yahyel(ヤイエル)が表現する“未知のサウンドとの遭遇” Encountering extraterrestrial sounds with yahyel

YouTubeの誕生以降、世界各国の音楽をオンタイムで共有できるようになってから、国という枠にとらわれることなく、自由かつセンスの高いサウンドを表現する新世代のアーティストたちが登場している。日本だとD.A.N.やWONK、Suchmosなどが続々と頭角を現しており、その筆頭に数えられるのがyahyel(ヤイエル)だ。

YouTube broke down the barriers of sharing and gave everyone instant access to all music, ushering in a wave of artists with highly sophisticated tastes and new sounds. Some of the more well-known Japanese acts riding this wave are D.A.N., WONK, Suchmos and of course yahyel at the head of the pack.

同じ大学出身の池貝峻、篠田ミル、杉本亘によって2015年に結成されたヤイエルは、各々が音楽活動をする中で集結。ギターロックやブルースなどをルーツに持ち、海外生活も豊富でオンタイムのベースミュージックも嗜好していた彼らは、最初から自然と“世界標準“を目指していた。

「海外、世界標準の音楽を作っていくプロジェクトを始めたいから一緒にやろうと、篠田に相談したのが結成のきっかけで。ジェイムス・ブレイク、The xx、フルーム、チェット・フェイカーなど、電子音楽やダブステップと言われる人たちの表現は、オンタイムな音楽での表現をするうえで基本フォーマットとして参考にしています」(池貝)

College classmates Shun Ikegai, Miru Shinoda and Wataru Sugimoto were all attached to other musical projects when the came together to form yahyel in 2015. With roots in guitar rock and blues and a healthy knowledge of the latest bass music from abroad they set out for world domination from day one.

“We got together when I asked Shinoda to join me in a new, global scale project. Electronic and dubstep artists like James Blake, The xx, Flume and Chet Faker are the voices of our generation and helped provide the basic framework for our vision.” (Ikegai)

そしてヤイエルという不思議な響きを持つ名前は、ある思想家が提唱した文明から取られている。

「ニューエイジ思想家のバシャールという人がいて、彼が予言するところによると、「2015年に地球の人類は宇宙人たちと接触するでしょう」みたいなことを言っていて。それがヤイエルなんだと。ちょうど僕らが活動を2015年に始めた、という短絡的な理由もあるんですけど、やっぱり海外の音楽シーンに出ていきたい、という想いが強かったので。国内外どちらから見てもそういうことをしようとしている僕らって宇宙人で、しかもそれを“宇宙人”って言わなきゃいけない状況自体に皮肉を込めてこの名前にしました」(篠田)

The band’s otherworldly name comes from the words of an extraterrestrial philosopher.

“There’s this multi-dimensional being named Bashar who’s channeled through a new age philosopher. According to Bashar’s prophecies, 2015 was the year that humans were supposed to make first contact with extraterrestrials. Those aliens are called Yahyel. We chose that as our name in part because we formed in 2015, but also due to the fact that we’re out to invade the international music scene. Our aims make us seem like aliens both at home and abroad, and the name is a bit of a cynical jab at that as well.” (Shinoda)

世界から見たら自分たちは宇宙人と皮肉り、人類が初体験する音楽を表現しようとしているところが非常に面白い。メンバーはサイケデリックやサイバーパンク、ニューエイジなどのSFに強い興味を持っていて、退廃的な雰囲気やディストピアな世界観などが表現に反映されている。それはアーティスト写真や楽曲からも明確。匿名性も大切にしており、ライヴではVJを効果的に取り入れ、表現する世界観をさらに際立たせている。

「僕らのテーマのひとつに匿名性というのが大きくあって。ライヴは生身の身体をさらけ出して演奏するじゃないですか?ライヴにおいて固有の身体性に目がいきがちだけど、それでは匿名性が表現できないだろうと。それでVJを導入して、身体に直に当てているんです。僕らの身体性は秘匿できる一方で、映像に身体性が付加される。VJは僕らの身体ですね」(篠田)

今度リリースされるデビューアルバム『Flesh and Blood』には、そんなテーマが色濃く落とし込まれつつ、彼らのもうひとつの大事なテーマも全編に浸透している。それは社会構造への懐疑的な視点。表現への姿勢は痛々しいほどに誠実だ。

While they joke about being aliens to the rest of the world, the idea that they are helping mankind make first contact with extraterrestrial sounds is spot on. The members’ love of psychedelia, cyberpunk, new age and all things sci-fi bleeds into their work, coloring it with hints of a decadent dystopian world. Their PR photos and songs give off the same vibe. Placing a high importance on anonymity, the band makes use of a VJ with the perfect visuals to complete their sound.

“Being anonymous is a big part of what we’re about. The whole idea of a live performance is that you’re present in physical form, which is not the best scenario if you’re trying to convey anonymity. So we decided to have a VJ project images right onto our bodies. It conceals our true forms, while giving life to the visuals. Our bodies become the performance.” (Shinoda)

That theme plays prominently on their upcoming debut album “Flesh and Blood,” along with another important theme in their music--a highly skeptical view of our social structure, a topic they approach with brutal honesty.

「人はもろいからこそ信じないといけない、みたいな構造をちゃんと正直に抉り出す。自分の人生の中で起こっている疑問みたいなものを、世の中にちゃんと突きつける表現をしたいので。その構造を暴く、ということがヤイエルのテーマでもあるし。それがアルバム全編の根底に流れ、本当に生々しい人間の感じに戻る、というか。個人対個人というレベルまで引きずり下ろす、というのが表現の根源にあって。そこに人種や愛情、時間の流れとか、いろいろなテーマがあって、そういったものひとつひとつと向き合っている」(池貝)

「ひとつひとつの音にちゃんと意味付けをする作業が長かったですね。楽曲は内面の叫び、主張を際立たせなくてはいけない、というのが前提なので、音数が少ない構成になっていて。一サビが終わった後に何も音がなくて、ボーカルのアカペラだけみたいな。心地好い音も意識しているけど、その反面歌っている言葉は生々しい叫び、主張で。ある種皮肉っぽい矛盾というか」(杉本)

「矛盾するものを対置することによって、得られる意味があるなと思っていて。例えば、バンド名とアルバムのタイトル。”宇宙人”と”血と肉”。あるいはサウンドと歌。無機質で機械的なビートにすごくエモーショナルな歌が乗っている。こんな風にすごく対置されている要素があって、それが相乗効果を生み出しているんだと思います」(篠田)

“We’re showing that humans are fragile and that’s why they’re desperate to believe in society. We just want to express the doubts we have in our own minds through our art. Exposing society is an integral part of yahyel. Those feelings soaked deep into the roots of this album, like a return to primal mankind or something. We wanted to make it as personal as possible. That led us to exploring ideas about love, humanity, the ebb and flow of time… We take on lots of topics like that head on.” (Ikegai)

“It took an incredible amount of time to make each and every note have meaning. The compositions are an internal scream, and to emphasize that we had to trim it down to a very minimal sound. For example, after a chorus there’s no sound, just some acapella vocals. We’re aiming for a pleasant sound, but adding hyper raw lyrics to get that scream across. It’s a bit of an ironic discord.” (Sugimoto)

“Juxtaposing contradicting ideas can lead to some interesting places. Take the band name or album title, for example. “Aliens” and “Flesh and Blood.” Then there are the differences between instrumentals and vocals, like using inorganic, mechanical beats for an extremely emotional song. We take those wildly different elements and make them rhyme with one another, so to speak.” (Shinoda)

ひんやりとした虚無的な空気感を放ちつつ、その実、煮えたぎるような熱さを内包している表現。様々なベースミュージックが融合した浮遊感のあるサウンドとスモーキーな歌声、矛盾とされる両極にあるものが混然一体となり、不思議な感覚へと連れ立つ。こんな音楽を表現できるアーティストは、日本になかなかいなかった。むしろ世界中を見ても稀。まさに”未知との遭遇”なのだ。日本を飛び越え、世界中とのコンタクトを開始したヤイエル。私たちも同時代の目撃(聴撃!?)者として、接触できることを喜びたい!

Seeds of chilly nihilism have grown into the festering fruits of their fresh sound. The unique blend of dreamlike bass music, smokey vocals and use of contrasting elements create an indistinct, ethereal listening experience. Up until now there haven’t been many Japanese artists capable of expression at this level. Or anywhere in the world for that matter. Talk about a new encounter! yahyel’s leaving Japan to make first contact with the rest of the world. Let’s all be thankful for this chance to bear witness to the coming of the new sound!

Yahyel

2015年3月に池貝峻、篠田ミル、杉本亘によって結成。同年5月には自主制作の4曲入りEP『Y』をBandcamp上で公開。8月よりライヴ活動を本格的にスタートし、VJに山田健人、ドラマーに大井一彌が加入。現在は5人編成で活動中。2016年1月にはヨーロッパツアーを行い、2月に両A 面7インチ「Fool / Midnight Run」、9月には「Once / Flare」を限定CD で発売すると同時に売り切れ店舗が続出。Apple Music「今週のNEW ARTIST」にも選出されるなど、今最も注目を集める新鋭として期待されている。
アルバム Yahyel『Flesh and Blood』 Beat Records 11/23(水)リリース

Formed by Shun Ikegai, Miru Shinoda and Wataru Sugimoto in March 2015. In May of the same year they released a 4 song EP titled “Y” on Bandcamp. The band began performing live in August along with VJ Kento Yamada and drummer Ichiya Oi, who completed their current lineup. Last January the band went on a European tour, then followed it up with the February release of double A side 7-inch “Fool / Midnight Run.” Their limited edition CD “Once / Flare” sold out immediately after it dropped in September. With accolades like Apple Music’s “New Artist of the Week” the band is walking the cutting edge of new music.
Album: Yahyel “Flesh and Blood” Beat Records Nov. 23 (Wed) Release

OFFICIAL SITEFacebookTwitter


FLESH AND BLOOD LIVE ~ 1st ALBUM RELEASE PARTY ~

日時
12月16日(金) OPEN/START 19:00
場所
渋谷WWW
チケット
前売¥3,500(1ドリンク代別途)
問合せ
BEATINK 03-5768-1277

BEATINK

DATE&TIME
December.16 (Fri) OPEN/START 19:00
WHERE
SHIBUYA WWW
ADMISSION
¥3,500(advance)
TICKET INFO
BEATINK 03 5768 1277

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN