TOKYOの熱を
全身で感じるアート展
東京アートミーティング

The changing face of<br>Tokyo's creative fever:
TOKYO ART MEETING VI

テイバー・ロバック 《20XX》2013年
Tabor Robak 20XX 2013
Courtesy: the artist and Team Gallery

舞台はジュリアナ東京からインスタグラムへ

80年代、バブル景気に沸き立ち、文化的にも花開いた東京。90年代初頭には、その勢いを象徴するかのように「ジュリアナ東京」が生まれた。いまはなき、そのディスコで、扇子を持ったボディコン姿の女性たちが踊り狂った。そこにはつねに、まばゆいほどの東京の輝きと追い風に乗る時代のエネルギーがあった。

「ジュリアナ東京は、若者にとって自己演出の舞台でもありました。それは原宿のゴスロリ文化も同様です。現代ではその舞台がストリートではなく、インスタグラムなどのソーシャルネットワークに移り変わりました」

そう語るのは、東京都現代美術館のチーフキュレーターである長谷川祐子さん。

「私たちの目に映るのは、パソコンやスマートフォンを見ている姿だけ。しかしその奥には、昔と変わらない「自分を表現したい、解放したい」という東京の熱が流れています」

その“熱”を可視化しようとする試み、それが東京都現代美術館で行なわれている「東京アートミーティングⅥ」だ。

イエロー・マジック・オーケストラ 1979年
Yellow Magic Orchestra 1979
© Photo by Masayoshi Sukita

From Juliana’s Tokyo to Instagram mania

As the Japanese bubble economy of the 1980’s gave way to a roaring cultural explosion that reverberated throughout the globe, the capital Tokyo had never been more alive and buzzing. At the peak of Japan power in the early 90’s, Juliana’s Tokyo was born. A flamboyant disco club, where bodycon-clad office girls danced on elevated platforms waving Japanese handheld fans - a dramatic mix of Tokyo modernity with Eastern style. It was the heyday of Tokyo creative fever.

“Juliana’s was the youth’s place to showcase and express themselves”, says the curator of Museum of Contemporary Art Tokyo, Yuko Hasegawa. “It’s the same psychological concept as Harajuku gothic lolita culture - it’s all about self-expression. Nowadays this ideology has morphed into the platform of Instagram and other social media.”

“It may seem like people are just passively scrolling on their smartphone screens, but behind all that there’s still this purpose of self-expression - people want to free themselves from the chains of everyday conservatism and show their true colours to the world through their Instagram-filtered selfies and tweets. Likewise, the same energy of that original Tokyo fever still burns bright today, but just in a different form.”

Attempting to showcase this changing face of Tokyo creative fever is the Museum of Contemporary Art Tokyo, through their ‘Tokyo Art Meeting’ conceptualisation.

黒河内真衣子
mame 《Personal Memory》
Maiko Kurogouchi / mame
Personal Memory 2014AW,
Photo: Motohiko Hasui

きっかけはPerfumeのライブだった

「今回で6回目を迎える東京アートミーティングでは、毎回さまざまなジャンルの専門家が集まり、テーマに沿った展示をしてきました。今回、第6回のテーマは「TOKYO」です」

今回のテーマ決定の裏には、長谷川氏がニューヨークを訪れた時の体験がある。

「ニューヨークでPerfumeのライブを見たんですね。すると彼女たちにニューヨーカーたちが熱狂しているわけです。彼女たちのアンドロイド的な美しさとかわいらしさ、人間とテクノロジーが合体してこんなにもキュートだなんて、と」

文脈を知らないと、彼女たちは突然、この世界に現れたように思える。しかしそこには、脈々と受け継がれてきた日本のテクノポップの源流がある。今回の展示のひとつにもなっている「YMO」は、1978年に登場し、音楽だけでなく、ファッションやグラフィックデザインなど、幅広い文化に影響を与えた。

「Perfumeやきゃりーぱみゅぱみゅがグローバルに「Kawaiiテクノポップ」として受け入られている背景には、YMOというカリスマたちが過去に築いた土台があります。その気付きこそが、今回のスタートなんです」

Inspired by a J-pop concert

“We basically get together a team of specialists relating to one genre and create an exhibition. This will be the sixth time the Tokyo Art Meeting has taken place; this time our theme will be ‘TOKYO’.”

Hasegawa’s incentive behind the ‘TOKYO’ theme arose from a trip to New York.

“In New York, I saw J-pop band Perfume perform live. The crowd was going wild about those three girls. Fans rave about their android-like beauty; the perfect fusion of human and technology.”

Observing this sight head-on, it could be easy to assume that Perfume shot to global fame out of nowhere. However, there has in fact been a firmly established stream of techno-pop culture flowing from Japan for decades. Electronic band ‘YMO’ is just one example. Formed in 1978, their influence stretched not only into music, but fashion and graphic design, leaving a large mark on Japanese pop culture.

“World famous ’kawaii’ techno-pop artists such as Perfume and Kyary Pamyu Pamyu arose from a firm base set down by charismatic figures such as YMO. We’ve created this exhibition taking this constant line of succession into account.”

イェンナ・ステラ
《組織/有機体》のためのスケッチ 2015年
Jenna Sutela A sketch for Orgs 2015

熱を可視化するというドラマ

「TOKYO」をテーマにしているものの、今回、秋葉原を中心とするオタク文化の姿は一切ない。

「それは、国際都市・TOKYOの姿として散々世界に発信されていますから、もういいだろうと。今回は1980年代から受け継がれてきた東京の熱。そのマグマの地殻変動みたいなものを、クリエイターたちが自分たちの視点で可視化する。そういうストーリーを持ったドラマなんです」

参加しているのは、蜷川実花やYMOをはじめ、幅広いジャンルのクリエイターたち。特に、ポスト・インターネット世代「EBM(T)」がキュレーションしたテイバー・ロバックの作品「 20XX 」は、世界の夜景をミックスした映像作品でありながら、未来的かつ幻想的な美しさを持つ秀作だ。

さまざまな手法で「TOKYO」が表現されている今回の展示。東京に受け継がれ、いまも鼓動し続けるその熱を、ぜひ自分の身体で体感して欲しい。

Telling the ‘Tokyo Fever’ story

Despite selecting ‘Tokyo’ as their theme, the Museum of Contemporary Art Tokyo has not once touched on Akihabara’s famous ‘otaku’ culture.

In response to this, Hasegawa explains, “There’s more than enough coverage of otaku culture available throughout the world. Whereas otaku culture looks at Tokyo’s creative from the point of view of the masses, we are looking from the point of view of the creators themselves. Since the 1980’s, ‘Tokyo fever’ has really erupted like boiling magma spewing from the earth - it’s a huge creative movement. We’ve taken it on as our job to share this city’s fascinating story with the world.”

Featuring in the exhibition will be a wide range of creators and artists, such as the aforementioned electro-band YMO and photographer Mika Ninagawa (also director for projects such as AKB48’s ‘Heavy Rotation’ music video). From the post-internet generation: virtual audio room ‘EBM (T)’’s futuristic work ‘20XX - an ethereal incorporation of the world’s night skylines.

The ‘TOKYO’ exhibition aims to showcase the city in its various forms as a forever evolving and changing entity. An entity overflowing with constant sources of artistic vision, inspiring the next generation of creators in a continuing line of succession. It’s safe to say that ‘Tokyo fever’ lives on.

東京アート
ミーティングⅥ
〝TOKYO〟
見えない都市を見せる

期間
2015年11月7日 (土) - 2016年2月14日 (日)
場所
東京都現代美術館 企画展示室1F/3F
東京都江東区三好4-1-1
時間
10:00 - 18:00
※入場は閉館の30分前まで
休館日
月曜日 (11月23日、2016年1月11日は開館)、
11月24日、12月28日~2016年1月1日、1月12日

‘TOKYO ART
MEETING VI’
Sensing the
Cultural Magma
of the Metropolis

07.Nov.2015 Sat - 14.Feb.2016 Sun

@ Museum of Contemporary Art Tokyo
Exhibition Gallery 1F/3F
4-1-1 Miyoshi, Koto-ku, Tokyo.

Opening times: 10:00 - 18:00 JST
*last entry 17:30

Holidays: Every Monday (excluding 23rd Nov. and 11th Jan.), 24th Nov., 28th Dec. - 1st Jan., 12th Jan.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN