思わず
ケータイを
構えたくなる
異空間

More than just a good photo opportunity: experience the beauty of life with Mika Ninagawa and Sumida Aquarium's collaboration. 蜷川実花×すみだ水族館

いまや東京のシンボルとして、訪れる外国人観光客も多い東京スカイツリー。その周辺施設は東京スカイツリータウンと呼ばれ、商業施設やオフィス、水族館などから構成される複合施設になっている。その5Fにある「すみだ水族館」にいま、多くの女性が訪れ、クラゲ万華鏡トンネルというエリアで足を止め、思わず携帯カメラを構えている。

There’s more than meets the eye to Tokyo’s famous Skytree. Sure, the city’s most famous landmark draws in impressive numbers of tourists day by day, eager to glimpse the sprawling metropolis from its 450m high observation deck - the tallest in Japan. However, as of late it’s the surrounding area, ‘Tokyo Skytree Town’ which is creating all the buzz. The office and retail complex, home to a vast number of business and leisure outlets has seen a recent influx of twenty-something Japanese girls, smartphone camera in hand, flocking to the Sumida Aquarium on the fifth floor. What is it that they’re so interested in? Catching a selfie in the infamous Jellyfish Kaleidoscope Tunnel.

その理由を、すみだ水族館の広報・近藤早紀子さんはこう解説する。

「訪れた女性のお客さまの多くが、きれいな空間にいる自分を撮りたいと感じてくださっているんだと思います」

「クラゲ万華鏡トンネル」は、壁と天井に約5,000枚の鏡が敷き詰められたエリアだ。現在ここでは期間限定で、日本を代表する写真家・映画監督である蜷川実花さんがプロデュースした空間を楽しむことができる。その鮮やかな色彩空間に浮かぶ幻想的なクラゲの美しさ、そしてそこにいる自分に向けて、訪れた女性たちはカメラのシャッターを切るのだ。

「生命を感じさせる作品を作り出す蜷川実花さんといつかご一緒したい、と当館は願っていました。蜷川さんの作品とコラボレーションすることで、命の輝きやクラゲの魅力を伝えることができる新しい展示が生まれると考えていたからです」

それから月日が流れ、蜷川実花さんがすみだ水族館を訪れる機会があったのをきっかけに、何度も話し合いを重ね、今回の展示が実現したそうだ。

「想いが実を結び、うれしい限りです」と近藤さんは語る。

The aquarium’s head of PR, Sakiko Kondo explains the recent phenomenon as part of a “trend for more dramatic and unique settings to spice up the traditional selfie”.

“The Jellyfish Kaleidoscope Tunnel is a specially designed art installation, enshrouded with over 5,000 mirrors from floor to ceiling. For a limited time only, internationally recognised Japanese photographer and film director Mika Ninagawa has collaborated with us to produce a vibrant moving light and video display, which creates the most gorgeous backdrop to any photo.”

But there’s more to the tunnel than just sheer Instagram-ability. Kondo explains the meaning behind the piece; “After visiting our aquarium, Mika Ninagawa came to us with the idea to create a strong and bold work which relays the beauty of life. This collaboration is the result of that. It really lets the viewer experience the current of being, bringing new appeal to the jellyfish by using its curious movements to express radiance and energy.”

“We are so honoured to have had the opportunity to work with such an esteemed artist.”

期間中、「クラゲ万華鏡トンネル」内にある8つのクラゲ水槽や壁面には、蜷川実花さんが本企画のために制作した新作が投影されている。映像は昼と夜の2バージョンがあり、昼バージョンは南国の花、海、空などが、夜バージョンは東京の夜景や高速道路、渋谷スクランブル交差点などの写真と動画が映し出される。

昼夜を問わず、蜷川作品の中を浮遊するクラゲの姿はどこか上品に見えるから不思議だ。訪れれば、いるだけで心が癒されるアート空間に、この機会に訪れてみてはどうだろう。

Projected onto the walls of the tunnel’s eight huge jellyfish tanks is Ninagawa’s own original artwork, designed especially for the exhibition. There are two versions to enjoy: a day version, consisting of tropical flowers and luscious ocean views, and a night version which takes the viewer on a journey through Tokyo’s night skyline - Tokyo Skytree, Shibuya scramble crossing and more. Set against the translucent silhouettes of floating jellyfish in a whirlpool of mirrors, it’s a rich visual spread guaranteed to pull you in further than just a simple selfie.

蜷川実花×すみだ水族館
「クラゲ万華鏡トンネル」

期間
2015年9月9日 (水) - 12月27日 (日)
場所
すみだ水族館(SUMIDA AQUARIUM)
東京都墨田区押上1-1-2
東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
時間
9:00 - 21:00
※入場受付は閉館の1時間前まで。
※季節による変更あり。
休館日
なし (年中無休)
※水族館のメンテナンスやイベント等による臨時休業あり。

MIKA NINAGAWA
×
SUMIDA AQUARIUM
‘JELLYFISH
KALEIDOSCOPE
TUNNEL’

09.Sep.2015 Wed - 27.Dec.2015 Sun

@ Sumida Aquarium
5-6F, TOKYO SKYTREE TOWN Solamachi,
1-2, Oshiage 1-chome, Sumida-ku, Tokyo.

Opening times: 9:00 - 21:00 JST
*Last entry at 20:00
*Changes may occur according to season

Open all year round
*Maintenance days may occur

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN