TOKYOモノ語り vol.4 / ブック型ポータブル照明「Lumiosf」 It’s a Tokyo Thing vol.4 / ‘Lumiosf’ portable book lamp

膨大な情報とモノが氾濫するTOKYO。刻々と変化するこの街で豊かな生活を送るには、いったいどのようなアイテムが本当に必要なものなのか――。
ガジェットからファッション、インテリアに至るまで、幅広い知識を持つメディアクリエイターのハイロックが、自宅に所蔵する数千点以上のコレクションの中から、Z世代におすすめのアイテムを紹介してもらう連載企画「TOKYOモノ語り」。
今週は、ブック型ポータブル照明『Lumiosf(ルミオエスエフ)』をピックアップする。

Tokyo is flooded with information and materials. So what must-have items does it take to stay afloat in this ever changing city?
In his ‘It’s a Tokyo Thing’ series media creator Hirock shares his knowledge of gadgetry, fashion and interior items along with gear suggestions for Generation Z out of his massive personal collection. Join him this week for a look at the ‘Lumiosf’ portable book lamp.

『Lumiosf』は分厚い本のような見た目をしているが、表紙を開いてみると、じゃばらとなったシェードから幻想的な光が放たれる充電式のブック型ランプだ。表紙には強力なマグネットが内蔵されており、180度にして平置きするだけでなく、360度の円柱状の照明としても利用できる。ハイロックは『Lumiosf』の魅力について、「部屋を明るくするためではなく、人を感動させるために光る」と話す。

Don’t judge this hefty book by its cover. Open it up and you’ll find an accordion of pages shading the warm glow of an electric lamp. It can be displayed at 180 degrees laying down or wrapped around itself for 360 degree lighting with the help of powerful magnets hidden in the cover. According to Hirock “It doesn’t just brighten up your room, it lights up people’s imaginations.”

「このアイテムは、誕生日にある人からプレゼントされたもの。ラッピングも何もしてない状態で渡されて、表紙も木だから、なんの本だろうって。相手も『ぜひ読んでみてください』っていうから、完全に本だと思い込んでいた。でも、いざ本を開いてみると、まったく予想してなかった幻想的な光が飛び出してくる。一瞬、何が起きたか理解できなくて頭の中は真っ白(笑)。知らずにもらった人は、驚きと感動で一生記憶に残るプレゼントになると思うよ」

“I got this from a friend on my birthday. When they passed me an unwrapped book with a wooden cover it caught my interest. They told me to go ahead and read it so naturally I assumed it was a regular book. But when I opened it up, to my surprise it lit up with a really awesome glow. I was dumbstruck--it took me a minute to realize what had just happened (laughs). Whoever you give this to will remember the first time they opened it for the rest of their lives.”

高性能LEDから放出される光は想像よりも明るく、部屋のサブ照明としても十分に機能する。光の色はとても柔らかく、じゃばら状のシェードが空間をやさしく照らしてくれる。同じ機能でサイズが半分ほどになった『mini Lumio+(ミニ・ルミオプラス)』は、スマホのモバイルバッテリーにもなる優れものだ。

The high quality LED is surprisingly bright, certainly enough to be a backup light in any room. The accordion shade gives off a very soft light that’s easy on the eyes. Its little brother ‘mini Lumio+’ is about half the size and doubles as a mobile battery for smartphones.

「こういうアイテムって自分ではなかなか買わないだけに、人からプレゼントされたらすごくうれしいと思う。持ち歩いたりするならミニのほうが便利だけど、プレゼントとしてのインパクトを考えるなら、やはり大きいほうがおすすめかな」

自身の体験から『Lumiosf』のことを、「人を感動させる完璧なギフト」と表現するハイロック。特別な人へのプレゼントを探しているなら、一度本物を手に取ってみてはいかがだろう。

“This is the kind of thing you might not buy for yourself but you’d be thrilled to receive as a gift. The mini is good if you’re on the go, though if it’s a present the bigger version is going to leave more of an impression.”

After his own experience Hirock can guarantee that the ‘Lumiosf’ is the perfect gift to impress people with. If you need a present for that special someone, look no further than this book.

ハイロック

メディアクリエイター / HIVISION founder
アパレルブランド「A BATHING APE®」のグラフィックデザインを経て2011年独立。表現の場を選ばないメディアクリエイターとしてのキャリアをスタート。ファッション誌GRINDでの連載をはじめメディア各方面にてグッドデザインアイテム、最新のガジェットを紹介。著書に『I LOVE FND ボクがコレを選ぶ理由』。

Hirock

Hirock is a media creator and founder of HIVISION.
After doing graphic design for apparel brand ‘A BATHING APE®’ he began his solo career as a multi-faceted media creator in 2011. He began introducing designer goods and gadgets in his GRIND Magazine column and is author of ‘I LOVE FND Boku ga Kore wo Erabu Riyuu (Why I Chose These).’

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN