TOKYO BURGER LOVERS 第2のラーメン!? 日本化するハンバーガー TOKYO BURGER LOVERS The other ramen?! Hamburgers are turning Japanese

アメリカのソウルフード、ハンバーガー。ラーメンやカレーと並んで、いまではすっかり “日本の国民食”と呼べる存在だ。そしてここ東京では、度々“グルメバーガーブーム”が訪れる。バンズ、パティ、ソース。さまざまな素材にこだわった、1つ1000円を超えるこだわりのバーガーたち。店舗を渡り歩いて食べ比べする、BURGER LOVERSも多い。中国生まれの“ラーメン”同様、バーガーも日本独自の進化を遂げている。
バンズがあってパティがあって、そこにトッピングを加えて……。バーガーの構造はシンプルだ。にもかかわらず、そこには千差万別の味があり、ルックスがあり、オリジナリティがある。それはなんというか、チャック・ベリーやファッツ・ドミノらによってアメリカで生まれたロックンロールが、世界中に広まって各国独自の真価を見せ、2016年の日本では某大ヒットアニメ映画のテーマ曲「前前前世」になるというような、不思議な面白さがある。

東京に旅行で訪れるなら、ぜひ“TOKYO BURGER”を1つ、味わってもらいたい。というわけでここからは、東京で食べられるオススメのバーガーを紹介していこう。

America’s soul food, the hamburger. Believe it or not they’re right up there with ramen and curry for Japan’s most beloved food too. Tokyo’s actually undergoing an artisan burger boom right now. Buns, patty and sauce--burgers shops go to painstaking lengths to perfect these key ingredients in every burger. And it shows in their prices, which often go over ¥1000 each. It goes without saying that there are plenty of burger lovers who roam the streets taste testing the finest hamburgers the city has to offer. Like ramen which came from China before it, we’ve imported the burger and are turning it into something uniquely Japanese.
The basic makeup of the burger couldn’t be more simple. Throw a patty and some toppings in a bun and you’re done. Not quite. There are more recipes than anyone could imagine, plus factors like appearance and originality. Maybe it’d help to think of the evolution of burgers with a music metaphor. Chuck Berry and Fats Domino rocked the US with their sound, which spread all around the world and somehow led to the hit anime theme “Zen Zen Zense” here in 2016. Pretty crazy, right?

I’d love for all tourists to try a Tokyo burger during their visits. To help them out, I’ve made this list of some of the best burgers in town!

手間暇かけて“日本化”されるバーガーたち

Meet Japan’s meticulously crafted hamburgers

まずは、日本橋人形町にある「BROZER’S」。「MADE IN JAPAN」を掲げる同店は、この記事にぴったりな存在だ。ランチタイムになると、カップルや子連れ夫婦、さらには“BURGER LOVERS”と思しき一人客などでごった返す。当然、行列も絶えないが、お店から歩いて数分の場所にテイクアウト&宅配専門の店があるので、そちらでバーガーをゲットして、近くの公園でいただくのも、また良しである。
写真は同店の看板メニュー「ロットバーガー(1620円/税別)」。ベーコン/エッグ/チーズ/パイナップルを重ねてもなお、傾かない堂々たる立ち姿に “細かい仕事”を感じる。ソースはBBQ/テリヤキ/レッドホットチリ/スイートチリの4種から選べるが、オススメはBBQソース。ちょっと甘め&濃い目の味は絶品だ。

Our first stop is “BROZER’S” in Nihonbashi Ningyocho. They proudly boast that their burgers are [MADE IN JAPAN], making them a perfect way to start this list. Come lunchtime the shop fills up with couples, mothers with children and solitary burger connoisseurs. Of course there’s always a line, too. But fear not, a short walk away they have a takeout and delivery specialty shop that you can swing by on your way to eat at a nearby park.
Pictured here is their signature Lot Burger (¥1620 + tax). The way they balance the bacon, egg, cheese and pineapple toppings is a work of art. You can choose between four sauces--BBQ, teriyaki, red hot chili or sweet chili. I recommend the BBQ for that nice mix of sweet and bold flavors.

BROZER’S

続いては、2005年に駒沢公園、2013年に六本木ヒルズへお店をオープンした、「AS CLASSICS DINER」。“ダイナー=食堂”という名が示す通り、ハンバーガー以外のメニューも充実しており、各種スイーツにも定評のある人気店だ。
その味は、“繊細かつ豪快”。つなぎなしという100%ビーフをハンドチョップで仕込み、炭火で焼きあげたパティはとっても“肉々しい”。ちょっとレアめなのも拍車をかけている。写真は、パンチのきいた辛さがたまらない「チリチーズバーガー(1350円/税込)」。牛挽き肉を野菜とスパイスで煮込んだホットなチリミートがビールに合う。

Next up is “AS CLASSICS DINER,” who started Komazawa Park in 2005 and expanded to Roppongi in 2013. Since it’s a diner you can also expect a healthy variety of foods aside from burgers, like their acclaimed dessert menu.
Get ready for a subtle explosion of taste. Their 100% beef patties are hand chopped and cooked to medium rare over a charcoal grill to bring out every ounce of flavor. The burger pictured here is the zesty Chili Cheese Burger (¥1350 + tax). Beer goes down great with this spicy chili meat!

AS CLASSICS DINER

最後は、三田にある「MUNCH'S BURGER SHACK」。同店の特長は、しっかり味付けされたパティだろう。つなぎなし、USビーフ100%のお肉は赤身肉が中心。1枚1枚手作業で成型するというパティは、噛めば噛むほどに味わいが広がる。写真は「自家製ベーコンチーズバーガー(1500円/税込)」。5日かけて作るという分厚いベーコンが香ばしい。グルメバーガー御用達店、新宿「峰屋」にオーナー自らレシピを持ち込んだという、こだわりのバンズもグッド。ハードなバンズをトーストしていて、カリッとサクッと、それでいてフワッとした食感。トップの黒ゴマもアクセントになっている。

Rounding out the list is “MUNCH'S BURGER SHACK” in Mita, known for the special attention paid to their seasoned patties. Of course they only use 100% beef to hand make each and every one. You’ll be amazed by how every bite releases a new layer of flavor. In this photo is their homemade Bacon Cheese Burger (¥1500 + tax). The aroma of the bacon, cured over 5 days, is to die for. Crunchy on the outside and fluffy on the inside, the toasted buns were the brainchild of the owner of renowned Shinjuku bakery “Mineya,” so you know they’re good. The black sesame accent adds a little touch of class.

MUNCH'S BURGER SHACK

この他にも、東京にはたくさんの“日本化した”グルメバーガー店がある。東京に住むならぜひ食べ比べを、旅行で訪れるならぜひ東京ならではの味を楽しんでもらいたい。

This is just the tip of the iceberg when it comes to Tokyo’s gourmet burger joints. If you live here, then by all means try them all! But even if you’re just visiting be sure to get at least one taste of Tokyo while you’re here.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN