嫌いな場所「東京」だけど大好きな場所も「東京」、上京者のあるあるを語る「TOKYO HITORIGURASHI DAYS」 If Tokyo is the city you hate to love and love to hate, you’ll relate to “TOKYO HITORIGURASHI DAYS”

東京で活動する若き「一人暮らし男」ならきっと共感できる日常を語ってもらう、「TOKYO HITORIGURASHI DAYS」。

TOKYO HITORIGURASHI DAYS will speak to anyone who’s ever been a bachelor in this city

01.実家と違って、冷蔵庫はいつもスカスカUnlike home, your fridge is always empty

お腹すいたらコンビニで買えばいいし、スーパーとかあんまり行かない。
自動的に、ミニマリスト。

If you get hungry you hit the conbini--after all you don’t have time to go to the supermarket.
You’re a minimalist by default.

時間大丈夫ー? 今何時よ? 23時だけど 早ーッ!まだ全然朝でしょ! ドロケーしようぜ!

02.門限を一切気にしなくなるYou forget all about curfews

自由ってのは、こういうものなのかなあ?なんて思いながら夜遅くまで遊ぶ。5分に1回来る東京メトロ。しかも、終電の車両も大混雑。実家近くの電車と比較してしまう。

As you party into the night you think to yourself “this must be what it means to be free.” Tokyo’s metro runs every five minutes. But when you squeeze into the packed last train you long for the uncrowded trains back home.

ありのままの姿見せるのよ

03.パンイチor全裸、
ドアを開けて用を足したり、開放感と孤独感
You walk around naked (or close to it), do your business without closing the door and feel all alone in your freedom

実家にいた時は、裸でいる時に限っておかんが入ってくる。
パジャマなんてものは、最近全く着なくなってしまった。

Your mom had a habit of only entering your room when you weren’t clothed. Now you never even think of wearing pajamas.

サトシー久しぶりだっぺー 元気でやっでっが? あんれまあずいぶんあがぬげちまっで おー!全然変わってねーじゃーん

04.地元に残っている友達より、ちょっと成長した気になるYou feel a little more mature than your friends back home

地元は地元で大好きな場所だけど、やっぱり成長できるのは東京な気がする。幼稚とまではいわないけど、やっぱ地方だなって思う時があるんだよね。

You love your hometown, but you’ve got to be in Tokyo if you want to progress. It might be a bit childish but sometimes you think “send me back to the suburbs.”

マジか一袋5円!? あっ…お一人様一点限りかよ…くそっ

05.自分の中で、もやしの評価が急上昇Moyashi is suddenly the best thing ever

今まで気にも留めなかったもやし。こんなに安いなんてと気が付く。実家の食卓に、もやしがやけに多かったのも納得。
もやし IS MYLIFE.

You never even noticed the stuff until you saw just how cheap it was. Now you get why mom served so much of it for breakfast. MOYASHI IS MY LIFE.

湯船つかりてぇ 明日先頭行っちゃおうかな…

06.気付いたらシャワーしか浴びなくなっているYou shower daily, but haven’t taken a bath for ages

風呂=シャワーって感じの日が増える。
窮屈な湯船に入ると、実家が恋しくなる。
湯船に浸かりたいなら、むしろ450円を払って近所の銭湯に行くというかなりの贅沢を選ぶ。バストイレ別だったらそんなこともないのかな?

Nowadays taking a bath means showering. When you do get in that cramped little tub you yearn for the one at your parents’ house. It’s so bad that when you want a bath you fork out the ¥450 at the local bathhouse. Maybe if you opted for a place with a separate bath and toilet….

今日どすこい祭りか… あれカズシいつの間にか子供産んでる

07.知らない間に地元のニュースに乗り遅れているBefore you know it you’re behind on all the news from back home

地元はなんだかんだ頭の隅にある。ふとしたタイミングで気になる。
ツイッターとかFacebookとかでしかつながれない友達。地元の仲間が祭りとかに参加している画像をアップしていると……なんか……切ない。

It’s not like you forgot your hometown. It’s on your mind from time to time.
You’re only in touch with most old friends via Twitter or Facebook. When they upload photos from local festivals you feel like you’ve lost something.

サトシ東京ギャルとよろしぐやってんだっで? あー…うん…まあ… うんらやましー今度ギャルさ連れて帰ってきてくんろ

08.一人暮らしをすれば、特に努力しなくても恋人が出来て、部屋でいちゃいちゃできる思っていたYou thought you’d be hooking up like crazy once you had your own place

これぞ、一人暮らしの究極のロマン。理想と現実はいつだって残酷。
ってか、家に誘う前には、部屋中大掃除が必要だ。

Ahh, the bitter difference between romantic expectations and the harsh reality of living alone. Not to the mention the fact that you’d have to clean the place up before even thinking of inviting someone over.

お母ちゃんの作ったおじや… 食べたい

09.風邪をひいて死にかけるCatching a cold feels like a death sentence

まず風邪薬を買うお金がもったいないし、病院いくのダルイし。
風邪で寝ていても、ご飯が自動的に出てきた実家が恋しい。
そして寂しい。

Cold meds cost too much and you’re too lazy to go the doctor’s office. You miss the days when mom would bring you meals while you slept it off. And you miss her.

お母ちゃん もやしばっが食ってねぇで栄養づげろよ あんたの好ぎな団子送っとぐから

10.母の偉大さに気付くNow you know just how amazing your mom is

「うるせーよ!ババア!!」とか言っていた自分が恥ずかしい。
自分一人で生きるだけでも大変なのに、こんな俺を育てたなんて…

And you feel ashamed about how you used to speak to her.
It’s hard enough living for yourself, let alone raising a brat kid...

でもやっぱり東京って魅力的だし東京に負けない自分になりたい 第二の人生はまだ始まったばかり

11.でも離れられない東京Still, you can’t bring yourself to leave Tokyo

仕事、学校が東京に集まっているから離れられない。ってわけじゃない。
やっぱり東京って魅力的だし、東京に負けない自分になりたい。
第二の人生はまだ始まったばかり。

It’s not just because all the schools and jobs are in Tokyo.
The city has its charm, and you’ll sure aren’t going to let it send you running home with your tail between your legs.
This is the start of your brand new life.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN