女性先行のクラブイベントはカルチャーになる「tamapa」 Alcohol. Music. Dancing. And 50,000 plastic balls?

50,000個の白いボール(玉)のプールに飛び込み、泳ぎ、投げ、そして埋もれる。初回開催前に、第2回のチケットが売り切れるなど多くの人の注目を集める「tamapa - たまパ -」。
「株式会社ハイ」代表の小式澤郁氏と「株式会社がんばれタイチ(登記準備中)」代表のフジモトタイチの2人にイベントが大成功した理由や、文化となるパーティ、秘密の参加方法について伺った。

A pool full of 50,000 little white plastic balls. It’s a simple concept, but one that’s sold out tickets in Japan for the second time running. Welcome to the ‘Tamapa’ party. Hi Inc. President Iku Koshikizawa and Go Taichi President Taichi Fujimoto sit down to talk about their secret for success, long term trends and sneaky ways to nab a ticket.

Q.「tamapa - たまパ -」開催のきっかけは?What inspired you to start Tamapa?

フジモトタイチ:ボールプールのイベントを知ったのが1年位前。ワシントンD.C.で開催された“The BEACH”や、ロンドンの“Jump In”など、 白いボールを大量に使用したイベントは2015年から注目を集めている。ただ、そのまま輸入しても面白くないという事で、「白いボール」で遊ぶというDNAを生かしつつ、パーティに進化させた。

小式澤郁:ローカライズの方向は当初「童心に帰る」だったが、「大人として楽しむ」という方向に転換させた。タイチさんから12月にイベント開催の相談を受け、次の日には商標登録、その3日後にはボールを購入するぐらいスピーディーに決まっていった。主催者だけでなく参加者の勢いも凄く、初回が開催する前に2回目のチケットが売り切れになってしまった。

Fujimoto: I first found out about ball pool events about a year ago. There was a tone of coverage about ‘The Beach’ in Washington D.C. and ‘Jump In’ in London. But we thought if we just imported it as it was, it probably wouldn’t be very interesting. So we decided to turn it into a huge party.

Koshikizawa: We wanted to turn the concept into adult entertainment. Once we decided on the idea, the next day we went to register the company, then the next day we got the shipment of plastic balls. It was all super fast. It wasn’t just the promoters, but the crowd response was so big too that our tickets sold out both times.

Q.どうして「tamapa - たまパ -」は多くの人の注目を集めているのか?Why do you think Tamapa is so talked about?

小式澤郁:「ボールで遊ぶパーティ」というコンセプトは、頭の中でイメージ出来そうで出来ない。「参加してみなければ分からない」というブラックボックスなパーティを作っていったという点が訴求につながったのではないか。そしてもう一つのパーティの参加判断は、「フォトジェニック」であるかどうかが一つのきっかけになっている。
白いボールはフラッシュを反射し、より可愛くやんちゃな女性を映し出してくれる要素がある。そして、ボールに埋もれ投げ合うシーンは、何のイベント?と感じさせたり参加したいという欲求を呼び起こす効果があるみたいだ。ただし、もちろん「フォトジェニック」なだけの中身の無いイベントはすぐに廃れてしまうので、そこは主催者として気をつけなければならない。

フジモトタイチ:あと参加者のほとんどが女性という所も特徴的だ。街中巨大ウォータースライダーの様な、男女どちらも訴求できるイベントでも女性参加者が7割。tamapaは、400人の参加者のうち9割が女性という状況だ。

小式澤郁:ローション大運動会など男性的な色を出しているイベントであれば女性参加者はグッと少なかった。

Koshikizawa: A ball pool party is a very intriguing concept, but also still pretty far-fetched at the same time. It’s the kind of thing you have to try before you fully get the picture. That aspect of the unknown is something that appeals to a lot of people. Also, I think the photo opportunities are pretty good. The white colour of the balls reflects in the flash of the camera, so you get some dope effects. It’s a pretty cool and random photo to have on your Instagram feed – it makes people like “where is this?!”. Although that’s obviously not the only reason. If it were just about getting good selfies, the promoters wouldn’t back it. It’s just a really awesome party.

Fujimoto: There are a lot of girls who come, so I think that’s an attraction for both guys and other girls. Often nightclubs are just full of guys so it’s no fun for either sex, but the balance is a lot better at these kind of parties. Last summer’s downtown water slider event had a ratio of about 7:3 girls to guys, but our last party was 9:1. It’s definitely bringing back girl power.

Q.ほとんどの参加者が女性という状況は予想していましたか?Did you originally expect there to be so many girls?

フジモトタイチ:はい。しかし運営側が予想していた以上の女性参加率。女性参加者が多いイベントは広がりが出てくる。イベント自体に広がりが出てきて参加者が増えてくれば、より大きな規模での開催ができるはずだ。目標は100万個のボールを使ったtamapaの開催。

小式澤郁:男性自体の参加者も、イベントが広がれば自然と増えていくはず。普段クラブに行かない人が気軽に参加できる空間となっていくのではないか。ボールプールの中は、暴れまわったり投げまくったりする人は皆無で、大人的な楽しみ方をしている。

Fujimoto: We expected a good female turn out to a certain extent, but it definitely surpassed expectations! When there is a continued solid female turn out to these kind of events, it really shows the producers and promoters what kind of things they want, so I think it’s a really good way of expanding the female market. Due to positive feedback, next time we’re going for a bigger pool with over 100,000 balls!

Koshikizawa: As the event expands, the amount of guys attending also increases. It’s a good substitute for clubbing and isn’t as tough going. We ensure there’s no violence or messing about, so it’s safe fun for everybody to enjoy.

Q.今後のアップデート予定や裏情報があればDo you have any exclusive updates or information about the upcoming events?

フジモトタイチ:女性が多いイベントは長期的なブームになるはずで、色々試作していく予定だ。4月の開催時には、3月とはまた違うDJが参加予定でボールプールが良い変化を起こすのではないか。

小式澤郁:残念ながら4月のイベントは売り切れになっている。裏情報としては、ボランティアスタッフとして参加すれば、滑り込む事もできる。4tトラック満載で輸送されてくる白いボールを部屋に投げ、セッティングする所などパーティとは違う楽しさがある。設営している時もココまで楽しいイベントは稀なのではないか。

フジモトタイチ:tamapaはブームではなく、トレンドになると思ってます。箱の中は、1時間ごとに全然違う変化をする為何度も楽しめるパーティではないでしょうか。ぜひ一度「大人なtamapa」を来てもらって感じてもらえたらと思います。

Fujimoto: Events with a large female following usually turn out to be long-term trends, so we’re looking forward to trying loads of things out with Tamapa. We’re changing out DJ’s up each time for variety, so that people can attend each time without getting bored.

Koshikizawa: Unfortunately the April party is sold out. But if you still want to find a way to get in, my secret tip is to join as volunteer staff. That way you get free entry, and you get to throw all the balls into the room during set up, which is always hilarious. There’s definitely no other event that is as fun to set up as this one.

Fujimoto: I think that rather than just a quick fad, Tamapa will become a trend. It’s a party that never gets boring – there’s always something new and fresh to see. But if I reveal it all then that’s no fun – check it out for yourself.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN