日本でLINEマンガがウケる理由とは? 韓国発「ウェブトゥーン」の衝撃波(2)

 いわゆるクールジャパンを代表するものに、マンガという文化/産業がある。だが、言うまでもなく、マンガが生みだされるのは日本だけではない。お隣の国・韓国には「ウェブトゥーン」というPCやスマホで縦スクロールして読むマンガの市場があり、2010年代にそこで大革命が起きた。そして、それは決して“他人事”ではなく、その衝撃波は確実に日本にも押し寄せているのだーー。マンガやネット文化に詳しく、『ウェブ小説の衝撃』(筑摩書房)の著書であるライター/編集者の飯田一史が、韓国発デジタルコミックの動向と日本への影響を4回にわって徹底分析!

LINEマンガ、comico、XOYと別々の企業からアプリをリリースするNAVERグループ

 前回は韓国マンガ界の概要と、その中で近年急速に市場規模を拡大しているウェブトゥーン市場の活況を紹介し、日本企業と売上規模などを比較した。今回と次回、次々回では、日本に進出している韓国のデジタルコミック事業者をひとつずつ紹介していきたい。まずは、NAVER系列からだ。
 NAVERグループはLINEの「LINEマンガ」、NHN comicoの「comico」と「comico plus」、それから(おそらくは日本ではなく韓国本国で運営している)NAVERの「XOY」を展開している。
 LINEマンガは1600万ダウンロードを超える日本最大のマンガアプリであり、基本的には各出版社のマンガを配信、販売しているが、最近ではオリジナル作品にも力を入れている。配信作品の中には韓国ウェブトゥーンを翻訳したものもちらほらある。

引用:LINEマンガのアプリより。

 また、LINEにはグローバル向け(日本以外の国で展開)の「LINE webtoon」というサービスもあるが、こちらは公式見解ではLINEマンガの動きとは関係がない。
 LINEマンガは莫大なユーザー数を誇り、週1または毎日更新の連載形式でマンガが配信されると紙のコミックスの販売も伸びることから、版元からは販促ツールとして重宝されているが、「(他の電子書籍ストアに比べて)料率が安すぎる」という嘆きの声も一部にはある。
 comicoはタテ描きのマンガを配信(サイト上など、日本では公式には「ウェブトゥーン」という言い方はせず、「タテ読み」と呼んでいる)し、映像化もされた人気作品『ReLIFE』などで知られている。

引用:comicoのアプリより。

 姉妹サービスcomico PLUSは、ページ形式で描かれた他社作品をフルカラータテ描きに作り直して配信しているほか、オリジナル作品はcomicoが若い女子向け中心なのに対し、やや大人向けのものが多い。両サービスでやはり韓国ウェブトゥーンをローカライズしたものも配信している。

引用:comico PLUSのアプリより。

マンガの登場人物の名前を日本向けにローカライズ

 韓国ウェブトゥーンは、日本で配信される際には、キャラクターの名前や地名、方言、食べ物、箸の置き方、紙幣などまで日本向けにローカライズされるのが一般的だ。その結果、日本人に違和感や抵抗をあまり感じさせることなく読まれている。
 日本のマンガ家であれば、自作のキャラクターの名前が「小林」「コウジ」だったものから韓国や中国で翻訳する際に「キム」や「リー」に変える、と言ったらイヤがる人間が多そうだが、逆は当たり前に行われている。
 本題ではないので深入りしないが、韓国のほうが日本よりローカライズに積極的なため、日本では過敏反応されがちだし、「ローカライズするのはよくない」ような風潮があるが、海外で現地ローカライズをして親しまれている日本マンガもある。また、ディズニーですら、例えばミッキーマウスのイタリアでの名前はTopolino(トポリーノ)、スペインではRaton Migueito(ラトン・ミゲリート)と名前を変えている。別におかしいことではない。

いじめられっ子が復讐するウェブトゥーンが人気?

 話を戻すが、XOYは日本向けの「NAVER webtoon」アプリからリニューアルしたものだ。日本では今のところ完全無料ですべて読める(2016年11月に有料チケット制にリニューアルする前のcomicoと同じ)。現在は韓国のNAVERウェブトゥーン作品をローカライズして配信しているが、近々、日本向けマンガの制作・配信を始めるようだ。

引用:XOYのアプリより。

 XOYでは、冴えないブサイク男子のいじめられっ子が、ある日突然、眠るとケンカも強いイケメンに変身してしまう(再び眠ると元に戻る)能力を手に入れるというT.Jun『外見至上主義』などが人気である。

引用:XOYで配信されている『外見至上主義』。

 韓国マンガでは、いじめられっ子や地味で目立たない少年少女が、いじめっ子に復讐したり、いけすかない美男美女を見返すという話が多い印象があるが……。出版エージェントや翻訳・ライター業を手がけるコミックポップ・エンターテインメント代表・宣政佑氏は、次のように話す。
「ウェブトゥーンは、韓国では中学・高校生、大学生の読者が多いので、いじめの問題などが共感を呼ぶのでしょう。ただ、韓国マンガにも日本と同様、多様なジャンルがあり、『人気テーマのひとつ』にすぎません」
 確かに、「学園ものの復讐話」以外にもラブコメ、ホラー、ファンタジーなどは日本へも翻訳されて入ってきている。ほかにも、韓国では、青年~大人から非常に高い支持を集めて映像化もされた、社会問題を扱った『未生』『錐』といった作品もある。
 囲碁のプロへの道を挫折して、労働環境がブラックな商社に入社した青年を主人公にした『未生』は、16年から講談社でコミックスが刊行され(とかく「電子書籍に力を入れている」アピールをしている講談社からの刊行にもかかわらず、なぜかKindle版は出ていないが)、日本では同年7月から『HOPE~期待ゼロの新入社員~』(フジテレビ系)というタイトルでテレビドラマ化もされた。しかし、日本ではあまり話題にならなかった。マンガアプリではピッコマで配信されているが、ドラマ放映当時のピッコマはサービスを始めて間もない頃だったため(ピッコマは2016年4月にサービスイン)、筆者がテレビドラマに疎いことを差し引いても、日本ではあまり話題にならなかったように記憶している。

引用:ピッコマで配信されている『未生』。

 『錐』にいたっては、日本ではコミックスも出ていないし、日本でサービスを展開している韓国系マンガアプリでも(少なくとも現在は)配信されていない。
 韓国資本の各マンガアプリ事業者は、日本のユーザーの傾向を見て配信する作品を選んでいるだろうことを考えると、「“日本では”いじめられっ子が復讐したり見返したりするタイプのウェブトゥーンが人気」と言うのが正確なのかもしれない。 
 次回はカカオジャパンの「ピッコマ」を紹介しながら、NAVERとカカオの因縁、その方向性の違いについても触れていきたい。

文=飯田一史

飯田一史(いいだ・いちし)
1982年、青森県生まれ。マンガやネット文化などのサブカルチャー、コンテンツビジネス関連の取材・執筆などを手がける。著書に『ウェブ小説の衝撃』(筑摩書房)など。主な寄稿媒体に出版業界紙「新文化」、Yahoo!ニュース個人、「Febri」ほか。

#CULTURE

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN