世界を舞台に躍進するクラブミュージックレーベル「TREKKIE TRAX」の軌跡 vol.2 Club music label ‘TREKKIE TRAX’ on their rise to international fame vol.2

国産ダンスミュージックレーベルとしていま若者に絶大な人気を誇る、TREKKIE TRAX(トレッキー・トラックス)。その活躍は日本国内のみならず、世界でも話題を呼んでいる。インタビュー企画・第二弾の今回は、レーベルの転機となった時期やメンバー・Seimeiのアメリカ留学によりレーベルにもたらされたものについて聞きたい。

Homegrown dance music label TREKKIE TRAX is a youth culture sensation. And not just in Japan. In the second part of our interview series, we talk to them about the turning point in the label’s success and how the effects of Seimei leaving to study abroad.

Q.いまでこそ海外からも注目を集めるTREKKIE TRAXですが、初期はどのようにして自分たちの活動をアピールしていたんですか?Today TREKKIE TRAX is an international hit, but how were you promoting yourselves when the label was just getting started?

andrew - 僕らの最初のコンピを、マルチネのイベントで配ったんです。カブチネ(正式名『歌舞伎町マルチネフューチャーパーク』)っていうイベントでした。自分たちの曲を入れたCD-Rを100枚くらい焼いたんです。いまになって、当時の出演者たちに「TREKKIE TRAXがこんなことになるとは思わなかった」ってよく言われます。ただの同人で音楽やってる子たちが、適当にCD焼いて配ってるみたいに思われてたみたいで(笑)。俺らが一番こんなことになるとは思ってなかったんですけどね。最初にリリースしたコンピの反応も、かっこいいとは言ってくれてるけど「あ~なんか新しい感じだね?」くらいの反応でした。

andrew - We distributed our first compilation at a Maltine event. Actually it was Kabutine (an event officially known as Kabukichou Maltine Future Park). We burned around 100 CD-Rs and gave them out. The performers from that event always tell us they never expected us to blow up like we have. I guess they thought we were just some amateur kids who made a half-baked CD to pass out (laughs). We’re the ones who are most surprised at the success though. Now people say that first comp was cool but at the time the most we got was “Oh, uh, this is… new….”

Seimei - でもTwitterとかでの反応は良かったんで、僕らのなかでもわずかな手応えを感じてはいました。
andrew - 本格的に現場にアプローチできたのが、ふたつ目のリリースであるSeimei&Taimeiの「This Is NEOSTEP」です。
Seimei - 最初はKAN TAKAHIKOさんやBROKEN HAZEさんたちがサポートしてくれて、最終的には☆Taku Takahashiさんにも聴いてもらえた。KANさんはblock.fmで番組を持っていたので、そこで僕らの曲をかけてくれて。今後の可能性を感じました。
Carpainter - KANさんは日本で唯一ともいえる、ダブステップの番組を持っているんです。
Seimei - それがblock.fmとの最初のつながりになりましたね。KANさんの番組にもゲスト出演させていただいたことがあるんですが、初めて出演してから1年以内には僕らの番組をやらないかblock.fmから声をかけてもらえました。そのラジオ「Rewind!!!」ももうすぐ3年目になります。

TREKKIE TRAX - TREKKIE TRAX 01(SoundCloud) Rewind!!!

Seimei - Yeah but the Twitter response was pretty good. It was encouraging to get even a little bit of feedback.
andrew - Our second release was Seimei&Taimei’s ‘This Is NEOSTEP.’ That was the first album that were we able to properly distribute at a club.
Seimei - KAN TAKAHIKO and BROKEN HAZE were early supporters and eventually we got our CD in the hands of Taku Takahashi. KAN has a program on and played one of our songs. That’s when I started feeling that maybe we had some potential.
Carpainter - KAN’s show is the only dubstep program in the country.
Seimei - That’s how we first got involved with We appeared as guests on KAN’s show and within a year they invited to do our own program for them. Our show ‘Rewind!!!’ is getting ready to celebrate its third anniversary soon.

Q.3年目というと、なかなか長く続いている番組ですね。Three years is a long time for a radio show.

andrew - 2013年の末に初回放送として特別版をやらせてもらったんですが、正式スタートは2014年の1月です。リスナーは意外にも地方に住んでる人が多いですね。東京に住む人はいつでもクラブに行けることもあってか、わざわざラジオを聴こうという意識が薄いんですけど、地方の人はいまの東京のクラブシーンを知るために聴くことが多いみたいです。
Seimei - block.fmで番組を始めてから地方に遠征に行くチャンスが増えたんですが、番組を始めるちょっと前には愛知県で開催されるトヨロック(正式名称:TOYOTA ROCK FESTIVAL 2013)にも出演できました。当時TREKKIE TRAXクルーのなかで、Seimei&Taimeiにいちばん出演依頼があったんですが、トヨロックもはじめはSeimei&Taimeiでブッキングをもらってたんですよ。でもそのころには、僕がアメリカに留学することが決まっていて。留学以降、クルーへのブッキングが途切れちゃうのはもったいないなと思ったんです。だからTREKKIE TRAX CREWっていう、メンバーみんなでB2Bするユニット形式のDJをすることになりました。
andrew - それが2013年の10月でしたね。block.fmのラジオがスタートする直前です。そういえば、block.fmの番組も当初はSeimei&Taimeiにオファーが来てたものですね。SeimeiがいなくなってしまったらTaimeiだけで番組をすることはできないので、そこへ僕も加わることになりました。それから、クルー全体で動くブッキングが増えていきましたね。

Seimei & Taimei - This Is NEOSTEP EP (SoundCloud)

andrew - Our first broadcast was a special at the end of 2013. The show officially began in January 2014. Believe it or not many of our listeners live outside of the city. Tokyoites can go to clubs anytime they want, and maybe they just don’t think of listening to the radio. I guess a lot of people from the suburbs and rural areas are tuning in to keep tabs on Tokyo’s club scene.
Seimei - has helped bring us get gigs outside of the city. Just before we started the show we had the chance to play at Toyo Rock (aka TOYOTA ROCK FESTIVAL) in Aichi prefecture. Back then Seimei&Taimei had the most offers for shows out of the crew and we were the first to be booked for Toyo Rock. But right around that time I decided to study in America. I didn’t want that to hurt the rest of the crew so we had them book us as TREKKIE TRAX CREW, with all of the members DJing back to back in a set.
andrew - That was October 2013, right before our radio show started. Speaking of, their initial offer was only for a Seimei&Taimei show. Like Seimei said though, when he went to the states Taimei would be left alone. Nobody wanted that so I joined to roster. That led to a lot more bookings for the crew as a whole.

Q.急な状況の変化に適応するのが大変だったのは?Was it hard to keep up with all of the sudden success?

andrew - 大変でしたよ(笑)。あの頃は、クルー内が一番荒れてましたね。気に入らないことがあれば、面と向かって「なんだよそれムカつくなあ」とかいいながら喧嘩するみたいな。バンドとかでよくある感じの。
Carpainter - うん、確かにバンドっぽかった(笑)

andrew - Oh yeah, it was rough (laughs). That was the hardest period within the group. If something was bugging us, we weren’t shy about telling each other and it led to some fights. Kind of like rock bands have in-fighting.
Carpainter - Yeah, it was like a band (laughs).

andrew - 当時は、大人数での車やバス移動が多かった。交通費を考えたらギリギリ赤字になることもよくありました。でもそのうちに体力的にも金銭的にも非現実的なスタイルはやめようってことになったんです。もっと現実的に考えるようになってから、クルー全体がだんだん落ち着いた雰囲気になりましたね。結成から最初の一年間は特に「地方でも現場力があるクルーとして頑張りたい」というのがあったので、営業も兼ねて遠征してました。

andrew - We used to pack so many people into cars or buses to go to shows. If you took transportation costs into account we were coming out in the red pretty often. We agreed not to push ourselves physically or financially, and that’s when things calmed down between the members. Early on we all decided to be a crew that went out on the road, so we would try to make business arrangements to ease the financial burden.

Q.TREKKIE TRAXに所属しているアーティストは単体でも実力がありますが、クルー全体のブランディングがうまくいっているという印象ですね。TREKKIE TRAX members seem to be great at playing solo or as a team, but it seems like one of your strengths is the branding as a crew.

andrew - たしかに僕らみたいなタイプは、ほかにあまりいないかもしれないですね。でも、その分クルーの印象が個人にも付いてしまうっていうのもあります。たとえばTREKKIE TRAXから単発でリリースしたことのあるプロデューサーが、「TREKKIE TRAXの~(アーティスト名)」って表現されるのを嫌がることもあります。あくまでも自分は自分、というスタンスの場合ですね。
Seimei - それは気をつけるようにしてるよね。アーティストと話し合って決めてる。
andrew - これまでは遠征での営業も含めクルーとしてのブランディングに力を入れていたんですが、これからはもっと個人のプロモーションを増やしていってもいいのかなと思っています。

Carpainter - WAR DUB FROM THE NEW WORLD EP(SoundCloud)

andrew - For sure, maybe because there isn’t anyone else quite like us. But sometimes it can be irritating to be labeled as part of a crew. Like when a member puts out a solo release and the producer calls them ‘so and so from TREKKIE TRAX.’ We’re a crew but at the end of the day we are all our own person.
Seimei - You have to be careful about that. We always discuss how to handle that stuff with artists beforehand.
andrew - We’ve worked on branding ourselves as a crew, including on our out of town gigs, but from now on I think we can start promoting individuals as well.

Q.SeimeiはTREKKIE TRAXの認知が広がってきたころに、アメリカ留学に出発したんですよね?Seimei, didn’t you leave for the US right around the time things started taking off for TREKKIE TRAX?

Seimei - そうなんです。ちょうどTREKKIE TRAXの活動が盛んになってきたころで、実は僕、アメリカに行くのを半年ズラしたんです。当初出発を予定していた時期にblock.fmで僕らの番組が始まることになって。僕はもともと日本で語学学校に通っていたんですが、そのあとアメリカ・サンフランシスコの大学に行くことになりました。今年卒業します。

Seimei - I did, yeah. Actually I put it off for 6 months due to how well things were going with TREKKIE TRAX. Originally I planned on leaving around the date our show was scheduled to start. I had been studying at a language school here in Japan and decided to go to college in San Francisco. I graduate this year.

futatsuki - メンバーにDJのブッキングがたくさん入ってくるようになってきた時期ですね。
Seimei - 当時はおもに僕が営業的な役割を担当していたので、出発を伸ばした半年間くらいでメンバーにその引き継ぎ作業を行っていました。
andrew - なんか会社みたいですよね(笑)。
Seimei - だから僕が出発するときには満を持して、という状態でした。ラジオはandrewも担当していたし、ブッキングをまとめるのはfutatsukiがやってたし。

futatsuki - It was right when we started getting a lot of DJ bookings.
Seimei - I was doing a lot of the business arrangements then, so I delayed going by half a year to hand off my duties to the other members.
andrew - Like a company employee (laughs).
Seimei - I was really ready to go when the time finally came. andrew took over the radio and futatsuki was handling the bookings.

Q.いざアメリカに行ってみるとどうでしたか?How was America when you finally made it there?

Seimei - いやー、最初はほとんど友達ができなかったですね(笑)。アメリカへ行ってから半年くらいで一時帰国したんですけど、その2ヶ月後くらいに、初めてアメリカでDJできた。それまでは現地で友達ができないのもしょうがないと思ってたから、ひたすらクラブに行って、なんとか友達をつくるみたいな感じだった。

Seimei - I had such a hard time making friends at first (laughs). After about six months I came back to Japan for a little while, then two months after returning I DJed in the states for the first time. I knew it would be hard to meet people, so I started going to clubs and doing what I could to make friends.

Q.どんな風に友達を作っていったんですか?How did you go about meeting people?

Seimei - とにかくクラブに行きまくって、自分が気に入ったパーティのプロモーターにひたすらメールを送ってましたね。そこでたまたま気に入ってくれた人が、サンフランシスコで一番強いプロモーターだったんです。いまもその人からブッキングをもらったりしてます。あともうひとつは、Grimecraftっていうアメリカ人のアーティストがいるんですけど、彼はマルチネからもリリースしてるんですね。それで「俺の弟(Carpainter)もマルチネからリリースしてるよ」って話してみたら仲良くなれて。そこで地元のアーティストと繋がりができたって感じです。

Grimecraft - Grimecraft EP (SoundCloud)

Seimei - Basically I went to clubs like crazy and emailed party promoters if I liked what they were doing. One person who I became friends with happened to be the biggest promoter in San Francisco. He still books me for shows to this day. Another guy I got to know was an American artist called Grimecraft. He’s got a release out on Maltine. We became friends after I told him that my little brother (Carpainter) had a release with them too. Those friendships led to meeting more people in the area.

Q.アメリカで仲がいいのは、音楽関係の人が多いんでしょうか?Are most of your American friends involved in music?

Seimei - 100%そうですね。僕、学校に友達がいないんで。クラスメイトはいるけど、一緒に遊びに出かけるような関係ではないです。

Seimei - 100% of them. I don’t have any friends from school. I never go out with my classmates.

Q.SeimeiはアメリカではTREKKIE TRAXの一員としてどんな働きをしているのか聞かせてください。Seimei, what kind of work do you do over there on behalf of TREKKIE TRAX?

Seimei - 僕はアメリカにいるから「だれかがTREKKIE TRAXの曲をかけてた」とか、そういった現地の情報をクルーに教えるんです。それを日本にいるメンバーが、日本のリスナーに向けて分かりやすく情報発信するんですね。その動きが「TREKKIE TRAXのファンはアメリカにもいる。サポートされてる」っていう印象に結びついたんだと思う。
andrew - 後々、僕らの曲をかけてくれたアーティストを日本に招致したり。

Seimei - Since I’m in America I report back to the members whenever I hear someone play a TREKKIE TRAX song. Then they will relay that message to our Japanese listeners. That lets people know that we have fans in the States and are getting support there too.
andrew - Then we can also invite the people who played us to come to Japan.

Seimei - 僕が向こうで動いたことに対して、先につながるようにしてくれたのが日本のメンバーです。距離は離れているけど、いつもLINEで話し合って相談しています。僕のビジョンに対して、それならこうしようって意見をくれるのでチームワークで動けます。この3年間ずっとそうでした。

Seimei - I’m working in the States, but it’s the members in Japan that help make my vision a reality. We’re in different countries but are in constant contact over Line. They hear my ideas and give me advice about how to proceed. It’s been that kind of teamwork for the last three years.

転換期を迎えるまでは、楽曲制作と並行し、レーベルのブランディングにひたすら注力していたTREKKIE TRAX。block.fmでの番組スタートやSeimeiのアメリカ留学を機に、レーベルは日本国内のみならず世界へと活動のフィールドを広げる。次回はTREKKIE TRAXのパーティにかける思いや、今後の展望に関して聞いてみたい。

On their way to the top TREKKIE TRAX took the label’s branding just as seriously as their music. Their show and Seimei’s time in American has helped them expand that brand to international status. Join us for the next installment where we discuss TREKKIE TRAX parties and the future of the label.