TOKYOモノ語り vol.3 / いぶし銀の瓦ブランド「icci KAWARA PRODUCTS」 It’s a Tokyo Thing vol.3 / Silver tiling brand ‘icci KAWARA PRODUCTS’

膨大な情報とモノが氾濫するTOKYO。刻々と変化するこの街で豊かな生活を送るには、いったいどのようなアイテムが本当に必要なものなのか――。
ガジェットからファッション、インテリアに至るまで、幅広い知識を持つメディアクリエイターのハイロックが、自宅に所蔵する数千点以上のコレクションの中から、Z世代におすすめのアイテムを紹介してもらう連載企画「TOKYOモノ語り」。今週は、ハイロックがアートディレクターとして商品開発に参加する『icci KAWARA PRODUCTS』をピックアップする。

Tokyo is flooded with information and materials. So what must-have items does it take to stay afloat in this ever changing city?
In his ‘It’s a Tokyo Thing’ series media creator Hirock shares his knowledge of gadgetry, fashion and interior items along with gear suggestions for Generation Z out of his massive personal collection. This week we look at Hirock’s venture into art direction with ‘icci KAWARA PRODUCTS.’

『icci KAWARA PRODUCTS』は、山梨県で創業100年を誇る「一ノ瀬瓦工業」が新しく立ち上げた瓦ブランド。日本で1400年の歴史を持つ瓦の魅力を再発見してもらおうと、現代のライフスタイルに溶け込んだ瓦素材のアイテムを展開している。ハイロックはどのような考えで「icci」の商品開発を行ったのだろうか。
「瓦という素材は、形をつくるのにある程度の厚みが必要になるため、日用品に落とし込むのが意外と難しかったりする。そんな瓦でも、見方を少し変えてみると、有田焼や美濃焼などのブランドにはない魅力に気づかされる。そのひとつが、瓦でしか出せない“いぶし銀”と呼ばれる色なんだ」

icci KAWARA PRODUCTS is a new Kawara brand backed by Ichinose Kawara Kogyo, a Yamanashi tiling manufacturer with over 100 years of history. The art of Kawara (Japanese roof tiling) dates back to the 1400s but their mission is to reimagine it as lifestyle items for the current generation. What did Hirock have in mind when he set out to design the collection?
“In order to make something out of the tiling materials you need a certain amount of thickness, so I had my work cut out for me adapting the technique for daily use. But with a small tweak Kawara has a cool aesthetic that you won’t find in Arita or Mino ware. For starters, you can only get that oxidized silver look in Kawara.”

いぶし銀とは、鉛筆の芯のような独特の光沢を持つ瓦特有のシルバー色のこと。通常の焼き物では、いぶし銀のような色を出すことは難しく、同じようなシルバー色を「釉薬(ゆうやく)」と呼ばれる薬品でつくることが多い。しかし、ハイロックはいぶし銀の魅力について「薬品で調合した色ではなく、素材の色をそのまま楽しむことに意味がある」という。「日本人は、人の手が入った造形物よりも、簡素で質素で、自然のままの姿に美徳を感じるところがある。西洋の庭園には水が吹き上がる噴水がつきものだけど、日本庭園では水は高いところから低いところへ流れるように設計されている。そうした日本人の美意識は、いまもDNAとして受け継がれていると思う」
このアイテムの楽しみ方は、瓦という素材そのものにある。ドルマークやバナナには置物として以外の機能はないが、だからこそ“いぶし銀”の色をシンプルに楽しむことができる。ハイロックのアトリエでは、ガラス、鉄、木、プラスチックなど、様々な素材の中に瓦を置くことで、他にはない特別な存在感を引き出していた。

『icci kawara products 2016 collection』は、公式オンラインストアから購入可能。新しくポップに生まれ変わった“Kawara”が、空間の中に心地よいアクセントを与えてくれる。

Oxidized silver, known as ibushi gin in Japan, has a unique luster similar to that of pencil lead. The color is nearly impossible to recreate in traditional pottery, where the closest you can get is to use a silver glaze. “There’s a good reason we wanted to utilize the material’s natural color rather than an unnatural finish,” explains Hirock. “Japanese tend to prefer raw materials over something worked over and polished. Just look at gardens--in the west they have fountains spraying water into the air, whereas here you’ll usually see water trickling down from a high point. That aesthetic is engrained in our DNA.”
The collection was made to enjoy the fundamentals elements of Kawara. The dollar sign and banana don’t have practical uses, but as simple decorations they are a great way to appreciate the beauty of the oxidized silver. In Hirock’s atelier you’ll find items made of glass, steel, wood, plastic and everything in between. Still, nothing has quite the same impact as these Kawara products.

The ‘icci kawara products 2016 collection’ is currently available on the brand’s official website. Accent your living space with these reimagined Kawara classics.

ハイロック

メディアクリエイター / HIVISION founder
アパレルブランド「A BATHING APE®」のグラフィックデザインを経て2011年独立。表現の場を選ばないメディアクリエイターとしてのキャリアをスタート。ファッション誌GRINDでの連載をはじめメディア各方面にてグッドデザインアイテム、最新のガジェットを紹介。著書に『I LOVE FND ボクがコレを選ぶ理由』。

Hirock

Hirock is a media creator and founder of HIVISION.
After doing graphic design for apparel brand ‘A BATHING APE®’ he began his solo career as a multi-faceted media creator in 2011. He began introducing designer goods and gadgets in his GRIND Magazine column and is author of ‘I LOVE FND Boku ga Kore wo Erabu Riyuu (Why I Chose These).’

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN