デザイナー集団「東京ニューエイジ」に見る 日本の若手デザイナーの可能性Realising the potential of Tokyo’s young designers: The Tokyo New Age project.

“東京ニューエイジ”とは、「日本の若手デザイナーの発掘と支援」を目的に、ミキオサカベの坂部三樹郎氏とリトゥンアフターワーズの山縣良和氏が、2014年に立ち上げたプロジェクトで、グローバルな可能性を秘めた日本の若手デザイナー達が参加している。過去には参加ブランドの世界観を表現したインスタレーションやランウェイショーを開催し、1万人を超える来場者を集めるなど若手輩出の場としてその基盤を形成しつつある。今回、プロジェクトオーナーのお二人に話を伺った。

‘Tokyo New Age’ is the project created by ‘Mikio Sakabe’ designer Mikio Sakabe and ‘writenafterawards’ Yoshikazu Yamagata in order to expose and support Japan’s best new young designers. The dramatic runway show is known to draw in crowds of over 10,000 people, with this year being no exception. We sat down with the project’s owners to talk fashion and their advice for young budding designers.

東京ニューエイジ設立に至った経緯は?How did the idea for ‘Tokyo New Age’ come about?

山縣
学生時代に何度か会ってはいたんですけど、しばらくして別々に帰国したら、同時期にデビューしたいって事がわかって。
坂部
その頃、作品を見せる場がなかった。デザイナーになりたくても方法がわからず、とりあえず就職するのがレールになっていた。僕達は海外にいたからそれを知らなくて、自分達で始められるんじゃないかって考えて。それで知らない人に電話してアポとって企画書持って会いに行ったりしていたら、意外とちゃんとサポートしてもらえた。
山縣
それが東京ニューエイジのもとの形で、その経験から、今の若手にもそういう場が必要だということになりました。
Yamagata
We’d both studied at universities abroad and just so happened to come back to Japan at the same time, so we both ended up looking to debut simultaneously.
Sakabe
At that time, there was no place for designers to show their works. We both knew we wanted to go into the fashion business, but didn’t know how - since we’d been abroad, I guess we didn’t know the rules of job-hunting in Japan. So we just decided to do it by ourselves. After making business plans and phoning around, we actually got a surprising amount of support.
Yamagata
That’s the foundations of ‘Tokyo New Age’ – we wanted to fill the gap for young designers searching for a break and create a space where they can display their craft.

海外と比べて、日本は若手が出て行きにくい?Compared to other countries, do you think it’s harder for young designers in Japan to get their lucky break?

坂部
海外では決まったレールに乗らないといけない。何個かしかないサポーター枠に入るとかしないとデザイナーになることもできない。日本はそういうサポートがない代わりに自分でやっていけるので、どっちが良いって訳じゃないですね。
Sakabe
In the Western fashion business, you have to follow the rules. There’s only a small selection of support structures for young designers, so if you can’t make it into one of the elite schools or fashion houses then it’s difficult. Japan on the other hand has no real support system for young talent, but that means designers are left to set up by themselves. Either way there are pros and cons.

今の若手ならではの感性は?What is the fresh talent like now?

坂部
僕達の頃みたいに、パリとかヨーロッパに対する憧れだけではなく、日本のカルチャーが好きでファッションをやっている子もいます。僕らの若い頃は、やっぱり中心はパリで日本人はそこでどうやってカウンターをするかっていうのしかなかった。今の子達の方が、日本とかアジアでやっていく事に関して、すごくポジティブな気がします。それが、世代として変わってきています。
Sakabe
Unlike when I started out and everybody aspired to the fashion houses of Paris and Europe; nowadays there are kids who start out because of Japanese fashion. All my generation was thinking about was how to counter the huge influence of Paris. Compare that to current-day young designers looking towards Asia and Asian fashion and I think it’s definitely become a lot more positive. Things really change with the generations.

若手デザイナーへ、メッセージを。Do you have a message for any young aspiring designers?

山縣
時代がどんどん変わる中で、硬くなる必要はない。何が本当なのかもわからなくなってくる中で、それをチャンスと捉えることが大切。他の環境とどのようにコミュニケーションしていくか、どう向き合っていくかという時代。
坂部
今世の中にあるシステム自体もこれから変わっていくので、ファッションの体感の仕方とか発表の仕方、出会い方も絶対変わってくる。そこでどうやっていくのかが魅力的だし可能性のある作業かなって思います。だからデザイナーになりたい若い子たちは、自分で始めちゃっても良いし、楽しそうにやっていくのが一番ですよ。
山縣
自分でやっていて、意外と楽しそうな子が多い。日本は生活できない程にはならないです。個人でやるのは、すごく難しい訳じゃない。売る場所も、シェアするとかいろんな手があります。
坂部
100人ファンがいて、1人10万買ってくれれば1,000万ですから。今の時代SNSもあって、工夫すれば100人のファンはつけられる。だからそんな雲をつかむような話じゃない。デザイナーには今、すごくなりやすい時期だと思います。
Yamagata
As things naturally change with the generations, it’s important to remain flexible. As time goes on the creative boundaries are being pushed further and further, so you have to use that as an opportunity to seize the moment and try new things. This current generation has more space to communicate than any other generation before.
Sakabe
I think the fashion business itself is always changing. The way you experience fashion, the way things are being announced, the way you meet designers – everything is evolving. It’s an industry with so many possibilities. So to those who are thinking of venturing into the field, I’d say it’s fine to start up by yourself – just follow your heart and do the things you enjoy.
Yamagata
A lot of people who start out by themselves find that they actually really enjoy it. Especially in Japan, it’s really not that difficult to get by. It’s not as hard as you’d imagine it would be. Plus nowadays you can share your shop online or whatever – there’s so many ways to go about it.
Sakabe
If you’ve got 100 fans and they all spend ¥100,000 ($US840) each, that gives you ¥10,000,000 ($US84,000). Through social networking and Instagram, you can get 100 more fans on top of that. It’s not rocket science. The perfect platform for success is out there, you just have to be brave enough to take the plunge and try it for yourself.

坂部 三樹郎(さかべ・みきお)

2007-08年秋冬のプレゼンテーションでパリコレクションに参加。2013年には「絶命展」を山縣とともにプロデュースし大きな反響を呼ぶ。

Mikio Sakabe

  • 2007-08 A/W Collection presented at the Paris Collection
  • 2013 Producer for hugely successful ‘Zetsumeiten’ project

山縣 良和(やまがた・よしかず)

2014年
ベーシックラインwritten byを発表
2014年
毎日ファッション大賞・特別賞を受賞
2014年
東京ファッションアワード(TFA)受賞
2015年
LVMH Prizeの選抜候補26名に、日本人初として選抜される
2016年
パリColetteのウィンドウディスプレイを担当

Yoshikazu Yamagata

  • 2014 ‘written by’ Basic Line announced
  • 2014 Wins Mainichi Fashion Taisho special award
  • 2014 Wins Tokyo Fashion Award.
  • 2015 First Japanese designer to be nominated for LVMH Prize
  • 2016 Visual designer for Colette Paris windows
Left:Yoshikazu Yamagata Right:Mikio Sakabe
  • Left:Yoshikazu Yamagata
  • Right:Mikio Sakabe

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN