世界を舞台に躍進するクラブミュージックレーベル「TREKKIE TRAX」の軌跡 vol.1 Club music label ‘TREKKIE TRAX’ on their rise to international fame vol.1

無料で情報が手に入るようになった昨今、音楽のフリーダウンロードもめずらしいことではなくなった。ネット上で楽曲を無料配信するネットレーベルは数多く存在するが、国産レーベルでもっとも注目を浴びているのがTREKKIE TRAX(トレッキー・トラックス)だ。リスナーの約半数は海外在住、国内外問わずメディアや著名プロデューサーからの楽曲の問い合わせが後を絶たないという彼ら。今回はその躍進を3 回に渡りインタビュー形式で追う。第一弾は、レーベル発足までの軌跡をたどりたい。

In the age of unlimited information free music downloads are becoming more and more common. Japan’s own TREKKIE TRAX has managed to stand out from the crowd of netlabels making their music available free of charge. With about half of their sizeable audience coming from overseas it wasn’t long before producers and media the world over took notice. This is the first of a three part interview in which we sat down with the founders to discuss their rise to international fame. We’ll start by tracing their steps up to launching the label.

Q.2012年の発足以降、ベースミュージックを中心とした日本発のネットレーベルとしてめざましい躍進を遂げているTREKKIE TRAXですが、今回はインタビュー第一弾として発足までの流れや当時のエピソードについて教えてください。Launching a netlabel for bass music was a bold move back in 2012 but you pulled it off in spades. Could we start by hearing about the early days?

andrew - 当時、メンバーのひとりであるbankがいまはなき秋葉原のクラブでU20(アンダー・トゥエンティ)っていうパーティをやっていたんです。20歳以下しかプレイできないDJイベントだったんですが、20歳未満は時間帯によってはクラブに入れないこともあるため、その世代のDJはほとんどいませんでした。SNSで声をかけたら集まったのが、このメンバーです。
Seimei - 募集のTwitterを見つけたのが(実弟である)Carpainterでした。
andrew - お客さんはほぼゼロ。たまに来たかなと思っても、酔っ払ったノリで立ち寄ったようなひとばかり。僕らを目当てにくる人はいなかったです。

andrew - At the time one of our founders, bank, was organizing the now-defunct U20 (Under 20) club night in Akihabara. The rule was that only DJs under 20 could spin. Curfew laws made getting into the clubs difficult so there weren’t many of us. Anyhow, after reaching out on social media we had our crew and the rest is history.
Seimei - Carpainter (Seimei’s younger brother) was the one who found the call on Twitter.
andrew - Party attendance was next to nil. Whenever someone entered the club they usually turned out to be a drunk who just happened to wander in. Nobody was there to see us.

Q.その当時はどんな気持ちでパーティをしていたんですか?So what kept you going?

Seimei - とにかくクラブミュージック好きな友達ができたことがうれしかった。それまでは、家でCarpainterとDJの練習をするだけだったから。
andrew - 僕は高校性のときにMPCっていう機材を買って、DTMでヒップホップのトラックを作ってただけです。
Seimei - Carpainterは、当時本名のTaimei名義でWIRE(国内最大級のテクノフェス)で準決勝くらいまでいったね。
Carpainter - うん。でも経験が浅すぎて注目されることはなかった。それまで本当に1回も現場に出たことがなかったから。そんな子、WIREの大舞台に出すにはリスクが大きすぎますよね。

Seimei - I was just happy to have found friends who were into club music. Up until that point it was only me and Carpainter practicing at home.
andrew - I bought a piece of equipment called an MPC in high school and made hip hop tracks on DTM. That was it.
Seimei - Carpainter was still going by the name Taimei then. One time he made it to the semifinals at WIRE (Japan’s largest techno festival).
Carpainter - Yeah, but I was way under experienced and nobody took notice. That was my first time ever playing live. WIRE was risking its reputation by even letting me on stage.

Q.Carpainterはクラブに出入りするようになるまで、どんな風に過ごしてたんですか?Carpainter, how did you pass the time until you were old enough to get into clubs?

Carpainter - 小6からずっと自宅で曲を作っていました。学校から帰って毎日3〜4時間くらい制作です。中2になってやっとDTMソフトを買ったんですが、それまではシーケンサー(電子ピアノ)の作曲機能を使ってテクノを作ってました。
Seimei - ふたりで秋葉原の電気屋までいったよね。パソコンで曲を作りたいんですけどなにを買えばいいですか……って(笑)。
Carpainter - シーケンサーだと、基本的に録音ができないんですよね。単純に弾くだけ。そこでしか曲が再生できないっていう。
Seimei - 曲を書き出してDJで使う、っていうのをやりたかったから電気屋までいったんだよね。その当時は僕らふたりともDTMソフトのことはなにも知らなかった。

Carpainter - I’ve been making tracks nonstop since the sixth grade. Like, three or four hours a day after school. I didn’t have the DTM software until my second year of middle school, so before that everything was techno made on a sequencer (electronic keyboard).
Seimei - We went to Akihabara looking for an upgrade. “Excuse us sir, we’d like to make music on our computers. What should we buy?” (laughs).
Carpainter - Most sequencers can’t even record, so you could only play your song on the machine itself.
Seimei - That’s why we went to Akihabara, to find a way to export the songs so we could DJ with them. We’d never even heard of software like DTM at that point.

Q.SeimeiとCarpainterは幼少期をオランダで過ごしていますが、早い段階で作曲に興味を持ったのも海外に住んでた影響が強いんでしょうか?Seimei and Carpainter, you both spent a part of your childhood living in Holland. Did that experience play any part in getting you into making music at such an early age?

Carpainter - 確かにオランダは音楽のメッカではありますが、日本に帰国してからの影響の方が強いですね。当時Seimeiがデトロイトテクノを聴いていて、僕もそれを聴くようになったんです。年に数回は、現場に足を運ぶようにしていました。そのときの体験がかなり衝撃的だったので、みるみると制作に没頭していったんです。体力には自信があったので、クラブではカルピスを飲んで踊ってました(笑)。いまの自分の『踊り続けたもん勝ち』みたいな精神はそこからきていると思います。

Carpainter - Holland is a mecca for music, but coming back to Japan was more influential. Seimei was big on Detroit techno at the time and got me into it too. We would go to a few performances a year. What I saw there blew me away, and that’s when I really started thinking that I wanted to make music. As long as I had Calpis to keep me going I could dance all night (laughs). That’s where my “everything will be alright as long as I keep on dancing” mentality.

Q.そんな仲間が集まって結成したのが、TREKKIE TRAXだったんですね。So after you all got together you formed TREKKIE TRAX?

Seimei - 当時はマルチネ・レコーズ(日本を代表するネットレーベル)がカリスマ的に人気だったんですけど、andrewや Taimeiはトラックを作れるし、俺もBankもDJできるし、じゃあレーベル作ろうかって結成したのがTREKKIE TRAXです。
andrew - 出会った当初、主宰のfutatsukiはVJをやっていましたね。ちょうどSeimeiとTaimei、bankとレーベルのウェブサイトやアートワークなど、ヴィジュアル面をカバーできる人が欲しいってなったときに声をかけたのがfutatsukiです。

Seimei & Taimei - Everlasting (SoundCloud)

Seimei - Maltine Records (the premiere Japanese netlabel) was really hot back then. It got us thinking. andrew and Taimei could make tracks, bank and myself could DJ... Why not make a label ourselves? Enter TREKKIE TRAX.
andrew - At the time our CEO futatsuki was VJing. When we got to talking about making a website and artwork for the label, he was the first person we thought of to take care of the visual side of things.

Q.レーベル発足当初はどのように運営をしていたんですか?How did things run in the beginning?

andrew - 俺らのなかではマルチネの存在がデカかった。無料で音楽配信すればレーベルって名乗ってもいいんだ、と思っていた部分がありました。じゃあ俺らにもできるじゃんと思い、とりあえず音源を発表したのが始まりですね。当時はアニソンやJ-POPのリミックスを中心に発表しているレーベルが多かったので、俺らはクラブミュージックをストイックにやろうと意識してました。でも、それがどうだとか深い考えはなかったです。
Seimei - そうだね、ほかのレーベルとの差別化を図ろうとしてた。

andrew - Maltine was a big influence. We thought if we just followed suit by releasing free music on the net we could call ourselves a label too. So we did. There were a lot of labels doing anime song and J-pop remixes but we stick with club music. That’s pretty much it, there wasn’t any profound thought behind any of it.
Seimei - Yeah, we wanted to make sure we stood out from other labels.

Q.当時、国内にクラブミュージックをストイックに追及するネットレーベルはあったんですか?Were there any other netlabels focusing strictly on club music?

Carpainter - 多分あったとは思うんですけど、現場とは直結していないイメージでした。
andrew - 現行のトレンドを取り入れているっていう部分は、ほかのレーベルにはなかったと思います。俺らの場合、ダブステップが流行っているな、とかジュークが流行っているなって分かったら、そういうテイストのものをリリースするようにしていました。
Seimei - ネットレーベルって大体ネット上だけで消費されちゃう文化だったから、僕らはネットだけじゃなくてフロアまで下ろす作業がしたかった。クラブミュージックにより忠実な形で。

Carpainter - Probably, but none that were organizing events.
andrew - I think we were the only ones paying close attention to trends. When music like dubstep or juke started getting big, we would add some of that flavor to our releases.
Seimei - By nature netlabels are usually confined to the Internet. We wanted to bring our music onto the dancefloor as well. That’s why it’s called club music, after all.

Q.ネットからフロアまで音楽を下ろす作業というのは、海外ではスタンダードなことなんでしょうか?Do labels outside of Japan operate in the same way?

Seimei - いまとなってはスタンダードなことになりましたね。
andrew - 俺らがレーベルを始めた当初は、海外でもそうでもなかったかもしれない。そのころは、大手のレーベルがコマーシャルの一環でフリーダウンロード曲を配信するって感じでした。だからPitchfork(世界で最も権威があるといわれているアメリカ発の音楽メディア)でも、「ネットレーベル文化=日本」ということで僕らにも焦点が当てられたのかもしれない。
Seimei - そういう文化を作ったのは、マルチネ発足当初のメンバーが世界でいちばん早かったと思う。僕らはそれを、もっと海外ナイズしたイメージです。

10 Essential Japanese Netlabels

Seimei - It’s become pretty standard, yeah.
andrew - Although that wasn’t necessarily true when we were starting out. There were some major labels putting out free downloads here and there but it felt more like marketing. When Pitchfork (the American music site widely considered to be a leading authority) introduced netlabels as a Japanese thing it brought a lot of attention our way.
Seimei - I think Maltine Records were the ones who established the culture. We more or less took their formula and gave it an international flair.

Q.過去にはPitchforkでもTREKKIEが取り上げられたことがありますね。Pitchfork did an article on TREKKIE, right?

andrew - 日本のネットレーベル特集や僕たちのベスト盤のレビューを書いてもらったことがあります。
futatsuki - 単独レビューされるのは、日本人ではかなりレアなことですね。Pitchforkには何人か専門のレビュワーがいるんですが、まず取り上げてもらうこと自体が難しい。レビュー後には、作品に対するレビュワーたちの平均レートが算出されます。僕らのレートは7.2でした。この数字は、平均よりも若干上という印象です。Pitchforkは海外では絶大なる信頼を得ているメディアなので、必然的に世界からもTREKKIEヘの注目が集まりました。

Trekkie Trax the Best 2012 - 2015

TREKKIE TRAX THE BEST 2012-2015 (SoundCloud)

andrew - They included us in their roundup of Japanese netlabels and did a piece on ‘Trekkie Trax the Best.’
futatsuki - There aren’t many Japanese artists who’ve gotten their own review on Pitchfork. They have a whole team of reviewers but getting them to cover you isn’t easy. In the review they include the average rating from all reviewers and we got a 7.2, which is a bit above the median. People everywhere trust Pitchfork so that score was a huge boon for TREKKIE.

Q.TREKKIE TRAXのリスナーは、海外と日本ではどんな割合なのですか?What percent of your listeners are from outside of Japan?

Seimei - 海外と日本、半々くらいですね。SoundCloud(音楽共有システム)の再生数をみると、5割がアメリカ、4割が日本、残り1割がヨーロッパ、オーストラリア、あとは韓国からのアクセスですね。
futatsuki - 最近は韓国の方とも密接にやりとりをしているんです。メンバーが海外でDJをしたり、韓国のアーティストが僕らのレーベルからリリースしたり。

Seimei - It’s close to an even split between Japan and the rest of the world. If you look at our SoundCloud numbers, 50% are from America, 40% from Japan and the remaining 10% of access comes from Europe, Australia and Korea.
futatsuki - We’ve been working on building relationships with Korean artists. Our members go there to DJ and in return we release their music on our label.

Q.アメリカからのアクセスが多いとのことですが、今後はアメリカを中心にTREKKIEを認知させていきたいという考えですか?You get a lot of access from the US. Moving forward is TREKKIE going to target that market more?

Seimei - アメリカのメディア露出があってから、ヨーロッパやオーストラリアのファンが増えました。その影響力を考えると、アメリカのマーケットへ積極的にアプローチすることで全世界に僕らの音楽を届けることができるのかなって思っています。

Seimei - Getting into American media meant that we got noticed by Europeans and Australians too. If we were to take that approach it’d probably result in more exposure across the globe.

Q.レーベル発足当初はマルチネレコーズの存在が大きかったとのことですが、Carpainterはマルチネからもリリースしたことがありましたね。You mentioned that Maltine Records were a big influence in the beginning. I understand that Carpainter even had a release with them.

Carpainter - 最初はSeimei & Taimeiでダブステップの楽曲を作っていたんですが、そのころ僕は個人的にフューチャーガラージにハマっていました。それを、Carpainter名義でやろうということになったんです。
Seimei - TREKKIEからCarpainter名義で曲を配信すると、(マルチネ主宰の)Tomadさんが気に入ってくれたんです。マルチネからリリースしたいって言ってくれて。
Carpainter - 以前からマルチネにはデモを送っていたので、僕の存在は知ってくれていました。
Seimei - リリースのとき、TomadさんはCarpainterを「TREKKIE TRAXのCarpainter」って表現してくれました。それがレーベル自体に他の人の目にも留まるようになったきっかけでしたね。TREKKIEの初期は特に、マルチネとの関わりは切っても切れないものでした。僕らが一方的に思っているだけなんですけど。
Carpainter - 当時10代後半〜20代前半でネットレーベルを立ち上げようと思った人は、マルチネの存在は圧倒的にデカかった。
Seimei - 僕らがTREKKIE TRAXを立ち上げる要因になったのは間違いないね。

Carpainter - Fancy Night Step (SoundCloud)

Carpainter - We used to do dubstep as Seimei & Taimei, but I was also way into making future garage. Originally I took on the name Carpainter to do that as a side project.
Seimei - After releasing songs on TREKKIE as Carpainter, Tomad from Maltine got in touch and said he liked it so much he wanted to put something out on their label too.
Carpainter - They already knew about me from the demos I’d sent them in the past.
Seimei - Tomad released it as “Carpainter from TREKKIE TRAX.” That helped bring more people our way. Our relationship with Maltine was so important and beneficial, albeit more so to us than them.
Carpainter - The same goes for anyone in their teens or early twenties who was trying to start a netlabel back then.
Seimei - No doubt. Without them we may have never got it in our heads to create TREKKIE TRAX.

レーベルの発足当初はクラブミュージックに強い憧れを持った若者たちの集合体だった。各々が消化不良にし続けてきた音楽への情熱を一斉に爆発させたことでTREKKIE TRAXは現在の発展へと歩みを進める。次回はTREKKIE TRAXの成長の分岐点となった時期について踏み込んでみよう。

It all started with a group of kids and their shared love of club music. An unbridled passion for creating music gave birth to TREKKIE TRAX and that’s still what keeps them going strong today. In the next installment we’ll hear from the boys about the growing pains associated with starting a label.

TREKKIE TRAX

OFFICIAL SITE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN