フリークな世界へようこそ!とんだ林蘭の猟奇的でキュートな作品 Welcome to the freak show! Step right up for the psychotically cute world of Ran Tondabayashi!

その作品に宿るのは、一目見ただけで鮮烈な印象と共に脳裏に焼き付かせるエネルギー。作風は狂気的かつファニーでありながら、どこか可愛らしさも感じさせる。日常の中にある何気ない出来事、物事を個性的な視点で捉え、自身のフィルターを通してオリジナリティ豊かに表現される作品の数々。今、ぜひとも注目しておいてほしいアーティストがいる。
それが、とんだ林蘭だ。

Marvel as her works strike your senses and wiggle their way into the back of your brain! They’re insane, they’re funny, they’re…. adorable?! Ran Tondabayashi filters bits of daily life through her bizarre imagination to produce amazingly original works of art. Take my hand as we step into her world!

subconscious | 2016 | Acrylic on canvas
cherry | 2016 | Acrylic on canvas
face | 2016 | Acrylic on canvas

東京を拠点に活動しており、名付け親はあの池田貴史(レキシ)。ミュージシャンやファッション業界からも熱い視線を注がれている存在で、作品の手法は多岐に亘る。コラージュ、ペインティング、イラスト、映像や立体作品、はたまたインスタレーションなどなど自由気ままに創作。何ものにも縛られることなく、想像力をどこまでも広げて表出される作品は、ぶっ飛んでいるしカラフル、そして至極ポップである。芸術作品とは、意味があると思って深読みすればするほど、本質から離れていってしまう。理解しようとして見るものではなく、見たままに感じればいい。そうすると、その不思議な世界観に惹き込まれることだろう。
そんな、とんだ林蘭の作品の数々を生で鑑賞できるチャンスがやってくる。個展「THE FREAK SHOW」が9月2日(金)より中目黒「VOILLD」で開催されるのだ。ペインティングの平面作品、立体的なコラージュ作品など、約20点が展示され、見世物小屋がテーマとあって、見てはいけないものを見たときのようなドキドキを体感。まさにフリークな世界に迷い込んだような気分にさせてくれる。会場ではポスターやマグカップ、クッションなどの限定オリジナルグッズも販売されるので、そのぶっ飛んだ作品の世界観を落とし込んだアイテムを、自身の部屋にアクセントとして持ち込むのもまたよし。
彼女の作品を実際に見ることで、アヴァンギャルドでアーティスティックな才能に魅了されること請け合い。これからどんどん有名になっていくであろう、とんだ林蘭。覚えておいたほうがいいですぞ!

Tondabayashi is based in Tokyo, where she received her odd moniker from none other than Takafumi Ikeda of Rekishi fame. Her mixed media artwork has became all the rage in the music and fashion industries. She moves freely between collage, painting, illustration, video, sculpture and even installation art. No matter which medium she chooses, the results are always pop art explosions bursting with color. It’s as if she’s straining to stretch her imagination even further with each piece. People often make the mistake of trying to understand fine art when really they should just look at it and accept the feelings that arise. You have to learn to let go in order to truly enter the artist’s mind. And now you have the chance to do just that with the art of Ran Tondabashira! Her solo exhibit ‘THE FREAK SHOW’ starts at Nakameguro gallery VOILLD from Friday, September 2nd. Around twenty works based on the thrills and chills of old timey freak shows will be on display, including paintings and three-dimensional collages. By the time you’re done looking you may feel like you belong under the big top yourself. You’ll also be able to take a piece of the craziness home with limited edition merchandise like posters and cushions. Be forewarned--once you witness her avant garde genius first hand you’ll never be the same...
Remember the name Ran Tondabayashi, she’s going places!

The switch | 2016 | Mixed media
rose | 2016 | Acrylic on canvas
Kim | 2016 | Acrylic on canvas

TONDABAYASHI RAN EXHIBITION “THE FREAK SHOW”

THE FREAK SHOW | 2016 | Acrylic on canvas
©TONDABAYASHI RAN Courtesy of VOILLD

会期:2016年9月2日(金)~9月25日(日)
開廊時間:水~金 12:00~20:00、
土日 12:00~18:00
※月・火・祝日休廊
会場:VOILLD
〒153-0042
東京都目黒区青葉台3-18-10 カーサ青葉台B1F
主催・企画:VOILLD
協力:DUDE inc.

When: September 2nd (Fri) through the 25th (Sun)
Times: Wed-Fri 12:00-20:00, Sat-Sun 12:00-18:00
*Closed Mondays, Tuesdays and holidays
Where: VOILLD
B1F Casa-Aobadai, 3-18-10 Aobadai, Meguro-ku, Tokyo
153-0042
Organization & promotion: VOILLD
Special help from: DUDE inc.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN