時代はNOTORIOUSなヤツを求めている! Ruthless “Notorious bastards” are a sign of the times 写真:The New York Times/アフロ

NOTORIUS=ノトーリアス。英和辞典を見れば、「悪名高い、名うての」などと出てくる。
“NOTORIUSなヤツ”と具体的に人物名を挙げれば、スポーツ界なら「モハメド・アリ」の名が浮かび上がる。ビッグマウスと伝説的な名試合、そして“リング外の戦い”で知られる彼は、「ベトナム戦争への徴兵拒否」を貫き、当時のアメリカで“最も嫌われている有名人”になっていった。しかし、「俺はあいつらベトコンたちに何の恨みもないんだよ」「金持ちの息子は大学に行き、貧乏人の息子は戦争に行く。そんなシステムを政府が作っている」など、アリのシンプルな態度と意思表示は、社会へ多大なインパクトを残し、多くの支持者を獲得した。
音楽界なら、抗争の末に射殺された2PACを“NOTORIUSなやつ”として挙げられるだろう。80年代後半から、ラッパー、アクターとして活躍した彼は、同時に問題児としても耳目を集める存在だった。“問題児”というのは生易しいか。「自分のスタイルをパクった」と考えたラッパーをバットで殴打したのは序の口。警官を狙撃したり、ファンの女性に対するレイプ事件で収監されたりと、彼の悪名は枚挙にいとまがない。数々の名曲を残し、いわゆる“ヒップホップ東西抗争※”の中で銃殺されるに至った2PACは、いまもなお伝説の中で生き続けている。
※1990年半ばに勃発した2パック(2PAC)が所属する西のデス・ロウ・レコードと、ノトーリアス・B.I.G.(The Notorious B.I.G.)が所属する東のバッド・ボーイ・エンタテインメント(現バット・ボーイ・レコード)との裏社会を巻き込んでの大抗争。
当時ヒップホップシーンを牽引していた2パックとノトーリアス・B.I.G.が殺害されるという最悪の結末で終結した。

NOTORIOUS. As any dictionary will tell you, it’s a word synonymous with BAD.
Let’s take a look at one of sports’ most notorious figures--Muhammed Ali. He had a big mouth and a legendary ability to back it up both in and out of the ring. His denouncement of and refusal to participate in the Vietnam war made him one of the most hated men in America. “I got nothing against no Viet Cong,” he proclaimed. He went on to say that “The government had a system where the rich man’s son went to college, and the poor man’s son went to war.” These bold, straightforward statements had as much impact on society as any punch, and gained him a loyal legion of supporters.
In the world of music, 2PAC was just as notorious. From the late 1980s the troubled rapper/actor served as the voice of his generation. “Troubled” may be putting it too mildly. He once beat another rapper with a baseball bat for supposedly jocking his style, attacked police officers and was even convicted of sexually assaulting a fan, not to mention a slew of other actions that helped him earn his bad reputation. He also left a string of hits before being gunned down in an East coast West coast feud, cementing his status as a hip hop legend.
It all started with beef between 2PAC’s West coast label Death Row Records and The Notorious B.I.G.’s East Coast label Bad Boy Entertainment (now Bad Boy Records), and ended with with the death of both star rappers.

写真:Ullstein bild/アフロ 写真:ロイター/アフロ

ほかにも、例えば日本人なら天才俳優・勝 新太郎(大麻・コカイン所持で逮捕)や、芸人の横山やすし(傷害事件ほか)。名投手として知られる江夏豊(覚せい剤所持で逮捕)も挙げられるだろう。不遜でビッグマウス、でもやるときはやる。彼らはその圧倒的な実力と、一度や二度の失敗を意に介さない鈍感力、そして毀誉褒貶(きよほうへん)の評価を気にせず、進むべき道へとまい進しようとするタフなメンタルをもってして、人を惹きつけて止まない存在感を放つ。
なんといっても、次期アメリカ合衆国大統領はドナルド・トランプなのだ。わいせつ疑惑に詐欺疑惑、頭髪にも疑惑を抱えて、3回も自己破産している暴言王である。ブッシュのようなお坊ちゃんでも、オバマのような品行方正な人物とも違うタイプ、あえて言えば“NOTORIUSなヤツ”が、世界最強国家でトップに立とうとしている。
アジアに目を移せば、フィリピンのドゥテルテ大統領もまた、NOTORIUSな人物だ。“麻薬撲滅戦争”を仕掛け、多くの密売人や常習者を射殺するという、とんでもない政策を実行中だが、国民からは支持を得ている。
自己の目標以外は目に入らず、目的を果たすためには手段を顧みない。周囲に多大な迷惑をかけながらも、打算のない志で人を惹きつける彼ら。なぜ今、時代は“NOTORIOUSなヤツ”を求めているのだろうか?

There are plenty of other examples, from Japan’s own genius actor Shintaro Katsu (arrested for possession of marijuana and cocaine) or comedian Yasushi Yokoyama (assault, etc.). Then there’s famed pitcher Yutaka Enatsu (possession of stimulants). They all ran their mouths and were totally irreverent, but when push came to shove they could back it up. Their unique combination of raw talent, crass determination, total disregard for public opinion and the will to plow forward through life has transformed them into cultural icons.
And then we have America’s president elect Donald Trump. He’s been called indecent and a fraud. You can’t even believe the man’s hair. What’s more, the foul mouthed prince has filed for bankruptcy three times already. He’s not a legacy politician like Bush and lacks the moral fiber of Obama. In other words, he’s the textbook definition of notorious and he’s about to become head of the world’s most powerful nation.
Our Asian neighbors in the Philippines have their own notorious president with Rodrigo Duterte. His war on drugs is leaving a trail of dead dealers and users across the nation, yet despite how morally questionable the campaign is he appears to have the support of his people.
So why is it that these notorious figures, with their obscene ambitions and whatever it takes attitudes, are rising to power right now? Why can’t we keep ourselves from falling for their crude and often cruel ways?

トランプ現象後の未来――ようこそ、“制御不能な世界”へ

Life after Trump--Welcome to a world without regulation

写真:AP/アフロ

昨年2016年は、2つの大きな政治的変化が起きた年として記憶されることになった。それはもちろん、イギリスのEU離脱(Brexit)と、アメリカのトランプ現象である。
この変化を理解しようと、“利口な人たち”は必死だ。なぜ、理に叶った進歩的と思える選択肢が、直情的で前時代的な選択肢に負けるのか。世界が突然自分の理解できない形へと変容したことに戸惑い、その理由を求めて必死にもがいている。さまざまな場所でさまざまな人たちが、理由を求めて、いまもなお考察中だ。

2016 brought with it not one but two shocking political upsets. First there was the UK’s Brexit, followed Trump stealing the US election.
Politicos and pundits are still trying to wrap their brains around what happened. Logic and progress are being replaced with ignorance and regression. The world’s been suddenly turned on it’s head and we’re still struggling to figure out why. People everywhere are looking for an answer, for a way to make sense of what’s happened and what’s going to happen next.

確かに、従来のような“右”“左”の理論では測れず、経済格差という言葉でも、答えは不十分。何しろトランプは富豪の家に生まれた大富豪なのだ。貧しい人々から嫌われてもいいはずなのに……。難しい問題をあえて端的にとらえれば、「みんな飽き飽きしていた」ということになるかもしれない。“利口な人たち”が作った、お利口で生きづらい世界に。

Words like left wing and right wing or economic disparity are no longer enough. Trump was born into immense wealth and is, without a doubt, a staunch capitalist. He should be everything the poor despise, and yet they’re the ones who voted him into power. Perhaps the simplest explanation is that everyone was plain fed up with the status quo and wanted to shake things up. The result is a world made by the political elite and pundits, but certainly not for them.

2000年代、世界は急速にグローバル化していった。東京だってそうだ。20年前の東京に、外国人はこんなにいなかったし、世界はもっと遠い存在だった。当時の人からすれば、Airbnbなんてサービス信じられないし、きっと当時そのサービスがあっても、上手くいかなかっただろう。
さまざまな国が国際化していく中で、お互いの価値観が近づき、世界を理解しやすくなるようにも思えたグローバル化だったが、結果はグローバルを“共有できる人たち”と“共有できない人たち”を生むことになった。むしろ、世界はとんでもなく複雑化してしまったという印象だ。難民問題やイスラム国のテロ、人口減少に人口爆発、経済格差などなど、出口の見えない問題が山積みになっている。ビッグデータにディープラーニングと、解析技術は進化を続けているはずなのに、さまざまな問題に対する解決の糸口は一向に見えない。
そこで、こんな素朴な疑問を抱いても、不思議はないだろう。つまり、「“頭のいい、進歩的な奴ら”に世界を任せてきたはずだ。なのに、なんでこんなつまらなく問題だらけの世界になっちまったんだ?」という疑問である。
一方で、これまで社会をコントロールしてきた“利口な人たち”にも同情したくなる。彼らはこう思っているのではないだろうか。「世界はいつから、こんなにコントロールしにくくなってしまったんだ?」と。
いわゆる“隠れトランプ支持者”と呼ばれる人々は、電話調査はもちろん、SNS上ですらも、最後までヒラリー支持者としてふるまっていた。そうしないと、周りの“利口な人たち”から馬鹿にされるのではと、恐怖を感じていたからだ。従来型の調査や、世論形成のやり方が通じない時代。まさに、世界はいま、制御不能に陥っている。

Globalization really took off with the turn of the century, and Tokyo is no exception. There weren't nearly as many foreigners in the city twenty years ago, and the rest of the world felt so much further away. Services like Airbnb were unthinkable, and even if they did exist back then they would have likely failed fast.
With international borders seemingly disappearing you’d think that a heightened global understanding was only natural, but the opposite has come to pass. It’s opened a rift between the haves and have nots. Rather than simplifying things globalization has only made matters more complicated. From the refugee crisis and Islamic extremists to overpopulation and economic injustice, we’ve created a slew of new problems with no solutions in sight. Despite advances in big data and deep learning we’re not a single step closer to solving any of our greatest challenges.
When you consider all this, it’s no surprise that people are being driven by unsophisticated impulses. They put their faith in politicians and scientists to run the world and look where it’s gotten them.
On the other hand, you have to feel for the establishment. They’re been left in the dust to scratch their heads and wonder “at what point did we lose control?”
Fearing public shaming by so-called smart people, there were a great number of people supporting Trump from the shadows. On social media and in the polls they claimed to back Hillary Clinton, only to vote for Trump when the time came. Because of this trend public surveys and polls may no longer be of use, another sign that whatever control there may have been is gone.

ドゥテルテ大統領は歴史にどう判断されるのか

How will history judge President Duterte?

アンコントロールな世の中で、“利口な人たち”は目の前の問題を解決できないまま、立ち尽くしている。いや、あの手この手を試したのは間違いない。しかし、どれも過去の成功事例を基にしたものだったり、どこかの誰かに配慮したものであったり、自分が失敗しないように目標値を下げたものであったりと、いまいち実行力にかけていたのかもしれない。手段と目的が逆転しているような、そんな印象だ。このやり方を続けても、混とんとした世界に解決策は見いだせないのではないかと、不安になってしまう。
そんな時代に求められたのが、ドナルド・トランプであり、ロドリゴ・ロア・ドゥテルテなのではないだろうか。すでに大統領として約半年間、権勢をふるってきたドゥテルテ大統領の政策は、実にNOTORIUSなものだった。

With control lost and problems piling up, the establishment’s all but curled into a ball and given up. To their credit, they tried. The problem is that they were playing according to old rules which no longer apply. Too much has been based on past results and catering to others’ wills, lowering the goal posts to the point where they’ve become ineffective. It’s as if they work only to serve the system and not the other way around. Without a dramatic change it’s hard to envision an exit strategy from this downward spiral.
Enter the Donald Trumps and Rodrigo R. Dutertes. Just half a year into his brutal reign the latter has proven that he’s as notorious as they come.

写真:ロイター/アフロ 写真:ロイター/アフロ

特筆すべきは、麻薬撲滅政策だ。ご存知の方も多いだろうが、彼は就任後の施政方針演説で、「麻薬王や資金源、密売人の最後の一人が自首するか、あるいは投獄されるまでやめない。彼らが望むならあの世に葬り去ってもよい」と言い放った。そして実行に移す。わずか1ヶ月余りで、麻薬犯罪に関わる容疑者を逮捕現場で射殺する事件が、1800件発生。これに対し、国連人権高等弁務官事務所は、「超法規的な処刑から国民を守るため必要な措置を取るよう求める」と声明を発表するが、ドゥテルテ大統領は強く反発。一時は国連の脱退をほのめかすなど、いまなお態度を変えていない。
彼の信念はシンプルだ。フィリピンの麻薬ビジネスは、官民結託による腐敗の象徴といえるもの。それを根絶やしにしたいのだ。そのための手段が、“麻薬撲滅戦争”である。しかし、そこで実際に起きているのは、まさに“超法規的な殺人”としかいえない。麻薬の密売に関わってきた警察官らが、密売人や常習者を“口封じ”しているという報道もある。ドゥテルテ大統領がそうした実態を認識していないとは思えず、事実上黙認している状態だ。しかし、国民はそんな彼を熱狂的に支持しており、10月、つまり“麻薬撲滅戦争”開始以降に行われたフィリピンの世論調査※では、ドゥテルテ大統領の仕事ぶりに「満足」している人の割合は、76%に上ったという。
ロドリゴ・ロア・ドゥテルテ。彼は歴史に名を刻む人物になるだろう。しかし、その政策はどのように記されるのだろうか。偉大な大統領? 悪名高き大統領? まさにNOTORIUSな存在である。

※独立系機関「ソーシャル・ウェザー・ステーションズ」が9月24日~27日に実施。対象者は1200人。調査の質問は麻薬犯罪対策には触れていない。「不満足」は11%。
参照元:http://www.jiji.com/jc/article?k=2016100600585&g=int

Let’s take a moment to look at his war on drugs. As many of you know by now, after his inauguration he made several speeches stating that he wouldn’t stop until every last drug dealer, financier and trafficker was dead or in prison. And he meant it. After only a month there were over 1800 documented cases of suspects being killed without trial. UN-appointed human rights experts have condemned his actions only to seemingly spur him on more. In fact, he’s now threatening to leave the UN for good if they try to interfere with his policies.
His aim is rather simple. The drug business is a major source of corruption in the country. He wants to eliminate the symptoms by taking out the cause using any means necessary. Hence the “war on drugs.” In reality, he’s greenlit a mass extralegal murder spree. There are reports that corrupt police have been killing off dealers and addicts who might have something on them. Not only does Duterte know this is happening, he’s reveling in it. What’s more, the country seems to be backing him with overwhelming support and his approval rating currently stands at 76%.
Rodrigo R. Duterte. He’s already ensured that his name will be in the history books. What they’ll say about him is another story. Whether he’s remembered as a great ruler or an evil madman, he’ll always be notorious.

写真:AP/アフロ 写真:AP/アフロ

混乱の中でも何かを決める、NOTORIUSなヤツら――吉と出るか凶と出るか

During political upheaval Notorious Bastards take over the reins--but only time will tell what they do with them

写真:AP/アフロ

日本はどうなるのだろうか?業界や分野を絞れば、そうした傾向の一旦が垣間見える。例えばテレビの地上波放送。「テレビがつまらない」という話はもう何年も前から語られている。その要因として大きく横たわるのは、「品行方正であることを宿命づけられたメディア」である、動かしようのない状況だ。

Where will Japan fall in all of this? If you break everything down by industry or field, the trends become clear. Take TV, for example. For years now it’s commonplace to hear people complain that TV just isn’t interesting anymore. A big part of this is that the media has backed themselves into a corner by putting political correctness at the top of their agenda.

限られた公共の電波を利用している以上、そこで放送される番組は、“公共の利益”に配慮した内容でなければならない。「最近のテレビはつまらない」と愚痴るアラフォー以上の世代が見ていたテレビ番組、つまりゴールデンタイムに「女性のおっぱいがポロリ」したり、「悪役プロレスラーが相手の額にフォークを突き刺す」ような番組を流していた昭和の時代が、むしろ異常であったと言えるだろう。
しかし、当然のごとく、品行方正なコンテンツなんて、面白くもなんともない。毒にも薬にもならないとはまさにこのことだ。「“利口な人たち”に政治を任せていたら、世界がつまらなくなった」のと同じように、“利口な人たち”が作るテレビもまた、つまらないものとなった。その一方で、そんな制作環境に嫌気を覚えたクリエイターたちは、次々とネット動画コンテンツに参入。地上波では絶対に流せない、 “毒にしかならない”ような番組作りを始め、テレビ局内の制作スタッフから、「羨ましい」という声があがるようになってきた。
集団の和を貴ぶ日本では、なかなか個人として強烈な存在、“NOTORIUSなやつ”は生まれにくい。しかし、このテレビ業界の例のみならず、“利口な人たち”が作った品行方正な世界に対して異を唱える動きは、様々な場所で顕在化しつつあるように思える。
未来は、従来型の“利口な人たち”にとって、とても居心地の悪いものになるだろう。何しろ、それまでコントロールできていたものが、制御不能になっていくのだから。そんな混乱する世の中で物事を動かせるのは、シンプルに考えて決断し、行動できるタフなやつらだけ。これはなんというか、“最終手段”といもいえるような選択肢だ。追い込まれた人たちが、仕方なく選ぶ未来……。吉と出るか凶と出るか。
時代は今、NOTORIOUSなヤツを求めている。

As long as they are using public airwaves, their content has to at least pretend to be for the good of the people. The reason that older generations can’t get down with modern programs is that they grew up with a radically different type of programming. The kind where prime time shows featured breasts popping out of tops and pro wrestling heels carved into their opponents heads with kitchen utensils.
Naturally you can’t make interesting content when you’re afraid to veer from PC guidelines. What you get in return is the very definition of bland. In the same way that leaving politics to the elite led to one disaster after another, leaving TV in their hands has made for some abysmal entertainment. The industry is facing a major brain drain as creators who’ve become fed up with the system migrate to Internet programming. Now that they are free to make “malicious” content once again, their peers back at the TV stations can only say one thing--”we’re jealous.”
In a country that values the good of the group so highly, you don’t see too many notorious characters. Nonetheless, just like the TV industry we’re starting to see more and more people tire of the establishment and do things their way.
Whatever the future may hold, it certainly isn’t going to be comfortable for the establishment. Their conventional ways are outdated and they’re only going to continue losing control. Only the most rash and brash can truly excel in times of upheaval like this. In a last ditch effort to force the hand of change, we’ve put them into power. Only time will tell whether that change will be for better or worse.
The times are changing, and right now they’re calling for Notorious Bastards.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN