世界が認めるクラブミュージックレーベル TREKKIE TRAXの展望 vol.3 Club music label ‘TREKKIE TRAX’ on their rise to international fame vol.3

渋谷発・クラブミュージックレーベルとして新境地を切り開く、TREKKIE TRAX(トレッキー・トラックス)のインタビュー第3弾では、「レーベルショーケース」と称するパーティオーガナイズにかける思いや今後の展望について語ってもらう。先日「仮面ライダー エグゼイド」の主題歌『EXCITE』の主題歌の作曲・編曲を手がけたばかりのCarpainterからのコメントも併せてご紹介しよう。

We’re back with part 3 of our interview with groundbreaking Shibuya-based club music label TREKKIE TRAX. This time boys share their thoughts on doing label showcases and organizing parties, as well as what they’re working on next. We’ll also hear from Carpainter about his recent experience writing the new ‘’Kamen Rider Ex-Aid’ theme song.

Q.TREKKIE TRAXのイベントはいまや大盛況となっていますが、パーティにかける思いを聞かせてください。TREKKIE TRAX events are always lit. Can you tell us about your parties?

futatsuki - 僕らは基本的に、渋谷にあるLOUNGE NEOってクラブでパーティをおこなってきました。LOUNGE NEOは、もともとヒップホップやR&B色が強い箱で、僕たちが好きなジャンルの音楽はあまり流れていないようなところだったんです。縁があってそこでパーティができるようになったのが、活動を始めて1周年のときです。それ以降、TREKKIE TRAXのパーティと僕個人でオーガナイズしているパーティの場をLOUNGE NEOに移しました。これまでLOUNGE NEOになかった音楽を、あえて発信していこうという試みです。でも、結果的にLOUNGE NEOを中心とした音楽シーンに似たようなパーティが乱立してしまったんです。昔は自分たちしかできなかったパーティが誰にでもできるようになってしまいました。

futatsuki - Most of our parties are held at a club called LOUNGE NEO in Shibuya. Originally it was more of a hip-hop or R&B club that didn’t really play our kind of music. We hooked up with them to do a party about a year into the label. We’ve used it for TREKKIE TRAX parties ever since, and I even organize my own parties there. It started as an experiment to bring our sound to a club that didn’t really play that sort of thing. But as a result, a lot of other people started mimicking the scene we were creating at LOUNGE NEO. Back then we were the only game in town but now everyone’s doing it.

Q.自分たちで切り開いたはずの道が、他の人のものにもなってしまったということですね。So you blazed the trail and everyone else followed.

futatsuki - 次のフェーズにパーティを進めるにはどうしたらいいのかを考えたとき、アメリカにいるSeimeiの友人を日本に呼ぶことができるんじゃないかと思いました。もちろん僕らの周りにも外国人アーティストを招致しているパーティはあったんですが、ものすごくお金がかかるって話を聞いていたので、その辺の問題をどうクリアして、僕たちの規模感に落とし込むのかっていうのを模索していました。
Seimei - そう、無理なく、ね。
futatsuki - それで、Seimeiの友人でありマルチネからもリリースをしているGrimecraftを呼ぼうということになったんです。Grimecraftも日本に遊びに来たいと感じていたようだったので、ちょうど良いタイミングでした。その分、金銭面も融通を利かせてもらうことができたんです。それからマルチネにも話を持って行きました。ダブルネームでイベントをやりましょう、と。
Seimei - 「Maltine Records & TREKKIE TRAX presents Grimecraft」みたいな。それが去年の夏の話です。
futatsuki - それまではレーベルに関係ない人もパーティで回してもらっていたんですが、以降はTREKKIE TRAXのアーティストだけでパーティを組むという方向に決めました。そうすることで、渋谷に既存するパーティと差別化ができると思ったんです。
Seimei - 「TREKKIE TRAXのパーティ」っていう風に、ブランディングしたんだよね。
futatsuki - それから、レーベルのパーティを「レーベルショーケース」って表現に変えました。自分たちのレーベルのアーティストだけでパーティをやるんだ、って固く決意をしたんです。ゲストは外部のアーティストでもいいんですが、それ以外の出演者は自分たちのみです。
Seimei - ゲストには頻繁に海外のアーティストを呼ぶようになりました。Grimecraftのあとに呼んだのが、Nina Las Vegasっていう、オーストラリア国営放送の女性キュレーター&DJです。もともとTREKKIE TRAXのファンだったらしく、来日にも興味を持ってくれました。
futatsuki - アメリカ人であるGrimecraftを呼んで以降は、「東京で面白いパーティをやっている人たちがいる」という噂が海外にも広まったみたいです。それから段々と「東京にきてなにかやりたかったら、TREKKIE TRAXに相談すればいい」みたいなフォーマットができましたね。
Seimei - Nina Las Vegasに関してもそうだし、今年の周年パーティで来日したDjemba Djembaに関してもそう。その前に呼んだDeon Customっていうオランダ人のDJに関しても、厳密にいえば僕たちが出演のオファーをしたわけではなく、向こうからの提案があってのことなんだ。
futatsuki - ビジネス、というよりも友好関係の延長線上で成り立ってますね。

Triple J Mix Up Exclusives with Nina Las Vegas 10/17/2015

futatsuki - Yeah, so when we were thinking of ways to bring our parties to the next level we came up with inviting Seimei’s American friends over. Of course parties with international DJs were already around, but from what we heard they were crazy expensive to put on. We needed to figure out a way to clear any financials hurdles and do it on a manageable scale.
Seimei - Exactly, how to do it without biting off more than we could chew.
futatsuki - That’s when we decided to bring over Grimecraft, Seimei’s friend who had the release on Maltine. The timing was perfect because he had already been thinking of coming to Japan. That helped ease the financial burden. We also approached Maltine and suggested doing it as a joint party.
Seimei - You know, like ‘Maltine Records & TREKKIE TRAX presents Grimecraft’ or something. That was last summer.
futatsuki - Before then we were having non-label artists play at parties, but ever since we’ve made it policy to only allow our own acts. That’s one way we were able to differentiate ourselves from the other parties popping up in Shibuya.
Seimei - The whole ‘TREKKIE TRAX Party’ thing was a branding move.
futatsuki - After that we changed the wording from party to ‘label showcase.’ That helped cement the fact that we were only allowing our own guys to play at our parties. Other artists could come, they just couldn’t perform.
Seimei - Now we’re able to bring over international acts as guests pretty often. After Grimecraft we had Nina Las Vegas, a female DJ and curator for The Australian Broadcasting Corporation. She was already a fan of the label and was interested in coming to Japan.
futatsuki - Word spread quickly, even outside the country, that we were putting on good parties in Tokyo following Grimecraft. It’s gotten to the point where if someone wants to try performing in Tokyo, they start by contacting us.
Seimei - The same thing happened after Nina Las Vegas, and again after Djemba Djemba played our anniversary party. When we had the Dutch DJ Deon Custom over, he was the one who contacted us with the idea first.
futatsuki - Rather than business deals, the model has developed based on friends introducing friends.

Q.TREKKIE TRAXは、アーティスト招致に関しても人とのつながりやストーリー性を大切にしているんですね。TREKKIE TRAX places a lot of importance on friendships and background when hosting artists too, then?

futatsuki - 「レーベルとしての活動を広げていこう」と強く意識した結果、僕らの音楽シーンに近いこと、また僕らが普段DJで流している楽曲を作っていて、同様に僕らの曲もかけてくれているアーティストを呼ぼうという方向になりました。僕らが彼らの曲をかけることで、日本での認知度が高まる。いざそのDJが来日する、となるとそのアーティストを呼ぼうと思ったストーリーがお客さんにも見えるんです。来てくれたお客さんも来日したアーティストと話すし、僕らも紹介する。パーティはすごくフレンドリーな雰囲気ですよ。

futasuki - We’re very big on the idea of spreading the label’s reach by bringing over artists who come from a similar scene as us, artists whose songs we like to play in our sets, and also artists who play our music. We help promote them here in Japan by playing their music. Then when they come to Japan and we work with them the fans can see the natural progression that took place. The audience converses with the artists and we make introductions. Our parties are always a really friendly environment.

Seimei - それが可能になっているのは、僕ら自身がビジネスライクな動きをしていないからだと思うんです。アーティストも僕らを信頼してくれる、というか。「TREKKIE TRAXはお金だけを目的に音楽をやっていないだろう」と歩み寄ってくれるんです。
futatsuki - 招致する海外アーティストは、僕らよりも目上。でも「君たち面白いことやってるから、ちょっと混ぜてよ」みたいなノリで来てくれるのがうれしいです。
Seimei - Djemba Djembaは「僕が昔やっていたクルーと似たようなシンパシーを、きみたちに感じる。僕はそんなきみたちをサポートしたいから(日本に)来たんだよ」と言ってくれました。
Carpainter - Djemba Djembaは、僕らのレーベルのCola Splashっていうアーティストが作った曲を自発的にリミックスしてくれていたんです。その曲を数万人規模のフェスでかけている動画がネット上に公開されていて、僕らが発見したことが始まりでした。
Seimei - そのリミックスを、さらにほかの有名アーティストがかけたりしてね。
futatsuki - 日本ではその曲がアンセム化していたので、ファンには「Djemba Djembaはいつくるの?」みたいなリクエストをもらっていました。
Seimei - そういうアーティストたちのフックアップがあったから、DiploやSkrillexが僕らの曲をかけてくれるようになったんです。

Cola Splash - Curry Drinker (Djemba Djemba Remix)

Seimei - I think the reason things have worked out for us is that we don’t act like businessmen. People can trust us. They can see that we aren’t just in it for the money.
futatsuki - The international artists are all bigger than we are. But they come here anyway because they like what we’re about and want to be part of it.
Seimei - Djemba Djemba said that we reminded him of his old crew so he wanted to support us by coming to Japan.
Carpainter - Djemba Djemba had already remixed a song by one of our artists called Cola Splash of his own accord. We found a video of him playing it at a festival with tens of thousands of people and that’s how we got to know him.
Seimei - Other famous DJs have also played that remix.
futatsuki - The song became something of an anthem here too, so fans kept asking when Djemba Djemba was coming.
Seimei - As a result of all of this, huge artists like Diplo and Skrillex have started playing our tracks.

Q.今後、TREKKIE TRAXは世界に向けどんなことをしていきたいかを聞かせてください。Tell us how TREKKIE TRAX plans to move forward with global domination.

futatsuki - 「日本の音楽を世界に届けよう」というのが、TREKKIE TRAXのコンセプトでした。日本では海外に比べクラブミュージックシーンが閉鎖的なので、外国人アーティストはビジネスライクな感じで来日することも多いんです。インターネットがあるとはいえ、言語の壁も存在するし、思った以上に「あの島国ではなにが行われているのかわからない」という印象が強いみたいです。でも、そういった課題はアメリカに留学していたSeimeiを通してだいぶクリアになったと思います。アメリカに住んでいる人たちや、ほかの国の人たちとコミュニケーションがとれるようになったからこそ、僕らがいま日本でやっていることを彼らに伝えられるようになったし、いま海外でどんな音楽が流行っているかなど、彼らが教えてくれる部分も多くあります。僕らとしては引き続き日本のヤバいアーティストを海外で知ってもらえるようにプロデュースしていきたい。逆に、海外のアーティストで僕らに興味を持ってくれる人はしっかりサポートができればと思います。僕らはその相互作用の中間点にいないといけないな、と。現状、その役割はTREKKIE TRAXにしかできないと思います。
Seimei - いちアーティストとしてでなく、レーベルとして橋渡しができるような動きをこれからも続けていきたいです。
futatsuki - その規模感がどんどん大きくなっていけばいいかなと思います。ビジネスっぽく切り替えてしまうと、難しくなっちゃうのでいまのところは考えてないです。

Batsu & in the blue shirt - With

Carpainter - From Your Eyes [NEST HQ Premiere]

futatsuki - Our concept is built around bringing Japanese music to the world. Compared to other countries the Japanese club music scene is pretty insular. Most foreign artists who come here do it through business arrangements. Even though we have the Internet, language is still a problem. People still say they have no idea what’s happening on this island of ours. Having Seimei in the States has helped that problem greatly. It’s allowed us to show Americans, the world even, more of what’s going on here, and provides us with info on what’s trending elsewhere. We want to continue showing just how crazy some Japanese artists are, and to support the people who are supporting us. That interaction is vital. And I think TREKKIE TRAX is the only label able to pull it off.
Seimei - I’d like to focus on progressing as a label and not get too caught up on individual success.
futatsuki - Yeah, we need to just keep doing what we’ve been doing. If we go and get all business-like things will only get messed up.

Q.Z TOKYOの読者には同世代も多くいると思いますが、クラブとはどんな風に関わってほしいですか?Many of Z TOKYO’s readers are in your age group. How would you like them to get involved with the club scene?

futatsuki - ストリーミング配信も一般的になり、低予算で音楽に触れられる機会は昔よりも増えていると思います。自分が好きだと感じた音楽を、次はパソコンや携帯じゃないもので聴いてほしい。
andrew - 大きい音で音楽を聴くのはヤバイんだ、っていうのを知ってほしい。

futatsuki - Streaming is popular now and it’s possible to access music for next to nothing. If you like what you hear, then try listening to the music someplace other than on your computer or smartphone.
andrew - Listening to really loud music is where it’s at guys!

Seimei - 「自分はああいう音楽が好きだと思ってクラブに来たけど、もっとこんな感じの音楽の方が好きだな」っていう発見もあると思う。クラブにおける、音楽の旅っていうのをしてほしいね。
andrew - クラブミュージックの機能性って、クラブでしか発揮できないものだと思うんです。
Carpainter - TREKKIE TRAXの発足当時から一貫しているのが、「パーティ原理主義」という考え方です。パーティが活動の根底にあるから、より良いパーティをおこなうために、良いアーティストを呼ぼう、という心理があります。
Seimei - 忙しいと思うし、お金もないかもしれないけど、クラブに来てみると面白いよ。
futatsuki - 思っているほどクラブのハードルは高くないよ、って。
andrew - 居酒屋の延長ですからね(笑)。それくらいの感覚でクラブに来てもらって、原体験ができればいいと思うんです。
Carpainter - 俺はお酒飲んでなくてもめちゃくちゃ楽しかったけどね。
futatsuki - クラブに行くにはオシャレしなきゃいけない、とか気合い入れなきゃとかいう考えは最初のうちだけ。もっと純粋に音楽を楽しむっていうことだけに焦点を当てれば、いいと思うんですよね。実際、本当のクラバーってそうじゃないですか。音楽が好きなだけで、適当な格好で遊びに来てる。それが本来のクラブのあるべき姿だと思うから、気取らずに来てほしい。
Seimei - 興味あるなら来ない方がもったいないって感じかな。
futatsuki - それでどうしていいのか分からないっていうなら、僕たちが毎月パーティやってるから遊びに来てくれれば初心者でも楽しめますよ、っていう(笑)。堅苦しくないし、同世代なら上手くフィッティングするんじゃないかな。

Masayoshi Iimori - Dancefloor

Seimei - If you go to a club to hear one artist, you’re sure to discover a bunch of other music you like too. Think of going to clubs as taking a musical journey.
andrew - The full potential of club music can only be realized in a club, honestly.
Carpainter - From day one TREKKIE TRAX has been all about parties. They’re the bedrock of what we do. The idea is that to make better parties you put on better artists.
Seimei - I understand that you might not always have the time or money for clubbing, but you’ll have fun if you can make it.
futatsuki - It’s not really as scary as it might seem.
andrew - If you think of clubs as extensions of bars you’ll blend right in.
Carpainter - I have a great time without a drop of alcohol.
futatsuki - You only feel the need to get dressed up and go wild at the club in the beginning. It’s better to just go there for the music. That’s what real clubbers are all about. We like music and we wear whatever we want to go hear it live. And that’s how it should be, plain and simple.
Seimei - I mean, if you’re interested, it’s weird to not come.
futatsuki - If you’re still unsure, come to one of our monthly parties. Even first timers can relax and have fun (laughs). Nobody’s uptight and you’ll fit right in with your peers.

Q.Carpainterは最近、地上波番組の作曲も手がけたようですね。Carpainter, didn’t you recently work on a TV theme song?

Carpainter - 2016年10月から放送を開始する「仮面ライダー エグゼイド」の主題歌『EXCITE』の作曲・編曲に携わりました。ボーカルは三浦大知さんです。仮面ライダーの勇ましさや、三浦さんのしなやかさを兼ね備えた楽曲を作ることが課題だったんですが、過去の仮面ライダーの楽曲を聴き比べて、自分なりにいろいろと研究をしました。時代を経て仮面ライダーも移り変わっていますが、今回制作している曲もいままでの仮面ライダーの曲にない種類のものだと思います。放送は1年間を予定しているので、ぜひみなさんに聴いてほしいです。

Carpainter - I wrote and arranged the theme for ‘Kamen Rider Ex-Aid,’ a show that’s going to begin airing in October 2016. Daichi Miura did the vocals. It was a challenge blending the manliness of Kamen Rider with his silky smooth voice. Analyzing the older themes was a big help. Kamen Rider has gone through a lot of changes over the years, but I think I was able to make something new for the series. It’ll be airing for the next year so please check it out!

ひとりひとりがパーティとクラブにかける熱い思いを保持しながら、クリエーションのさらなる可能性と刺激を求め邁進しているのがTREKKIE TRAXだ。インターネットから、クラブのダンスフロアへ。ダンスフロアから、マスメディアへと、着実に活動の幅を広げる彼ら。表現の場は変われど良質な楽曲を発信し続ける彼らの歩みは、とどまることを知らない。

Every TREKKIE TRAX member is as serious about keeping the club scene going as they are about pushing the limits of their own creativity and seeking out new ways to thrill fans. They’ve kept it real from the net to the dance floor to the mass media spotlight. Don’t expect them to slow down anytime soon!

TREKKIE TRAX

OFFICIAL SITE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN