衣・食・蹴で繋がる世界――FTWの挑戦 Tokyo’s most popular sport is probably not what you imagined...

東京都町田市をホームタウンとするフットサルクラブチーム「ペスカドーラ町田」の滝田学は、ただ選手としてプレーするだけではなく、違う方面からもフットサルを盛り上げたい、という想いからプロジェクト「FTW」を2015年8月に立ち上げた。

Ever heard of futsal? The five aside indoor football game has been taking over Tokyo in recent years, and now there’s a whole new way to get involved. Welcome to the world of FTW - the fashion and lifestyle brand established up by Pescadola Machida player Manabu Takita in August 2015.

「FTW」とは"For The Win"と"Fut The World"を掛け合わせた言葉であり、「衣」担当でプロダクトディレクターの尾崎信之、「食」担当の料理研究家の湖山くれみ、「蹴」担当のペスカドーラ町田のチームメイト中井健介など5名で活動している。コンセプトは「衣・食・蹴」。フットサルの良いところは、一緒に蹴ったら肩書きなど関係なく、誰とでも仲良くなれること。ただそれだけではもったいない、と滝田は考えた。「何かと何かを掛け合わせることによって新しい繋がりが生まれたりすると思います。フットサルと野菜をくっつけてみたり。FTWを経由して面白いことをしたり、繋がってもらえれば最高です」(滝田学)

この1年の間でアパレルを作って販売をしたり、「衣・食・蹴」に関わるイベントを多数行った。先日は中井農園のお米と米麹を使用したscarpekutsu甘酒コラボで、古来から日本の栄養ドリンクとして飲まれてきた「生米麹甘酒」を販売。他にもビリヤードとサッカーを掛け合わせたビリッカーや軽井沢でキャンプイベントを開催するなど、精力的に活動を行っている。しかし、現役選手である滝田学と中井健介の2人が活動することには賛否両論があるという。

The brand is split into three quirky sections - Nobuyuki Ozaki is project director for ‘clothing’, Kuremi Koyama is research chief for ‘food’ and fellow Pescadola Machida teammate Kensuke Nakai is in charge of ‘kick’. During the past year, the team has successfully set up an apparel brand and held events centering on the three concepts. A few weeks ago they collaborated with Nakai Plantation to create rice-malt amazake - a traditional drink perfect for providing nutrition (in Japan, they refer to amazake as ‘a drinkable IV drip’ - it’s got that much good stuff in it). They’ve combined football with billiards to create ‘billiball’ and held camping events in Karuizawa.

「フットサルを盛り上げていくためには、現役選手の僕たちにしか出来ないことがあるし、現役だからこそ発信出来ることもあると思います。また、活動していく中で色々な方々と繋がれたり、プレイヤー以外の経験が出来ていることも大きいです」(中井健介)
「現役選手はフットサルだけに集中しなよ!などの言葉をいただくことも正直あります。でも現役だからこそフットサルに貢献したいですし、現役選手が動くからこそ影響力があると思っています。また、セカンドキャリアという言葉は好きではないんです。仕事をしながらプレーしているフットサル選手にはセカンドキャリアは特にないと思います。キャリアは既にスタートしているので」(滝田学)

But of course there will be pros and cons to juggling a business whilst playing professional futsal - don’t they ever get tired? “We wanted to make futsal bigger and better - as active players we feel like it’s our duty and something that only we can do. Through working for FTW I’ve met so many great people outside the futsal scene that it really helps me focus on my job”, Nakai says. Takita agrees. “We do sometimes get comments telling us that we should be focusing on our futsal careers, but it’s exactly because we are living those careers now that we have so much passion and enthusiasm that we can project through our business. I think there’s no greater influence than somebody documenting their experiences and feelings as they happen. I don’t view FTW as a ‘second career’ - it’s simply an expression of what I do and who I am. My career will always be futsal.”

厳しい声があろうとも、ただ前を見て進む。そんな地道な活動の中で嬉しかったエピソードも教えてくれた。それは滝田たちが東北の復興支援で福島県を訪れた際に出会った、公益財団法人ときわ会の職員の人たちがFTWのアパレルを使用してくれていることだ。
「僕らの想いに賛同していただき本当に嬉しかった!繋がりを大切にしたい、広めたいという想いに。ペスカドーラ町田の試合を福島から見に来てくれた皆様の顔が忘れられないです」(滝田学)
そしてフットサルや付随するカルチャーを東京から世界へ発信したい、そんな想いもFTWの根底には存在している。

「東京にはたくさんのフットサルコートがあるけど、平日の夜でもなかなか予約が取れないくらい人気なんです。これだけコートが整備されているのも世界唯一だと思うし、それは東京の強みだと思いますよ。私たちは東京のチームでもあるし、東京が誇る一つのコンテンツとして、フットサルを世界に発信していきたいんです」(滝田学)

最後に「2020年の東京オリンピックまでに、どの様な活動をしていきたいか?」と2人に尋ねてみたら、こんな答えが返ってきた。
「月に1回くらいイベントをしていく中で色々なコラボや出会いを積み重ね、2020年に向けて形にしていきたいです」(中井健介)
「フットサルは日本・東京を代表するスポーツであることは間違いありません。安心安全にボール一つで繋がれる環境がここまで整っていることもアピールしていきたいですね」(滝田学)
「衣・食・蹴」をテーマに様々な想いや出会いを繋ぎ、東京から世界に発信していくFTWの活動にこれからも注目だ。

As for Takita’s message to the world?
“I think Tokyo is one of the best places for futsal - we’re building more and more courts every day and even then reservations are always full. It’s already such a big part of Tokyo’s culture, and I’d love for the visitors who come here to notice and experience it.” He moves on to talk about the Olympics, saying, “I’d love for futsal to be included - it is definitely Tokyo’s most popular and defining sport.” Nakai chimes in, “We are holding futsal events and collaborations every month hoping that we can make some waves in the years leading up to Tokyo 2020”.
You heard it here first - futsal is going from Tokyo to the world.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN