週末アートトリップ→BIWAKOビエンナーレ2016 見果てぬ夢 One of Japan’s oldest towns x Contemporary Art. What will happen...?

青木美歌/2014年度出展作品(風景)

ビエンナーレにトリエンナーレ。気付くと日本のさまざまな地方で、さまざまな美術展が開かれるようになった。神戸ビエンナーレや横浜トリエンナーレといった都市部の美術展も良いが……。せっかくの行楽シーズンだ。東京からちょっと足を延ばして、自然と歴史の中でアートに浸ってみるのもいいだろう。
オススメしたいのは「BIWAKOビエンナーレ2016見果てぬ夢」。
9月17日~11月6日まで、滋賀県の近江八幡旧市街で行われる、国際芸術祭である。

Ever heard of a biennale? What about a triennale? It may not mean anything to some, but these biannual and triannual contemporary art shows are becoming somewhat of a feat in Japan. There’s the Kobe Biennale and the Yokohama Triennale of course, but this being the season for glorious summer outings, you may want to venture a little outside the woods for a more memorable art exhibition experience.
Welcome to the Biwako ‘Eternal Dream’ Binnale 2016 held in the old town of Omihachiman in Shiga Prefecture - about 170 minutes away from Tokyo on the Shinkansen. This international art festival is more than a little special, so definitely check it out if you have the chance to visit during its opening dates of 17th September - 6th November.

河合晋平/2014年度出展作品(風景)
田中誠人/2014年度出展作品(風景)

歴史的な建物を額縁にして展示されるアートたち

Art within art

三木サチコ/2014年度出展作品(風景)

近江商人発祥の地である近江八幡。江戸時代の風情が色濃く残る地域だ。「BIWAKOビエンナーレ2016」の会場は、町に点在する町家や元造り酒屋、また八幡山山頂の城跡に建つお寺など、それ自体が興味深く、歴史を感じられるスポットばかりである。
一方で、市内には荒れるに任された空き町家も点在しているという。管理に手間がかかる古い家を、近代建築や駐車場へと変えていく地権者も多い。「時の流れ」「時代の変化」と言ってしまえばそれまでだが、歴史情緒ある街並みが姿を変えていくは、忍びないものだ。こうした流れを変えるべく、残された貴重な建物の保存と活用をテーマに2001年から開催されているのが、この「BIWAKOビエンナーレ」である。今年で7回目を迎えた。

The birthplace of the Omi merchants, Omihachiman is a town stooped in history and culture. Just take one look at the unchanging architecture left in place since the Edo period and you’re left with a distorted sense of time. So of course as you’d imagine, the Biwako Binnale is making full use of the scenery - displaying art pieces in old sake breweries, in castle ruins and on old temple grounds.
It all comes at a time when residents are gradually feeling the strain of caring for old buildings - there’s a distinct hint of change in the air as some plots sparkle with newly erected modern housing and land is cleared to make car parks. It’s a town that tells the story of time - a changing landscape and turning clock. That’s how the Biwako Binnale first came about in 2001 to preserve and enjoy the town’s heritage and make use of the old architecture.

市川平/2014年度出展作品(風景)

国内外から集まったアーティストたちが、歴史ある空間をまるごと作品化していくことで、何年もの間、忘れ去られていた建物たちは、生き生きとした輝きを取り戻していく。本稿に掲載されている写真は2014年に行われた第6回の様子を写したものだが、古民家や廃屋という額縁に、様々なアートが展示されている様は、幻想的であり、SF的でもある。時代が交錯するからなのか、なぜか“未来的”にさえ映るのが面白い。

Artists - both domestic and foreign - gather throughout the town to breathe life and colour into the ancient buildings, contrasting old with new, traditional with contemporary. It’s a blending of eras that can only be described as futuristic.

全64作家が参加する2016年の注目は...

Biwako Binnale’s most ambitious show yet

田中太賀志/2014年度出展作品(風景)
ガブリエラ・モラウェッツ/2014年度出展作品(風景)

第7回目となる「BIWAKOビエンナーレ2016」には、以前Z TOKYOで紹介した林茂樹氏を始め、全64作家が参加予定だ。見どころ多数だが、本稿では若きガラス作家・青木美歌に注目したい。
粘菌やバクテリア、ウイルス、はたまた細胞や内臓といった有機的なモチーフを透明なガラスで造形する彼女。「BIWAKOビエンナーレ2014」にも参加し、大きな反響を呼んだ。今年はどんな場所でどんなインスタレーションを見せてくれるのだろうか。
東京駅から会場最寄りとなる近江八幡駅までは、新幹線&快速で乗り継ぐと約170分。3時間弱の長旅だが、土曜朝発の日曜夜帰りというプランを検討可能な距離だろう。「BIWAKOビエンナーレ2016」への旅は、東京人のみならず、東京に滞在しているというツーリストにも、オススメしたい「週末アートトリップ」である。

This year’s Biwako Binnale will be the seventh show to be held since it’s founding, and of course it is set to be the most spectacular yet. Sixty-four artists will have their works on display, from ZTOKYO interviewee Shigeki Hayashi, to upcoming glass artist Mika Aoki. Her glass depictions of bacteria, viruses and cells are already a big hit in Japan’s art world, and certainly can’t be missed at Biwako.
It’s a slight distance from Tokyo, but with a ride on a Shinkansen and a glimpse of one of Japan’s oldest towns, Omihachiman’s biannual exhibition is certainly worth a weekend trip.

BIWAKOビエンナーレ2016

開催期間:2016年9月17日(土)~11月6日(日)
開場時間:10:00~17:00
休場日:木曜日(木曜日が祝日の場合翌日振替休。ただし、11/4は開場)
パスポート料金:一般 2500円【前売り2300円】
学生(高校生以上) 2000円【前売り1500円】/中学生以下無料
展示会場:滋賀県近江八幡旧市街(まちや倶楽部、喜多七右衛門邸、喜多七右衛門邸倉、尾賀商店、旧扇吉もろみ蔵、カネ吉別邸、旧中村邸、遠久邑八幡堀/村雲御所瑞龍寺門跡、八幡山展望館)
主催:NPO法人エナジーフィールド

Biwako Binnale 2016

Dates:17th September - 6th November 2016
Opening times:10:00 - 17:00 (closed on Thursdays)
Entrance costs:General Admission:¥2500 (Advance ¥2300)
High school / University student:¥2000 (Advance ¥1500)
Middle school student and below:Free
Address:Omihachiman town, Shiga Prefecture
Sponsor:NPO Energyfield

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN