。地元民、業界人、外国人……頭バーを好んで訪れる客層はさまざまだが、みなに共通するのが音楽好きでちょっぴりエッジーなパーソナリティを持っているということ。恵比寿、渋谷の両駅から離れた立地であるのにもかかわらず、足を運ぶ人間が後を絶たない。独特の雰囲気を持つ店のルーツは、「原宿時代の秘密のパーティ」にあった。

The storehouse turned bar’s interior is a striking mix of finished wood and red lighting. There’s one event or another going whenever the place is open and you can always expect to find a DJ on deck in back of the first floor. But make no mistake--this isn’t a club and doesn’t feel like one. After all, you won’t find many clubs where the regulars drink oolong highballs. This is a DJ bar. The customers range from locals to industry people and foreigners. Their backgrounds might be wildly different but they all share a love of music and an edgy personality. The location is a hike from Ebisu and Shibuya stations, and people are happy to make it. The secret to their success is in carrying on the old Harajuku tradition of the secret party.

事務所のパーティから店舗営業に転向

Evolving from office party to business

頭バーは、原宿の某デザイン事務所からスタートした。当時、裏原宿系フットウェアのデザインを担当していたオーナーは、毎週金曜日の18時~24時まで事務所をDJバーとして開放。ホームパーティのような形式で親しい友人らを招き、音楽や会話を楽しめるスペースを提供していた。オートロックの完全非公開バーは、エントランスに着いたところで先に到着している者に電話連絡を入れなければならない。運悪く着信に気づいてもらえない場合、外で一時間待つハメになった人間もいるという。小さな貯金箱に数百円を入れ、事務所にストックしてある缶ビールやチューハイを飲みながら語らう。またDJがプレイする様子はネットラジオで配信した。その頃のバースペースは、10畳程度。商品のデザインサンプルに入り混じり、大人がひしめき合いながら酒と音楽を浴びているのだ。オーナーに許可を得て、当時の写真を入手することができた(プライバシー保護のため、お客さんには黒線を入れさせてもらった)

ZUBAR’s roots trace back to a Harajuku design firm. Every Friday from 6PM until midnight the owner, an Ura-Harajuku footwear designer, would convert his office to a DJ bar. Like a good house party the event quickly grew in scale and became a prime place to make new friends and chill with good music. Because the office entrance had an automatic lock, the only way to get in was to phone a friend already there. It wasn’t unusual for people to wait outside over an hour until their connection came through. But once you were inside all you had to do was toss a few coins into the collection box, grab a beer or chuhai from the office stock and let the good times roll. Back then they used to stream the DJ sets on net radio. You could even check out design samples while you were there. All this commotion within a small 10 tatami mat room. If you were lucky you could score photos of a party from the owner (to protect the guests’ privacy all the faces would be black out).

「当時はなんでもありだったな。女の子が酔っ払っておっぱい出したりとか当たり前だったよ。ま、それも、誰かの知り合いとか、近い関係値だったから起こり得たことだけど」と、当時をよく知る客は話す。店舗営業となったいまは、当然無恥は発生しない(多分)。頭バーの先駆けには、本能をたまらなく掻き立てる「混沌」があった。

According to one frequent party goer “Anything went in those days. Drunk girls with their boobs out became commonplace. We were all so close that it wasn’t a big deal.” You won’t find that kind of exhibitionism now that it’s a proper business (probably), but ZUBAR is still there to help people let go and incite a little chaos.

著名アーティストもお忍びで訪れる秘境

Secret stomping grounds for major artists

クリエイティブなオーナーの人脈からか、こじんまりとした店には意外ともいえるビッグゲストが来店することも。守秘義務のため名前は挙げられないが、過去にはテクノ、ダブ、ヒップホップ界の世界的重鎮と呼ばれるアーティストが来日公演の合間に羽を休めた。運が良ければ彼らのプレイを間近で聴けるチャンスもある。大規模フェスに出演したアーティストがお忍びでライブをおこなった際は、情報がSNSでリークし、店から客があふれだすほど混雑した。国内の著名アーティストも頭バーのイベントに定期的に出演している。

Having a creative for an owner means that some big players show up in the tiny bar. We won’t name names here but star techno, dub and hip hop DJs from around the world have been known to stop by when they visit Japan. With a little luck you might catch one of their sets when you drop in. Of course when someone that famous is on the decks the news spreads over social media fast. Before you know it the bar is utter chaos. Of course big names from the Japanese scene also hold events there regularly.

あぐらをかきながら音楽を楽しめる

Pop a squat and listen to the music

2011年には店舗として、拠点を恵比寿に移した頭バー。店内中ほどにある急な階段を上ると、2Fには座敷が広がっている。グループなど大人数で訪れた際には、座布団を敷いてちゃぶ台を囲みながら飲むスタイルだ。とはいえ、古い建物を改築している手前、10人以上は2Fに通せないとのこと。「人数が多すぎると、床がたわんじゃうんだよね」と、オーナー。また飲みすぎた客は、ここでいったん酔い覚ましをしてから飲み直すらしい。

The bar officially opened for business in Ebisu back in 2011. If you climb the steep set of stairs to the second floor there’s a space to chill out. When there’s enough people they’ll break out cushions and a table to sit and drink at. It’s makes a good place for drunks to sober up too. Before renovating the building the owner says that you couldn’t even have 10 people upstairs without the floor looking like it was ready to cave.

小腹が空いたら本格派台湾料理をオーダー

Authentic Taiwanese food to keep you going

頭バーのもうひとつの魅力は、台湾料理の魯肉飯と水餃子だ。かつて頭バーには台湾系の女性スタッフが働いており、そのころのフードメニューが定着した。魯肉飯はオーナー自ら台湾を練り歩き、改良に改良を重ねた1杯。素材の味を活かすべく調味料は控えめに使用し、後味までも香り高い。水餃子は皮から手作りしているため、もちもちした食感と具のみずみずしさが素晴らしい。小腹を空かせた客に、夜遊びのエネルギーを補充してくれる絶品フードだ。(魯肉飯と水餃子はランチ営業でも味わうことができる)。

It’s not all about the music, either. The Taiwanese minced pork rice and steamed dumplings are reason enough to visit ZUBAR. When they were developing the menu a Taiwanese girl had been on the staff. The owner himself went to Taiwan and tried countless minced pork recipes before finding the perfect one. Use of minimal seasoning allows the natural flavor of the ingredients to shine. Even the aftertaste is perfect. The juicy, chewy dumplings are made from scratch in-house and it shows. Both dishes make perfect snacks to refuel for more partying (or a tasty lunch!).

頭バー

東京都渋谷区東2-24-1

ZUBAR

2-24-1 Shibuya-ku Higashi,Tokyo

誰もが気になる店名の由来をオーナーに聞いた。「ズバババババってことだよ」。正直、まったく理解ができなかった。フィーリングで決めたものなのだろうか。すかさず、店の常連客がいう。「頭、って書くでしょ。なにかの、しょっぱな。この店から夜がスタートするってことだよ」公式な由来を聞くことはできなかったが、客がそれぞれの解釈で店を楽しんでいる様子に心が躍った。今年の11月にオープンから5周年を迎える頭バーだが、これからもだれかの夜に針を落とす店であってほしい。

In case you’ve been wondering about that name, we asked the owner for you. “It’s just like, ZUBABABABABABA!” Don’t worry--we don’t get it either. Maybe it just felt right to him. We tried asking a regular and they said “They write the ZU with the kanji for head, right? Like the start of something. It means that it starts at night!” We’re pretty sure that’s not an official explanation. In fact, everyone there had a different opinion on the origin and seemed to love debating them. ZUBAR celebrates its 5th anniversary this November, and may the needles continue dropping there for years to come.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN