本当にセックスしないの? いまどきゲイのリアルセックス事情 Are we really not having sex? Young men share what it’s like to be gay in Tokyo

との向き合い方も時代とともに多様化し、ジェンダーレスというワードが自然と浸透しつつある今日、若者のセックス事情を取り上げた本企画の最終編としていまどきのゲイ3名に話を聞かせてもらった。性的マイノリティとして生きながら、あでやかに自分のあり方を体現する彼らのリアルなセックス観には品格すら感じさせられた。

We’re living in an increasingly open-minded age in which words like ‘genderless’ no longer shock or amaze. For the last installment in this series looking at the sex lives of young Tokyoites we spoke with 3 gay men. Read on to hear how they managed to keep their dignity and stay true to themselves despite growing up in the sexual minority.

ゲイのサラリーマン

山田 / 23歳 / サラリーマン

Yamada - 23 - Salaryman

都内在住。メーカーに勤務する。年下〜同年代の二重で丸顔の男性が好み。普通っぽい雰囲気の人に惹かれる。

Resides in Tokyo. Works for a manufacturing company. Likes same-age or younger men with double eyelids, round faces and plain appearances.

ゲイの学生

高橋 / 24歳 / 学生

Takahashi - 24 - Student

都内在住。ゲイバーでバイトをしている。好きなタイプは長身でホリが深い外国人。ツンデレで強引なところがあるとなお良し。

Resides in Tokyo. Works part-time at a gay bar. Likes tall foreign guys with deep set eyes, especially if they’re forceful.

ゲイのデザイナー

ケイジ / 26歳 / デザイナー

Keiji - 26 - Designer

都内在住。ファッション業界に身を置き、忙しい合間を縫って週末には新しい男性と知り合う。好みの男性は正社員。

Resides in Tokyo. Takes time out from his busy fashion career to meet new men every weekend. Likes men devoted to their careers.

Q.自分のセクシュアリティに気づいたのはいつ?When did you realize that you weren’t like other boys?

山田:「割と遅かったです。高3か大1のころでした。最初は“自分がゲイなわけない“と思っていたんですけど、部活の男友達でめちゃくちゃ仲が良い子がいて“なんか好きかも”って。やけに気が合うなーって感じたんです。向こうがゲイかどうかは分からず……微妙なラインだったと思います。結局思いは伝えられず、いまも友達として遊んでます」

高橋:「僕は小学生のころですかね。林間学校で同じ班だった男の子がすごくお調子者で、自分のあそこを出してふざけてたんですけど、僕としては“あれ、興味あるかも”みたいな(笑)。振り返れば、幼稚園の年長くらいには男の子と身体の触り合いをしていて、そのときはすごくドキドキしてました」

ケイジ:「自分は18歳くらいのころだと思います。当時ホストをやっていて、お客様は女の子なんですけど、スタッフがメンズじゃないですか。オープン前の準備時間は、ほとんど男の人しかいないですよね。そのあたりです、気づき出したのは」

長い間“異性愛者”として暮らしてきても、ふとした瞬間に男性への特別な感情に気付くことがある。それは友達同士の延長にあったり、冗談半分の性的アピールを通して見出されることもある。初めは当事者もその感情を受け入れられずに見過ごすことも多いが、のちに振り返ると「そういえばあのとき……」とつじつまが合い、セクシュアリティを自覚していく。

Yamada: “Pretty late, actually. It must’ve been somewhere between my senior year of high school and my first year at university. I thought there was no way that I was gay, but at the same time realized that I kind of had a crush on a guy in my school club. We had this amazing chemistry. I couldn’t tell if he was gay or not, so I was walking a very fine line. We still hang out to this day but I’ve never told him how I felt.”

Takahashi: “I think I knew back in elementary school. At camp there was this wild kid in my group who would pull out his member as a joke. I couldn’t help but want to see more (laughs). As far back as pre-school I remember getting really excited touching the other boys.”

Keiji: “At around 18. I was working as a host. The clients were all female, but the staff were all male. The place was full of guys before doors opened. That’s when it dawned upon me that I might be gay.”

Men who’ve lived as straight their entire lives can suddenly realize they might be gay. Special feelings may begin to develop for a friend, or it might start as a playful fancy. More often than not, it’s hard to accept those thoughts at first. The more they think about it, though, the more things begin to make sense.

Q.カミングアウトをしたのはいつ?And when did you come out?

山田:「俺、(自分がゲイだということを)全然言わない。たまに言うことはありますけど。でも、言わなくても生活には特に支障がない。“彼女いるの?”って聞かれても、男性を女性に置き換えて話すみたいな」

高橋:「昨日か一昨日くらいに、もともとバイ(バイセクシュアル)として知られていた高校の先輩と、Instagramでフォローし合いました。大学1年生のころ、ゲイ向けのアプリを使い始めたときにその人を見かけたんですけど、そのときは思わずブロックしちゃったんです。やっぱりバレるのが怖くて。それから4〜5年くらいは黙っていたんですけど、向こうもゲイっぽいし、いまはもういいのかなと思ってます」

ケイジ:「3年くらい前ですね。“ゲイなの?”って聞かれて、“そうじゃないよ”とは言わなくなりました。でも、やっぱり周りから疑惑はかけられがちでしたよ。私としては、もともとこういう感じでやらせてもらってるんですけど(笑)。カミングアウトするきっかけになったのは、3年前に付き合ってた彼氏と交際1年が経ったことでした。付き合い出したころはだれにも言わなかったんですけど、関係が落ち着いてきたころに“もう、そろそろかな”と。仕事でも徐々に昇格しはじめたころだったので、怖いものがなくなったからだと思います。自分自身のことも許せるようになったんでしょうね。結局そのときの彼とは別れちゃったんですけど」

同性愛者であることを他人に知られるとき、当事者がいちばん恐れるのはその反応だ。ありのままの自分で暮らしていきたいと思う反面、カミングアウトに至るまでは相当の覚悟を必要とする。同じ性的マイノリティをも、周囲の反応を恐れるがあまり拒絶してしまうことがある。

Yamada: “I never tell people I’m gay. Well, maybe sometimes. It doesn’t really affect my life either way. If someone asks if I have a girlfriend, I talk about boyfriends as if they were a girlfriend.”

Takahashi: “A day or two ago I linked up with a bisexual upperclassman from my high school days on Instagram. In my freshman year of college I joined a gay dating app and found him on it. I blocked him right away. I guess I was afraid of getting caught. That was 4 or 5 years ago. I figured we’re both gay adults now so there was no reason to hide anymore.”

Keiji: “3 years ago. I stopped denying it when people asked me if I was gay. A lot of people had figured it out already anyhow. I’ve always just acted like myself (laughs). I decided to come out after I had been dating a guy for a year. I didn’t say anything for the longest time, but things were going well between us and I just felt the time was right. I’d also just gotten a promotion at work so I didn’t have anything to fear there. Maybe it was that I was finally able to accept myself. Our relationship didn’t work out, though.”

The scariest part about coming out are the reactions. It takes an amazing amount of courage to be able to declare your true self to others. When even telling other sexual minorities could lead to rumors getting out, it can feel like there’s no one you can turn to for support.

Q.家族や割と近い関係の人にはカミングアウトした?Have you come out to family members or anyone else close to you?

山田:「全然言ってないです。友達数人くらい。あまり聞かれもしないし」

高橋:「僕には姉がふたりいるんですけど、めっちゃ聞かれましたよ。それでも否定してきた。でも否定すると“なんだ違うんだ、つまんない”とか言ってくるんです。姉たちが別に否定的じゃないことが分かっただけでも、僕はすごく楽です。いまは、ふたりとも気づいてるかな」

ケイジ:「僕も言ってないです。“(自分がゲイだということを)察してほしい”って気持ちは本当に分かる。でも最近は、ちゃんと言わなきゃって思ったりもします。なにも知らずに親にそのまま死なれたら、自分が嫌。その一方で、カミングアウトするにしても自分が言いたいだけなんだろうな、と思う。私は親と結構仲が良いんですけど、もともと話し方もこんな感じだしカミングアウトしても驚かなさそう。でも、タイミングはいまじゃない気がする。“この人と一生、生きていきます”っていう人ができてからかもしれない」

カミングアウトをすることに、当事者たちは前向きでも後ろ向きでもない。自分のセクシュアリティを告げる相手が、自分にとって“大切な人”であるかどうかが大きなポイントとなる。大切な相手を傷つける可能性があれば、自分のエゴを優先することもない。

Yamada: “I haven’t said a word to anyone save a few friends. They don’t ask and I don’t tell.”

Takahashi: “My two older sisters used to hound me, but I always denied it. They’d be like “You’re straight? How boring…” Just knowing that they could be accepting was a huge relief. I wonder if they’ve figured it out by now.”

Keiji: “I haven’t said anything either. I totally understand why there is pressure to come out. I feel like it’s about time I did as well. I can’t stand the idea of my parents dying before I tell them. Then again, maybe it doesn’t matter either way. I’m close with my parents and they know how I talk. I doubt they’d be surprised. The timing doesn’t feel right yet. Maybe if I met a guy who I wanted to settle down with...”

The biggest factor in coming out to someone seems to be how important they are to you. The more you love them, the harder it becomes. Who would want to risk hurting their loved ones for the sake of their own ego?

Q.男性のどこに色気を感じる?What do you find sexy in other men?

高橋:「手です。ゴツゴツした手。なんか守ってあげたくなる」

山田:「ぱっちりした二重。僕は可愛らしい人が良いです」

ケイジ:「なんだろう……特に好みのタイプとかはないけど、ヒゲはあってほしいかも」

テレビのバラエティ番組でよく見かける“オネエ”は、女装要素が強かったり、極端な女性語を使ったりする人が多い。しかしそれが、すべてのゲイのあり方ではない。ひと口に“ゲイ”と言っても、身体の線が細く可愛らしい見た目の男性もいれば、鍛え上げられた筋肉が魅力的な男性もいる。またふっくらとした身体つきが包容力を感じさせるような男性も。ストレートの男性、女性、レズビアン編と同じ質問をしてきたが、上記のことを踏まえると今回はいちばん性差が少ない回答を得られたような気がする。

Takahashi: “I like hands. Big gnarly hands. They make me want to take care of the guy.”

Yamada: “Really striking double eyelids. And I like cutesy guys.”

Keiji: “Hmm, I don’t have a specific type, but I do like facial hair.”

The portrayals of gay men in the media tend to be limited to ‘Onee,’ overly effeminate men who’re usually in drag. They’re hardly representative of the entire gay community. For every cute, slender fem there are as many burly macho men or plus-sized guys, and everything in between. We’ve asked straight men and women and lesbians the same question, but these are the gender-neutral answers we’ve received yet.

Q.異性に対して性欲は湧かない?Do you feel any attraction to the opposite sex?

山田:「俺、割と普通に女の子が好きだったんですよね。高1、2くらいまでは女性と付き合ったりもしてました。でも男性にも多少の興味があって。友達関係だけじゃない、特別な感情があった。“自分がゲイなわけないだろ”ってずっと思ってたんで、最初は受け入れ難かった。18歳ぐらいのころに初めてそっち(ゲイ)の人に出会って、“なんだ、普通じゃん”って」

高橋:「好きな人はいました。でも恋愛感情だけ。ひとりだけ性的に興味を持った女の子もいたけど、2年くらいの片思いの末、自分のなかで吹っ切れたんです。そしたら、“次、男行きたい”みたいな」

ケイジ:「私は付き合ってた女の人、いましたよ。普通にやること(セックス)もやってたし。上京してきたばかりのころ、先に上京してた友達に二丁目(新宿二丁目)に連れて行ってもらったんです。その人はノンケ(異性愛者)なんですけど、二丁目にも行くタイプで。それがきっかけで“こういうコミュニティもあるんだ”って知ったんです」

高橋:「僕は女性との身体の関係はないですね」

山田:「僕もないです。小6のころ、同級生の女の子の家に泊まりに行って布団の中でちょっと触ったくらい。上半身だけね」

3名とも女性を好きになったことはあるが、その関係に“なにかが違う”という違和感があったわけでもない。やがて自然と恋愛対象は男性に変わった。それは自分自身や他人に対する探究心が、本人にとってもっとも居心地の良い場所へと導いたようにも見える。

Yamada: “You know, I really used to like girls. I had girlfriends in my first two years of high school. I just also happened to be interested in boys, and I don’t mean as friends. It was hard to accept those feelings at first. I kept telling myself there’s no way I could be gay. Then I met my first gay friend when I was 18 and realized I wasn’t a freak.”

Takahashi: “I’ve liked girls romantically before. I was even sexually attracted to one, but gave up after two years of her not sharing those feelings. That’s when I moved to men.”

Keiji: “I dated a girl once. We had sex just like any other couple. Right after I moved to Tokyo a friend who’d already moved out here took me to Nichome (a popular gay district in Shinjuku). He’s straight but he hangs out there sometimes. It was a real eye opener”

Takahashi: “I’ve never slept with a woman.”

Yamada: “I haven’t either. The closest I got was feeling up a girl at a sleepover in the 6th grade. Strictly above the waist, mind you.”

All three men report having had honest feelings for a woman at one point or another. Somewhere along the line, their interest happened to shift toward men. What started as curiosity led to another, more suitable way of life for them.

Q.どんな風に男性と出会っているの?How do you meet men?

ケイジ:「自分はアプリで出会うことが多いです。そこで連絡先も交換しちゃう」

高橋:「二丁目のクラブは乱痴気騒ぎするためだけに行ってる。最初のうちは“イケメンとか外国人とかいないかな”って感じだったけど、最近は全然。とりあえずテキーラめっちゃ飲んで頭パキッとけば良い」

山田:「ゲイ向けのアプリはセックスのため、って感じ。やっぱり身体の相性を見てから、付き合うか付き合わないかをちゃんと判断したい。付き合うことになってから、相性が合わないってなったら“どうしよう”ってなっちゃうし」

高橋:「アプリを媒体としなくても、バイト先の店でゲイの友達が増えていって、友達の友達と仲良くなって、ヤッてみたいな感じ。関係が浅い人とヤるから、そのあとも別に気まずくはならない」

山田:「俺は割と、友達とヤッちゃうこともあります。でもそれは、友達の延長線上の行為だからいいかな、って」

ケイジ:「私は絶対に友達とできないですね。結構縁遠い友達とならありかもだけど」

レズビアン編でも見られたように、ゲイ同士もアプリを活用して出会うことが多い。しかし彼らにとってのアプリはセックスが目的となる印象が強い。「ゲイ同士は会ってすぐに“ヤろうよ”となることも多い」と、ある者は言った。これだけでは性に奔放なように聞こえるが、ゲイにとってのセックスとは人生最高のパートナーを見つけるまでの大切な前儀式でもあるのだ。

Keiji: “Apps, mostly. I give them my contact info and go from there.”

Takahashi: “I only go to Nichome clubs when I want to go wild. I used to go there looking for hot guys or foreigners, but now I just want to drink a load of tequila and lose my mind for awhile.”

Yamada: “Gay apps are good for finding sex. I like to know how sexually compatible we are before I start dating a guy. It sucks to find out the guy is no good in bed after you’ve already started dating.”

Takahashi: “Even without apps, I’m meeting a lot of guys through gay friends at work. I get to know friends of friends and we hook up. If you barely know the person there’s no bothersome awkwardness afterwards.”

Yamada: “I have sex with friends quite a lot. I see it as an extension of our friendships.”

Keiji: “I could never sleep with a friend. Maybe with a distant acquaintance...”

Our previous interview showed that lesbians also rely on dating apps to find partners, however the men seemed to use apps more for sex than finding long term relationships. One guy mentioned that it’s not uncommon for gay men to initiate sex right after meeting. As extreme as that sounds, you have to remember that this is a sort of ritual for them, and the first step in finding their ideal partners.

Q.一回セックスしたらその後も会う?Do you keep seeing guys after a one-night stand?

高橋:「本当に気が合えば、一回セックスした後にまた会うことはあります。でも、僕の場合、付き合うか、一回ヤるかだけの二極化してる感じなんですよね。身体の相性が良かったらセフレにするかな。セフレは恋人になるまでの移行期として捉えてます。セフレになってその先に、恋愛関係が発展するならヤるし、発展しないならセフレの関係をやめちゃいます」

山田:「“こいつとは付き合わなくていいや”、“こいつはちょっと違うかな”って感じたら、その人とは付き合わないです。でもヤりはする。両者の決定的な違いはそんなにないですね。トータルで相手のことを見て“別にそれほどでもないかな”って感じならセフレ」

ケイジ:「彼氏ができたら、セフレを一回清算するよね。連絡取らなくなるみたいな」

高橋:「繋がってると自分もモヤモヤするし、ふとした時にセフレに行きそう」

ケイジ:「そう、連絡を絶つの。相手には“彼氏できたから”って直接的な言い方はしないかな。私の場合は携帯変えちゃう!番号も変えて、LINEアカウントも変更。携帯を2台持ってるから、1台は仕事と大切な人用。もう1台はプライベート用として使ってる。どうでも良い人とか、今後のセフレ候補はプライベート用に入れて、いざとなったら番号を変えればOK」

セックスに積極的である一方で、パートナーができればセフレとはしっかり縁を切るといった堅実な考えも持っている。セフレと縁を切るときは、セックス面でも精神面でもバランスが良い人を見つけたということになるのだろう。決断すべきところでは心を決める潔さが小気味好い。

Takahashi: “If we really hit it off I’ll see a guy again. I tend to either dump guys after the first time or start dating them. Assuming they’re good lovers I might keep them around as a sex buddy. That’s like the first step toward becoming my boyfriend. If feelings develop, so be it. If they don’t, I‘ll eventually stop hooking up with them.”

Yamada: “If I start to feel I don’t need someone or they’re not quite working out, I won’t get into a relationship with them. But I’ll still sleep with them. The difference is whether I like the total package or not.”

Keiji: “You’ve got to let go of your friends with benefits once you get a boyfriend. You know, just stop contacting them for altogether”

Takahashi: “Yeah, if you stay in contact with them it’s hard to commit. You might find yourself hooking up with someone before you know it.”

Keiji: “Exactly. You’ve got to cut them off completely. I can’t just say “I’ve got a boyfriend now,” so I change my phone! New number, new LINE account and all. I have two phone--one for work and people close to me, another for private matters. People who don’t matter to me or sex buddy candidates all go into the latter. That way I can pitch it at any time.”

While they sleep around a lot, everyone says they cut off their flings as soon as they get a boyfriend. What’s the difference between the two? A boyfriend is someone who they click with both physically and emotionally. It’s truly impressive how they’re able to commit once they’ve made up their minds.

Q.セックスはどれくらいしているか?How often do you have sex?

山田:「正直、どこからがセックスになるのかってよく分からなくて」

高橋:「触り合ったらかな。射精したら完全にセックスにカウントします。キスは含めない」

ケイジ:「挿入したらカウント」

山田:「口でしたらカウントされるんじゃない?」

高橋:「うん、全然カウントしてる。バニラセックスね(キスや愛撫に重きを置き、フェラチオやアナルセックスを適度にするセックスの種類)」

ケイジ:「挿入のみ」

山田:「いま付き合ってる人がいて週1くらいで会うんですけど、セックスは月に3回くらいかな。1週間に1回あるかないか程度。もっとしたいとかいう気持ちはなく、これくらいで十分」

高橋:「現状、月に1回いかないくらいですね。二丁目にデビューしたてのころは週1回、毎回違う国籍の人としてました。新しい国籍の人は刺激が多いから、好奇心がくすぐられる。最近ターゲットを日本人に絞ってからは、モチベーションがあまり上がらなくて」

ケイジ:「私は週4とかかな。相手はアプリで見つけます。平日は職場と自宅の往復で終わっちゃうんですけど、土日が休みなので、そこで。土日の午前と午後があるじゃないですか、土曜の午前に1人、午後に1人、日曜の午前に1人、午後に1人とセックスすると、トータル4人でしょ。別にそれだけセックスしなかったら性欲がおさまらないとかじゃないんですけど。自分の場合、ストライクゾーンが広いみたいで」

レズビアン同様、ゲイにとっても、どこからどこまでがセックスになるのかの線引きはあいまいのようだ。しかし、それぞれが自分なりの解釈で身体の関係を楽しんでいる。良い相手が見つかったときに適度な頻度でセックスをする者、週末のルーティンワークのように勤しむ者……彼らのセックスの楽しみ方は非常に多様だ。

Yamada: “To be honest I don’t know what to consider as ‘having sex.’”

Takahashi: “Maybe it counts if you are touching each other’s bodies? If you cum it definitely counts. Just kissing isn’t enough, though.”

Keiji: “Insertion counts.”

Yamada: “So do blow jobs count then?”

Takahashi: “Oh yeah, that counts under vanilla sex (kissing, heavy petting or anything short of anal sex).”

Keiji: “Only insertion counts.”

Yamada: “I meet the guy I’m dating like once a week. We only do it 3 times a month or so. Once a week at best. That’s more than enough for me.”

Takahashi: “Lately it’s like once a month. When I first hit the scene in Nichome I was hooking up once a week, each time with guy from a different nationality. You never know what to expect with guys from different cultures so my curiosity was running wild. Now that I’m mainly targeting Japanese I’ve lost my motivation.”

Keiji: “I do it like 4 times a week. All guys I find on apps. Weekdays are out because of work, so I hook up on the weekends. You’ve got mornings and evenings to work with, so I try to fit a guy into each slot for a total of 4 in two days. It’s not like I can’t live without sex or anything. I guess I’m just easy.”

Gays, like the lesbians we interviewed, also have a hard time agreeing what constitutes as sex. In the end it all comes down to personal interpretation. For some, sex is reserved for when they meet that special someone. For others it’s a weekend routine akin to a second job. There’s no one way to go about it.

Q.オナニーはする?セックスとの違いは?Do you masterbate? How is it different from sex?

山田:「2日に1回くらい」

高橋:「毎日1回以上かな。僕の場合は動画を観るか、お風呂に入ったときに自分の姿を鏡で見ながらするんです。この感覚分かってくれる人少ないんですけどね(笑)」

ケイジ:「毎日しますね。でも1日2回以上はしないかも。私は動画観ながらするかな」

山田:「オナニーとセックスの違いは“触れ合い”。相手となる人がいるか、いないか」

高橋:「オナニーは生理的欲求を満たすだけ」

山田:「そうそう、セックスは終わったあとにすごく満たされた気持ちになる」

ケイジ:「1人でするのは物理的で、2人なら精神的。どちらも結局物理的ではあるんですけどね」

山田:「セフレとしても精神的に満たされないことはありますよね。無機質な感じ」

高橋:「うん、2人でするセックスの方がエロいから、“とりあえず”みたいなノリ」

山田:「好きな人とするときは割と満たされます」

これまでおこなってきたインタビューでも意見が挙がった通り、オナニーとセックスの違いとは、そこに他人の温もりがあるかどうかであり、最終的に精神的な満足感が得られれば理想的という程度のようだ。

Yamada: “Yeah, once every other day.”

Takahashi: “I do it multiple times every day. I either watch porn or look at myself in the mirror as I bathe. I don’t know how many people can relate with that one (laughs).”

Keiji: “Every day, but not more than twice in one day. I watch porn too.”

Yamada: “The difference is whether or not you’re touching someone else. Are you alone or with a partner?”

Takahashi: “I only jerk off to quell my sex drive.”

Yamada: “Yeah, totally. Sex leaves you with a completely different level of satisfaction.”

Keiji: “Masterbation is physical, sex is emotional. Well, in the end they’re both physical.”

Yamada: “Casual hook ups don’t always leave you with that emotional satisfaction. It’s like consuming empty calories.”

Takahashi: “Being with someone else is so much more erotic, so I’m usually like “why not?”

Yamada: “Sleeping with someone you like can be really fulfilling.”

Every interview we’ve conducted has concluded that the main difference between sex and masterbation is the emotional connection you make with your partner, as well as the level of satisfaction felt afterwards.

Q.1回のセックスにつき何回くらいするのか?How many times do you do it in one session?

山田:「基本的には1回。1回ヤッたら満足しちゃう」

高橋:「最近は1回。でも昔は3回くらいしたときもあるかな」

ケイジ:「だいたい1回ですかね。でも1回が4時間だったことがあるんです。その人とは付き合っていたんですけど、体位を変えたりするとイキづらくなるとかあるじゃないですか。彼はイこうとしてくれなくて……長すぎたことがトラウマになっちゃいました」

高橋:「僕の場合は、ちょっと長くても1時間くらいですね」

山田:「1時間超えることは滅多にない」

平均して1時間程度のセックスが体力や集中力の点から見ても、双方にとってベストのようだ。長すぎるセックスは、相手にとって苦い思い出として残ることもある。良いセックスとは身体の関係を通してお互いを思いやれるかどうかにかかっているのだろう。

Yamada: “Just once is enough for me.”

Takahashi: “Lately once is enough for me too. In The past it was more like 3 times.”

Keiji: “Usually just once. That said, one time has lasted for 4 hours. That was with an ex. You know how changing positions and whatnot makes it harder to cum? He would keep doing that and refuse to finish. It was so long I feel traumatized now.”

Takahashi: “I’ll go for an hour or so at the longest.”

Yamada: “I rarely do it for more than an hour.”

Everyone seems to agree that sex should only last for about an hour. Keep it going for much longer and your partner might get sick of it. Good sex comes down to how well you and your partner are able to communicate physically.

Q.日本の夫婦はセックスレス、といわれるが、理由はなぜだと思う?They say that the majority of married Japanese couples aren’t having sex. Why do you think that is?

山田:「結婚しちゃうと、それで満足しちゃうのかな。割とそこで終わっているような気がする」

高橋:「セックスをしたいからするっていうよりも、“子作りを頑張ろう”みたいなイメージが強いとか?」

ケイジ:「働きすぎっていうのもありそう。くたくたになるまで働いてから帰宅すれば、セックスをするほどの性欲も湧かない。性に対してあまりオープンではない、という日本人の性質も原因かもしれません。仮にセックスをしていても、出生率に結びついていないということであれば、日本のコンドームの品質が良過ぎるということもあり得ますね。薄さと強度の面が発達してるでしょ? 女性ならピルも飲んだりするから、避妊率も上がるし……。技術が進歩し過ぎてる可能性もあるよね」

山田:「“子供を作ることができても、持たない“っていう選択をしている人も増えてきてるんじゃないかな。でもそれが出生率低下のおもたる原因ではないような気がするけど。付き合いが長くなると、あまりセックスしなくなることが多いですよね」

高橋:「結構長く付き合ってるゲイの知り合いに“まだヤッたりするんですか?”って聞くと、10人に1人いるかいないかくらいの割合で、ヤッてるくらい。交際期間2年くらい経つと、だいたいみんなヤらなくなるね」

山田:「それでも一緒にいるのは、相手に余計な気を使わなくて良いからかな」

ケイジ:「パートナーと付き合って7年経つゲイの知り合いは、ほかの人とヤッてるっていってた。そのパートナーもまたほかの人とヤッてるんだろうけど、それは許容の範囲で、戻って来るところは同じ。性交渉がなくても、一緒に旅行したり、出かけたりしてる。自分もそういうのにあこがれます」

高橋:「そういうのいいな、とは思うけど、まだ自分のこととしては想像できないです。できれば“この人とずっとセックスしたい”って思える人と付き合いたくて。一方ではそんなの無理な気もする。もし誰かと長く付き合ってセックスレスになったら、結局ほかの人とセックスするようになっちゃうのかなと思います」

日本の夫婦のセックスレスの原因として、今回初めて挙げられた仮説は「働きすぎ」であることだ。日本の労働生産性はOECD(経済協力開発機構)でも世界最低水準(2014年)として知られており、残業や休日出勤も止むを得ない職場も多く存在する結果としては不本意ともいえる。仕事で疲れ切った身体では、体力を必要とするセックスには及べないのが現実なのかもしれない。

参考:
http://www.jpc-net.jp/intl_comparison/

Yamada: “I feel like some people are satisfied with being married. As soon as you tie the knot it’s over.”

Takahashi: “Doesn’t it shift from “We want to screw because we’re horny” to “Let’s try to make a baby?””

Keiji: “Overwork is probably a factor too. It’s hard to get into the mood after a long day on the job. Also Japanese people aren’t the most open about sexual matters. For the people that do have sex but aren't making babies, maybe it’s because Japanese condoms feel too good. They’re so thin but don’t break easily. More women are on birth control now too. Technological advances might be to blame.”

Yamada: “I think the number of people who can have kids but don’t want them has risen. That’s probably not the main cause of the low birth rate though. The longer you’re dating someone before marriage, the less you’ll want to have sex with them.”

Takahashi: “When I ask gay friends in long-term relationships if they still do it, maybe only 1 in 10 say yes. It seems like everybody stops having sex after the 2 year mark.”

Yamada: “The reason people stay together is because they can relax around each other.”

Keiji: “A gay friend who has been dating a guy for over 7 years said they sleep with other men. They allow it as long as they come home to each other in the end. They still go on dates and travel together. I aspire to that kind of relationship someday.”

Takahashi: “That sounds great to me, but I can't imagine myself being able to do it. I’d rather date someone I’d want to sleep with for the rest of my life. I get that that’s too idealistic, though. In reality if I found myself in a sexless relationship I’d probably be sleeping around too.”

This is the first time someone’s mentioned being overworked as a cause of the lowered national birth rates. According to a 2014 study by the Organisation for Economic Co-operation and Development Japan’s productivity is among the lowest in the world, possibly resulting from overwork and the difficulty of taking vacation days at Japanese companies. It’s not hard to imagine that people who spend all of their energy at work don’t have anything left for the bedroom.

Source:
http://www.jpc-net.jp/intl_comparison/

Q.将来子どもは欲しい?Do you want to have children someday?

山田:「たまに考えますけど、“物理的に無理だろうな”って思いの方が大きいです。仮に子どもを持ったとしても、世間の目が怖い。子どもがかわいそうかな、って」

高橋:「めっちゃあこがれる。男のカップルがベビーカー引いてるのとかみると、すごく楽しそうとか思っちゃいます。外国だとよくあるけど、日本でもしたい」

ケイジ「やっぱり欲しいと思います。昔は全然いらないと思ってたんですけど。社長(女性)が職場にたまに子どもを連れてくるんです。身近な人の子どもと触れ合えるようになってから、“子どもは欲しいかも”って思うようになって。日中はお世話できるけど、実際は夜の方が子育てって大変な気がします。自分が欲しいからといって養子をもらうかどうかは、いま考えても決断できないんですけど。そもそも子どもを欲しいとも思っていなかったので、最近は少しは気持ちに変化が生まれてきたのかなと思います」

高橋:「同性婚を認めてから出生率が増えた国もありますよね」

山田:「性的マイノリティはどの時代でもいましたからね。同性婚を認めたからって、出生率はそんなに変わらないだろうと思います」

高橋:「じゃあもし同性婚を認めなかったら、同性愛者が無理に異性と結婚して子どもを産むのかっていう話だと思いますよ」

ケイジ:「過去に“同性婚を認めたら少子化が加速する”と言った議員がいますけど、おそらく同性婚を認めたくないからそう意見を述べてるんだと思うんですよね。でも実際は(性的マイノリティが)ある程度いることを知っている上で話しているんじゃないですか。パートナーシップ制度が導入されたときに、同性愛者がある程度いることが可視化されるのが怖いんじゃないでしょうか」

2011年〜2012年の出生率データによると、早いうちから同性婚を法制化したベルギーでは出生率がアップし、カナダやスペインでは増減なしという結果が出ている。同性愛者同士がそれぞれの身体をもって子どもを作ることができなくても、それが直接的に出生率低下に繋がるわけでない。また性的マイノリティに比較的オープンな国では、代理母出産により、ゲイカップルが子どもを持つといった形も増えている。日本の出生率を上げるためには、“(性的マイノリティも含めた)他者に理解を持つこと”が必要なのではないか。理解が深まってこそ、安心して子どもを作れる世の中になりそうだ。

参考:
https://health.goo.ne.jp/news/2594

Yamada: “I think about it sometimes, but I’m pretty sure it’d be impossible. I’d be really afraid of how people would treat us. It wouldn’t be fair to the kids.”

Takahashi: “I’d really like to. Gay couples pushing around strollers look like they’re really enjoying themselves. That’s not uncommon in some foreign countries. I hope we can see that kind of thing in Japan someday.”

Keiji: “Yeah, I think I do too, though that wasn’t always the case. My company’s CEO sometimes brings her kids to work. Once I got to be around my acquaintance's children, I started wanting kids of my own. I could handle them throughout the day, but I feel like it’d be harder to take care of them at night. At this stage of my life I really couldn’t say if I’d adopt a child if the option were to present itself. I never used to want kids, so I guess something inside of me is changing with age.”

Takenashi: “I’ve heard some countries had birth rate increases after permitting gay marriage.”

Yamada: “There have always been people in the sexual minority. I don’t think legalizing gay marriage would have that much of an impact on birth rates.”

Takahashi: “Are you saying that if they couldn’t get married that all gays would force themselves to settle down with the opposite sex and have kids?”

Keiji: “Some politicians have stated that legalizing gay marriage would worsen the country’s population crisis, but I think they were just using that as an excuse. They know we’re out there, but allowing us to become legal partners would make us more official. They’re afraid of that.”

Belgium was one of the first countries to recognize same-sex marriage, and between 2011-2012 they actually reported a rise in the birth rate. France and Spain says gay marriage hasn’t had any impact on their birth rates. Supposing that gay couples can’t make their own babies doesn’t mean that they are going to hurt birth rates. Gay-friendly countries are even seeing a rise in babies born to surrogate mothers. Acceptance of sexual minorities may be key to reversing the abysmal birth rate here in Japan. A more tolerant country would help empower the LGBT community to start their own families.

Source:
https://health.goo.ne.jp/news/2594

Q.性的マイノリティとして生活する上で、社会に求めることはある?Is there anything society could change to make your lives easier?

山田:「もうちょっと性的マイノリティに対して、寛容になって欲しいとは思います。“普通にいるじゃん”くらいになってくれれば、別にそれ以上求めることはない」

高橋:「自分はクローゼット(自分のセクシュアリティを公にせず、隠しておくこと)なので、もっとカミングアウトしたい気持ちはあります。でも周りには“カミングアウトしても大丈夫だよ”ってオーラを発して欲しい。カミングアウトすればするほど、性的マイノリティの人口が可視化されて、もっと寛容な社会になると思う。そもそもカミングアウトすること自体が簡単ではないから、いっそのこと性的マイノリティ共通のバッヂとかつけてほしい(笑)」

ケイジ:「年配の方が性的マイノリティに関する話題を取り上げてるシーンをよく目にします。でも最近はちょっと標的にされすぎやしません? もうちょっと放っておいてほしいと思います。いままでだってそれなりにやってきたし、あからさまな助けは求めていないんです。向こうからしたら“性的マイノリティにとって良い環境にしてあげましょう”みたいな気持ちなのかもしれないんですけど、特別なことは求めていないのが本音です」

日本のLGBT※人口は、約7.6%(2015年現在)。潜在的なLGBTはより多く存在するはずだ。7.6%という数字は一見少ないように見えるが、世界の左利き人口が約10%、日本のAB型人口が約9%というとLGBTが本当の意味で“マイノリティ”であるかどうかは、身近に当事者がいるかどうかにもよるところだろう。その誰もが自分らしく人生を送ろうとする美しき戦士であり、その志にストレートの人々と相違はない。

(※LGBT…レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを意味する頭字語)

参考:
http://logmi.jp/67894
http://wotopi.jp/archives/22780

Yamada: “I’d like people to be more tolerant. I’m not asking for much, just to be seen as normal people.”

Takahashi: “I’m still in the closet, but I’d like to come out eventually. I wish there was a more supportive atmosphere for people in my situation. The more people who come out, the larger the LGBTQ population would grow, and eventually people would get over it. It’s not easy to come out, so I almost wish there was a badge we could wear to identify one another (laughs).”

Keiji: “I hear more and more adults discussing LGBTQ matters, but I feel like it’s gone overboard. I wish people would worry a little less about us. We’ve survived this long on our own, and it’s not like we’re begging for it. Maybe they’re just trying to help, but honestly I don’t feel like I need it.”

Japan’s LGBT population was approximately 7.6% in 2015. There are certainly even more if you consider people who are still in the closet. 7.6% sounds low until you consider that the number of left-handed people in the world is only around 10%, or that 9% of Japanese people have the AB blood type. Whether or not you see them as a minority all depends on if you know one personally. When you realize that everyone is fighting their own internal battles, you’ll realize that we are all the same.

Source:
http://logmi.jp/67894
http://wotopi.jp/archives/22780

Q.⾃分にとってSEXとはなに?What does sex mean to you?

⼭⽥:「⼈とのつながりの再確認」

⾼橋:「“FUN”って感じ。楽しみたい、ちゃんと」

ケイジ:「⽣き様ですね」

今回インタビューした3名にとって、セックスはあくまでも愛情確認のツールのひとつでしかないといった印象だ。セックスの先にある本質的な意味での幸せを求め、それまでの過程は⼼のままに楽しむ。⾝体ひとつで⽴ち向かう彼らの勇敢な姿にエネルギーをもらった気がする。

Yamada: “Itʼs an affirmation of your bond with someone.”

Takahashi: “Itʼs fun. I want to have fun, and lots of it.”

Keiji: “Itʼs a way of life.”

After speaking with these guys, it became clear that they see sex as a way to channel their emotions. Itʼs the first step to finding long term happiness with a partner, and an enjoyable one at that. After hearing their selfless, inspirational stories, I feel like Iʼve become a little more empowered myself.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN