レディー・ガガのシューズも手がけたアーティスト、舘鼻則孝が考える東京とは? vol.2 NORITAKA TATEHANA is the artist who designed Lady Gaga’s shoes. What does he think of Tokyo? (Volume 2)

世界から見た日本、東京の姿How the World Views Japan and Tokyo

東京藝術大学の卒業制作で、花魁の高下駄からインスピレーションを得て生み出した「ヒールレスシューズ」がNYのメトロポリタン美術館に永久収蔵。そして20代にして“あの”レディー・ガガのシューズを手がけたことで一躍その名を轟かせるなど、世界のファッションやアートシーンから熱い視線を集めている重要人物、舘鼻則孝。現在ではシューズデザイナーの枠を超え、芸術家としての活動でもさらに注目が高まっている。Vol.2では、舘鼻則孝にとっての創作、日本と東京について聞いた。

For his graduation project from Tokyo University of the arts, Noritake Takehana created “heel-less” shoes inspired by the tall geta of an oiran, or Japanese courtesan. The heel-less shoes from this project are now part of the permanent collection at New York’s Metropolitan Museum of Art. In his 20s, his heel-less shoes became famous worldwide after he produced them for Lady Gaga, and Tatehana-san is now receiving much attention in the international fashion and art scene. Presently, Tatehana-san has transcended being just a shoe designer, and is gaining acclaim for his broader work as an artist. In Volume 2 of our interview, we ask Tatehana-san about his works, and about his views of Japan and Tokyo.

Q.舘鼻さんは日本文化の中で、どういうところにフォーカスが合ったんですか?What elements of Japanese culture did you focus on specifically?

文明開化で海外の文化が沢山入ってきたのが明治時代なんですが、僕が注目したのはそれ以降の文化です。当時の“サブカルチャー”とも言える海外の文化が日本に馴染んで、ようやくこちらから発信できるようになったのが、明治から100年くらい経った「今」だと思うんです。だから僕が注目しているのは「今の日本のあり方」。海外の文化もミックスされて、着物じゃなくて洋服を着ている我々が、「今の日本の中で素晴らしいものは何なのかを問い直す」ことを作品で表現しているというわけです。

The Meiji Era (1868- 1912) is when foreign culture really burst into Japan, but my focus was on Japanese culture before the Meiji Era. Before Meiji, foreign culture could be thought of as just a subculture in Japan. Here we are, over 100 years since the end of the Meiji Era, and I think only “now” are we really able to transmit contemporary Japanese culture abroad. That’s what I’m focused on – the “now” of Japan. Japanese people now mix “foreign” cultures with their own, and wear western style clothes instead of kimono. So through my work I express what I feel are the wonderful aspects of contemporary Japan.

Q.国宝は2000年代以降なかなか出ていないというお話もありましたが、意気込み的には今後の国宝を作るようなお気持ちですか?You mentioned that not many designated “National Treasures” have appeared in the 2000s. Do you have any desire to produce something that will become a National Treasure?

HAIRPIN SERIES, 2014

HAIRPIN SERIES, 2014

巨大な漆のかんざしに、舘鼻のアートに対する心境を表現した英語をカタカナで記し、螺鈿で加飾した立体作品。


On this oversized lacquered hairpin, Tatehana-san expresses his artistic philosophy using English rendered in katakana.

作品のタイプ的にも国宝向きじゃないし、少なくとも僕が生きている間には国宝にならないとは思います。でも100年200年後に見た時に「今の時代」をちゃんと残したいんですよね。例えば海外の美術館では少し前の日本の携帯電話とかも収蔵されているんです。でも2000年代を後から振り返った時に、そういうものしか残っていなかったらちょっと嫌じゃないですか。アニメやゲームも2000年代の特徴かもしれないけど、どんどんそれらもパッケージする時代に入っていることを意識し始めるべきです。

My work really isn’t the type that becomes a National Treasure, and besides, nothing I make could become a National Treasure in my lifetime. But I want to create things that, 100 or 200 years in the future, could be said to represent today’s era. For example, Japanese mobile phones of a few years ago are part of the collections in overseas museums. For the people who look back on our era in the future, we need to have more and different representations of our contemporary culture. In the same way, anime and video games are a core part of culture in the 2000s, so we need to think about how to package that part of our culture for posterity’s sake.

Q.いま、世界から日本の文化はどう見られていると感じていますか?How do you feel the world sees Japanese culture today?

クールジャパンとかもそうですけど、日本が力を入れているようなものほど海外の人は注目していないですよね。たとえば海外の人から見れば「表参道よりも竹下通りの方が面白い」とかね。決して日本人は竹下通りを世界に売り込もうとはしていなかったんだけど(笑)。俯瞰した立場で判断するのは難しいけど、僕らもどういうことが起きているのか知らないといけない。いま星のように散らばって活躍している日本人を繋げた時に、どういう星座になっているのかを考えなきゃいけない時期に来ていると思いますね。

I think that the “Cool Japan” campaign shows that the cultural elements that Japan tries to promote abroad are not necessarily the cultural elements that people abroad find interesting. For example, foreign people seem to think that Takeshita Street is more interesting than Omotesando, despite the fact that Japanese haven’t promoted Takeshita Street at all! I know it’s tough to find consensus, but we need to try. Right now our opinions are scattered like stars and we need to bring people together in coherent constellations.

SMALL SHRINE, 2014

小さな厨子を表現し、螺鈿で自身の名前と装飾を施した作品


Representing a small shrine, this work uses lacquer and abalone shell ornamentation.

Q.都市としての「東京」についてはどうですか。How do you feel about Tokyo as a city?

日本人というのはすごく編集能力が高いんです。だからお台場でもどこでも、埋め立てたところに「何を入れるか」というのを考えてしまって、かえって土着感がなくなってしまっているように感じます。このあたり(青山)も昔からちゃんと土壌があるはずなのに、経済的な価値での「土地」としてしか見られていないところがあります。そこに元からあるものや人を置き去りにして、作ろうとし過ぎちゃうんでしょうね。

Japanese people are naturally inclined to always want to edit or revise things. So whether you look at Odaiba or other places, they become fixated on cramming new things into reclaimed land, and I feel that the original sense of the place is lost. In the old days, this area of Tokyo (Aoyama) used to have open spaces, but when everything is parceled up into monetized plots of land, the original people and structures are displaced in the name of development.

Q.確かに東京に住んでいると、下町方面の方が面白く感じますよね。I guess it’s true that for those living here, the shitamachi (old town) districts are more interesting than modern Tokyo.

うん。だから海外の人たちもそっちに向かうんだと思いますよ。それがオリジナルだからですよね。下町に行くと外国人が地図持って迷ってるじゃないですか。それぐらいがいいんですよ。彼らは探したいんです。

That’s right—that’s why foreign people flock to those areas—those areas have originality. If you go to a shitamachi district, you see foreigners holding maps and wandering around—that’s exactly as it should be. They’re searching for something meaningful there.

Q.最後に舘鼻さんにとっての「東京」とは、どういう存在ですか?Finally, what does “Tokyo” mean for you?

東京は自分にとってはベースというか、基地みたいなものです。そこから360度見回して、海外やどこに行っても戻って来る場所。だから僕の作品も、特に海外に人には日本に来て見てもらう方がいいと思っています。「物ありき」じゃなくて、どういう場所で育ってどういう環境で作っているかを含めて見て欲しい。そういう場所が今の東京には足りていないので、もっと必要だと思いますね。

Tokyo is really my home base. From Tokyo I view the world in 360 degrees, and whether I travel abroad or within Japan I always return here. I hope that my works inspire people abroad to visit Japan to see the crucibles that nurtured and inspired my work. Unfortunately, I feel there aren’t enough such inspirational places in contemporary Tokyo –we need to work on that.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN