茶漬け‐女装を当たり前にした仕掛け人が見つけたNEXT Changing perceptions of beauty in Japan – Chazuke on gender fluidity, curves and freedom.

今、東京では“女装男子”を見つけることはそれほど難しいことではない。山手線の車内や、原宿、秋葉原の大通りでも、時折「大柄な女性かな?」と振り返ると男性だった、ということは誰にでもあり得る体験だろう。
 それには、2010年代に入ってからの二次元-マンガの世界での“男の娘”ブームからも影響を受けているが、いち早く"女装男子”の居場所を作った仕掛け人がいる。

彼、"茶漬け”が秋葉原で2009年にオープンしたバー『NEW TYPE』は、「ニューハーフではなく、もっとラフに"女装をしたい”というところからスタートしている。"女装って楽しい”と感じてもらえる場所が欲しかった。性でなく、ファッションで女性服を着るんです」という。

女装するなら美しさを追求したい。"茶漬け”のその思いは服から化粧へと対象が移っていった。2011年には『NTメイクレクチャークラブ』を始動させ、女装に合ったメイク術の講座を開いた。「そもそも化粧は顔の彫りを際立たせるためのもので、もとから彫りの深い男性が女性と同じことをやってもダメ。女性とは逆に、引き算の理論でいかないといけないと毎日化粧をして気づいたんです」と話す"茶漬け”は、「最近ではコスプレの“男の娘”の化粧のレベルがだいぶ上がってきました。けれど、彼らは自分自身でアピールしたいのか、「NEW TYPE」のスタッフには応募してこないですね」と笑う。

Cross-dressing in Japan isn’t a particularly new trend, but thanks to a recent boom in ‘otoko no musume’ (cross-dressing) manga, the selection of specialist businesses for cross-dressers in Tokyo has been on the rise in recent years. Chazuke, a gender fluid entrepreneur and self-proclaimed super-fan of the ‘otoko no musume’ manga has opened his own bar ‘NEW TYPE’ in Akihabara, a place for cross-dressers to relax and socialise amongst like-minded people. He describes his bar’s motto as: “Rather than deciding fashion by sex, we want to spread the message that gender roles don’t matter”.

Chazuke’s attention to detail in NEW TYPE’s make-up and dressing areas has caught on in Akihabara, with 2011 seeing the establishment of his NT Make-up Lecture Club – make-up classes for gender fluid and transgender people in Tokyo. “At our classes, we teach how to minimalise harsh male facial features for an optimal make-up look”, Chazuke explains. “Recently, the Tokyo cross-dressing community has really been advancing in terms of being able to create confident, natural make-up looks”.

アパレルブランドh.NAOTOのモデル経験もある"茶漬け”。東京の好きな街としては新宿を挙げ、「なんでもありな、どんな文化でも受け入れる寛容さがある」という。一方で自身のホームグラウンドの秋葉原については「なんだか"アキバ系”と擬態している人も多い気がする。最近“どこまでが秋葉原か問題”というのが話題になっていて、地図上でどこまでが“秋葉原”と呼べるのか、人によって捉えている範囲が違う」と捉えどころのなさが魅力だと語る。一方で、「国際化はまだまだ。英語でメイド喫茶の“お帰りなさいませ、ご主人さま”のあのニュアンスをどう表現すればいいのか難しいですし」と課題も口にする。

An ex-model for apparel brand h.NAOTO, Chazuke sites his favourite Tokyo spot as Shinjuku; “There’s a tolerance for just about anything there. It’s so free.” On the other hand, on his homeground of Akihabara; “Recently there is this debate as to what encompasses a true ‘Akiba’ person. People fight over how genuine or hardcore they are, so everyone’s always on guard.” As for internationalisation, Chazuke cites the difficulty of Japanese to English translation in maid cafes; “We have no idea how to correctly convey the phrase ‘okaeri nasaimase, goshujin-sama’ (roughly translated along the lines of “welcome back, master”). Globalisation of niche places like Akihabara is difficult.”

そんな"茶漬け”が、"女装男子”の次のムーブメントを仕掛けようとしている。2016年1月にオープンした“ぽっちゃり系女子”を集めたメイドカフェ&バー『Shangrila』では、通常の“美”とされる細身の女性とは対極の体型をした女性をメイドとして集めている。

彼は「“男の娘”と同じで“ぽっちゃり”は“萌え”。元始昔の人はふくよかな女性に萌えていた。一緒に太った子といた時に、彼女が走ってお尻の肉がプルプル震えた時に"これに萌える人はいる!”と思った。今、ぽっちゃりのアイドルとかも出てきていて、ニッチでエッヂの効いているジャンルだから、成功できると思っています」と自信を示し、「ぽっちゃりの子は、よく食べるからエネルギーがある。だからテンションが高くてトークが面白いんです」という。「外国人にも絶対にウケると思いますし、海外での展開も見据えていきたいですね」とも口にする"茶漬け”。彼の野望が実現する日はそう遠くないのかもしれない。

Chazuke’s next move? A maid café for curvy girls. Forever striving to break down the strict barriers when it comes to the perception of beauty in Japan, Chazuke opened ‘Shangrila’ in January of this year. “It’s only in recent years that thin girls have become the standard of beauty – in older times, it was the curvy girls that were considered sexy. Especially in Japan where diets are the norm and bigger bodies are looked down on, I want to show that curviness can be ‘moe’ (cute) too”, he explains.

Chazuke’s movement is an ambitious one – Japan is known for its group ideology and shared perceptions of a set form of ‘beauty’ – but with NEW TYPE and Shangrila sharing positivity from the very heart of Akihabara, it may just catch on.

MADE IN AKIHABARA

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN