ディープな旅をデザインする TourRabbit Real experiences rather than itineraries: the new way to travel

普通の旅に飽きてしまったあなたへ。5月にスタートしたソーシャルネットワークサービス”TourRabbit”はそんなあなたにディープな旅を提案してくれるだろう。このサービスはアメリカ在住の日本人が自由にアメリカ旅行のプランをデザインし、ウェブ上にアップすることができる。日本人観光客はその中から自分にあったプランを選び体験することができるという仕組みだ。暮らすように泊まり、ネイティブのように遊ぶ。もはや旅行者はただのアウトサイダーではない。ローカルなつながりの中で普段とは違った視点で旅ができるはずだ。今回そんな夢のような旅を提供してくれるTourRabbitの創設者である山本氏にtourRabbitについて話を伺った。

Hey, you! Are you tired of the same old vacation? Are you looking for some new excitement in your life? Well look no further, because ‘TourRabbit’ is here! The service, launched last month, creates in-depth vacation itineraries for Japanese people living in or visiting the US, sharing plans and ideas to wide network of travelers. Japanese tourists can finally choose tailor-made packages to make them feel more at home in the land of the free, living like locals and absorbing the culture like a pro. It creates some exciting opportunities for cultural relations between the two countries. Founder Mr. Yamamoto sat down to speak to us about the project.

Q.TourRabbitとはどんなサービスですか?What kind of service is TourRabbit?

ひと言で言うと「シェアリングエコノミー型」。日本人旅行者とアメリカ在住者のつながりの場。
シェアリングエコノミーとは、個人が保有する遊休資産(時間、アイデア、スキル、ノウハウなどのような無形のものも含む)の「貸出し・共有」を助けるビジネスモデルです。ツアーラビットの貸主(現地ホスト)は長いアメリカ生活で培った、遊休資産の貸出しや共有することを「プラン」という形で掲載しています。借主(ゲスト)は、料金を払えば、すぐに予約・利用ができます。通常の「旅行商品の販売」を目的とした消費旅行から、体験を目的とした新しい時代の旅行を可能にするサービスを行っています。

To put it simply, it's a sharing service - both amongst Japanese travelers and between the Japanese and US communities. A sharing service is basically a lending and borrowing platform for abstract concepts like time, know-how, ideas and skills. TourRabbit’s hosts are all currently living in America, sharing their insider knowledge with newbies and vacationers. The guests pay a small fee to receive a tailor-made plan, and by doing so they get to engage in a new type of travel which really engages you with the local culture.

Q.TourRabbitを通して生み出したい新しいカタチの旅とはどのようなものですか?What new type of travel are we talking about?

ツアーラビットは通常の旅行ではできない、まるでそこに住んでいるかのような体験をお届けしたいと思っています。しかしそこには、文化・言葉・週間・人種・交通インフラといった様々な障壁があります。そういった障壁を長い時間をかけて、乗り越え、現地の生活に順応し、楽しむことができる現地の日本人は、多くの「遊休資産」を持っています。しかしこれらの「遊休資産」は眠ったままになっていることが殆どで、これらを有効に活用することで、非常に価値のある情報を提供し、通常できない体験をすぐに手に入れることができるようにしたいと思っています。

We offer activities that only true locals are in the know about – nothing like the typical tourist spots or guide books. Usually in order to do that kind of stuff, there are various obstacles - language barriers, cultural differences and social norms, not to mention confusing public transport systems. However, by going through Japanese residents who have already spent time overcoming these problems, it creates a whole new kind of carefree experience that really is nothing like any other vacation.

Q.旅の表面的なスケージュールではなく、
旅人の経験そのものをデザインすることの意味とはどういうことですか?
It’s said that TourRabbit doesn’t design schedules, but instead designs experiences – what do you mean by that?

従来の「旅行商品」は、ツアーパッケージにしても、団体ツアーにしても、観光地巡りとシッピングが中心の「消費旅行」でした。しかし旅行で最も思い出に残るのは、自分で行動した体験であり、現地の人との交流であります。
現地の人との交流が意味するものは、文化への理解であり、新たな視野の獲得と多様性への理解であります。旅行者の経験そのものをデザインすることとは、人生を変えるきっかけ作りであると考えています。

Up until now, tour packages have usually consisted of a trip around tourist spots and are largely focused on photo opportunities and consumerism. However we believe that the memories that are the most important are interactions with the local community. By meeting up with true locals and experiencing the culture hands-on, it teaches life lessons to both parties and spreads diversity and acceptance amongst cultures. When we say we design experiences, we mean that we’ll change your life.

Q.人が旅をする意味とはズバリなんですか?Why exactly do you think people travel?

旅の中で人は、言語を知り、歴史を知り、習慣を知り、風景を見、地理を知り、宗教を知ることになります。それは人間性への理解と、自身の考え方、視野、振る舞いをより深いものにしてくれます。

Through travelling, you know new language, new history, new culture, new scenery, new landscapes, new religions and new people. Travel makes you appreciate wider humanity for what it is, and opens up your way of thinking and field of vision to a more beautiful, accepting point of view.

ノマドワーカーの僕が今この記事を書いている場所は、NYのLexington Av 52 Stの角にあるPret a Mager Cafeだ。現在NYに留学中の僕であるが、NYに来て3ヶ月が経ち、やっと日常に同化することができた。非日常を日常にするには時間がかかるものである。大抵2週間程度の旅では訪れた土地で起こる出来事は非日常としか感じられないことが多い。飛行機から降りて、キャブを捕まえて街に繰り出すと、そこはどこかの雑誌で見た風景が広がっていて、その中にいる自分は、まるで映画のセットの中にいるような感覚だろう。非日常を楽しむ旅。これはこれで1つの旅の楽しみ方である。しかし、もっとディープな楽しみ方がある。それが今回紹介したツアーラビットを利用した日常を楽しむ旅である。現地民のふりをして観光地をハックする旅とでも言えばいいだろうか。

As I bring this article to a close, let me just tell you a bit about me. I’m currently freelancing wherever the wind takes me – today that happens to be the Prêt a Manger café on the corner of Lexington Avenue in New York. I’m sipping hot coffee whilst looking out onto the rainy street.
I’m currently an exchange student here in the big apple, and although I’ve already been here for two months, I’m now finally getting used to it all. It takes time to turn the unknown into the familiar. ‘Unknown’ is all I feel whenever I go on vacation somewhere – I can’t imagine feeling any other emotion. Getting off the plane and gazing up at a new foreign country that looks like something out of a magazine is a surreal experience to say the least. Not to say those types of vacations are no fun. But imagine if you could experience the familiar, even far from home? TourRabbit seems pretty cool to me.

Tokyo by way of New York

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN