ハードコアパンクの未来を背負い、STRUGGLE FOR PRIDE再始動The future of Japanese hardcore punk lies in STRUGGLE FOR PRIDE

ハードコアパンクとはなんぞや人それぞれに答えがあると思うが、その中でも暴力的なサウンドと圧倒的な存在感で、もっとも確信に近い答えを与えてくれるバンド、それがSTRUGGLE FOR PRIDEだ。ハードコアのみならずヒップホップ、ロックなど、ジャンルレスな交わりと活動で注目を浴び、激烈なサウンドと暴動の様なライブパフォーマンスで観るものを圧倒し続けてきた。現在は何度目かの“活動不能”期間を経て、2ndフルアルバムの製作真っ最中とのこと。今回、多忙なレコーディングの合間を縫って登場してくれたフロントマンの今里に、バンドの近況や作品について話を聞いた。What puts the ‘hardcore’ in harcore punk? While opinions vary, most can agree that a violently aggressive sound and an explosive presence are the two main ingredients. No band embodies those qualities quite like STRUGGLE FOR PRIDE. Their genre-bending mix of hardcore and hip hop and intense live performances have attracted a huge and loyal fan base who’ve stuck with them through their many breaks and reunions. That loyalty has paid off once again because the band is finally back in the studio recording their second full album. Frontman Imazato took a break from the studio to discuss where the band has been and where they’re going with the new music.

STRUGGLE FOR PRIDEは何年に結成になりますか
今里:1992年に東京・中目黒で結成されました。

じゃあ、もう結成25年になるんですね。
今里:でも、実質の活動期間は10年にも満たないんじゃないかなと思います。8年くらいやってない時期もあるので。

当時の東京と現在の東京では良いなと思うところ、悪いなと思うところも変化したと思いますがいかがですか
今里:悪いところは器用な人が増え過ぎている気がすること。良いところは住みやすいこと。あともうちょっと古いものを残しておいてもらいたいかな。街なんて変わっちゃうものなんだと思うけど、残っていてもいいものまで無理矢理新しくしちゃうのは何か単純にもったいないと思います。
-When did STRUGGLE FOR PRIDE first come together?
Imazato: We got started in Nakameguro, Tokyo in 1992.

-That makes this your 25th anniversary.
Imazato: Technically yes, but we’ve only been active for less than 10. One of the breaks we took lasted 8 years.

-What’s changed about Tokyo in that time, either for the good or the bad?
Imazato: Let’s start with the bad. There are a lot more shady people around. Also too many slick types. The good? Well, life is more convenient here now than ever. I wish they’d stop tearing down so many old buildings though. I get that cities change, but I feel like too many places are being rebuilt for no good reason. It’s just wasteful.

そして2016年に活動を再開しましたが、最近のバンド状況はどんな感じですか
今里:変な話、バンドをやる前から仲が良かった友達がメンバーだから、バンド内で喧嘩とかはないです笑。バンドに対するスタンスや思いは、メンバーそれぞれあると思うんだけど、最近は特にみんな各自のことを尊重していますね。だから今は凄くやりやすい。別に前がやりにくかったっていう意味ではなく笑。

では、2006年にリリースされた前作『YOU BARK WE BITE』を振り返ってみていかがですかバンドとしては初のフルアルバムに当たりますね。
今里:初めてのアルバム製作だったからやり方も分からなくて。でも単純に楽しかったっていうのは覚えています。

当時を思い出すと、様々なメディアへの露出がありましたね。それこそニュース誌の「AERA」からパンク専門誌の「DOLL」まで多岐に亘りましたよね。
今里:ありがたいことではあるんですが、何かすごく忙しかったのを覚えています。でも僕らのことを知らない人がほとんどだったから、質問内容とかが同じで笑。「何年結成で、メンバーは」みたいな。所謂バンドっぽいインタビューが多かったからそんなに大変でもなかったです。
-The band got back together in 2016. How have things gone since then?
Imazato: We were all friends before forming a band, so we’ve never really had in-fighting or anything (laughs). We all have a different perspective and vision for the music, but lately those overlap enough that it’s very easy to get things done. Not that it was ever hard to work together (laughs).

OK, so looking back how do you feel about your other album, 2006’s ‘YOU BARK WE BITE?’ It was your first LP.
Imazato: Like you said it was our first full album so we had no idea what we were doing. All I remember is how much fun we had making it.

-I seem to recall lots of media attention surrounding you guys back then. Everywhere from news magazines like ‘AERA’ to the punk mag ‘DOLL.’
Imazato: Yeah, and we were really grateful but at the same time overloaded with work. What’s funny is that people still didn’t really understand us any better, because all the questions were the same. “When did you form?” “What are the members’ names?” (laughs). Since they were such typical interviews they were a breeze to get through.

あの作品のリリース当時、STRUGGLE FOR PRIDEを取り巻く“輪”は、かなりの広がりを見せたと思うんです。イベント「RAW LIFE」2004年から2006年に開催されたアンダーグラウンドミュージックの祭典への参加もありましたし、先ほど言ったとおり、メディアへの露出もかなりありましたよね。
今里:アルバムを製作している時も、リリースされてからも楽しかったっていうのは覚えていますね。あと、『YOU BARK WE BITE』をリリースしたタイミングでは、全部ひっくり返そうっていう気持ちを持っていました。おこがましいですが、周りのみんなの気持ちを背負っているつもりで。

サウンド面は、日本のハードコアパンクを継承している音ですね。
今里:そこは凄く意識していたし、そうじゃないと意味がないと思っています。子供のころから聴いていた音楽がそういう音楽だったし、やりたかった音楽もそういう音楽だったので。

やっぱり日本のハードコアパンクへの愛情を感じる音ですよね。
今里:音質ややり方に関しては、愛情の深さの問題でしかないと思います。

すごく良い話です。そこから、2009年にはEP『CUT YOUR THROAT.』をリリースしましたね。
今里:あの作品で知ってくれた人がさらに増えたなって感じでした。

そして長い沈黙期間を経て、2016年にようやく活動を再開しましたね。現在2ndアルバムのレコーディング中とのことですが、製作に入った経緯を教えて下さい。
今里:活動できなかった間にやりたかったことがたくさん溜まっていたんですよ。あの曲カバーしたいな、あの人と一緒に曲やりたいなとか。あの曲すごく好きなんだけど、他の人にカバーされちゃったら悔しいなとかもあって笑。そんな時期にSPACE SHOWER MUSICの井坂さんから「アルバム出しませんか」っていう話をいただいて。本当に恵まれているなって思います。圧倒的にそういう機会もない人が多い中で、声を掛けてくれるなんて。みんなの気持ちに応えないとなと強く思っています。

2ndアルバム制作に関して、他のメンバーは何と言っていましたか
今里:スタジオとかでは常に「アルバム出さない」「やろうやろう」みたいなやり取りがあるんですが、次の週にはみんな忘れちゃっているような感じだから笑。いいきっかけをもらったなと思っています。
-That album propelled STRUGGLE FOR PRIDE into the limelight. In addition to all the media coverage you were booked for ‘RAW LIFE (an underground music festival held from 2004-2006).’
Imazato: The aftermath was as fun as making the album. At the time of release we felt like we wanted to turn the world on its head. I hope this doesn’t sound arrogant but I feel like we’re facing a ton of pressure to deliver to everyone’s expectations.

-You guys were carrying on the Japanese hardcore tradition.
Imazato: Remaining faithful to our roots was a very conscious decision. It was the only way we knew, really. The music we liked as kids is the music we wanted to play.

-Your passion for Japanese hardcore punk comes through in the sound.
Imazato: Sound and performance are both just a matter of passion.

-Right on. Your follow up was 2009’s ‘CUT YOUR THROAT’ EP.
Imazato: Yeah, that one gained us a lot of new fans.

-Then in 2016 you came back after a long break. Why did you decide to make a second album after all this time?
Imazato: There was a lot of music we wanted to do during those years off. Songs we wanted to cover, other artists we wanted to collaborate with… Then someone else would come along and cover those songs and we’d feel so frustrated (laughs). Then Isaka-san from SPACE SHOWER MUSIC suggested making an album. We were so blessed to still have people interested after all that time. Most people don’t even get one shot, and here we are with people approaching us with another. I felt like we owed an album to everyone.

-How did the other members react to the idea?
Imazato: Messing around in the studio we’d often talk about making a new album and get hyped, then forget about it by the next week (laughs). So this finally gave us the excuse we’d been waiting for.

現在レコーディング真っ最中ですよね
今里:はい。今回初めての試みとして1曲1曲バラバラに録ってるんですよ。スタジオも何カ所かに分けていたりもするんです。

どういった意図でその方法にしたんですか
今里:カヒミ・カリィさんみたいに物理的に会いに行かないと録れない人もいるんで。

でも最近はデータのやりとりだけでもできますよね
今里:確かにそうなんですが、そういうのはつまらないですよね。

単純にその人に対する想いの熱量も違いますもんね。
今里:そうなんです。全然仲良くもないのに利害関係だけでくっついて、一緒に曲をやっちゃうバンドとかラッパーもいますよね。でもやっぱりそういうのは気持ち悪いなって思います。あと、単純に色々なところでレコーディングしたかったっていうのと、好きな人には会いに行きたいっていう笑。

レコーディングはフィーチャリングアーティストの声だけを録りに行くんですか
今里:声だけ録りに行った人もいるし、逆に全部こっちで音源などを作って、「コレに声を乗せて下さい」っていうオファーをした人もいます。本当にバラバラで。

先ほど、1stアルバムのときは全部ひっくり返すつもりだったと言っていましたが、今回のアルバムにもその意気込みはありますか
今里:生意気かと思われるかもしれないけど、全部ひっくり返そうっていうスタンスは全く変わりません。やっぱり作品はライブと違うモノじゃないですかライブはみんなと遊べる場所。だけど、作品を聴くときって一人で聴く機会が多いと思うんですよね。俺も移動中とかにヘッドフォンで聴くのが好きだし。だからちゃんとした作品を作らなきゃとは思っています笑。

フィーチャリングアーティストも幅広いですし、凄いアルバムになりそうですね。完成を楽しみにしていますよ。
今里:ありがとうございます。がんばります笑。ハードコアパンクって、僕たちの世代にとっては最先端の音楽だったんです。オリジナルなことをやらないと意味がないって教えられてきたし、今でもそういうものだと思っている。オリジナルなことをやるのが、ハードコアパンクに対しての敬意と愛情だと思っています。

いつまでもオリジナルであり続け、全てをひっくり返そうとするエネルギーを持ち続けているSTRUGGLE FOR PRIDE。だからこそ活動休止期間が長かろうと、作品リリースに間があろうと、再始動するたびにその活動を注目せずにはいられない。これは嘘偽りなく断言できる。日本のハードコアパンクの未来は、このバンドの存在にかかっていると。
-You’re in the middle of recording now, right?
Imazato: Yeah. For the first time we’re recording each song separately, even using separate studios.

-What’s the reasoning behind that?
Imazato: It’s logistical. We have to work around guest artists’ schedules, like Kahimi Karie.

-Can’t you just send files back and forth over the Internet?
Imazato: I mean we could, but where’s the fun in that?

-So the connections are important to the process.
Imazato: Exactly There are bands or rappers who work together even though they hate each other. That’s not our thing. It’s freaking weird to be honest. One of the reasons we’re using multiple studios is because we want to go hang with friends who work at each of them (laughs).

-Do the guest artists just pop in and lay down their vocals?
Imazato: It depends. Some do, and others we record everything else first and then ask them to sing over it. There’s no one formula.

-You mentioned that you wanted to turn the world on its head with the first album. Do you feel the same about this one?
Imazato: Again this may sound arrogant, but that mindset hasn’t changed a bit. Studio recordings are very different animals than live performances, you know? Concerts are to have fun with fans. Albums are usually listened to alone. I always have my headphones on during my commute, for example. So we want to make sure we get everything just right (laughs).

-The artists you are collaborating with come from very different genres. I have a feeling this album will be huge and can’t wait to hear the results.
Imazato: Thanks! We’ll do our best to not disappoint (laughs). Hardcore punk was so cutting edge for people my age. It taught us that we had to be different. We’re still approaching it that way. We’re doing something original out of respect and love for the genre.

STRUGGLE FOR PRIDE has always strived to be original and incredible. That’s why we still care when they come back or release new material, no matter how long they've been away. I’m not exaggerating when I say this: the future of Japanese hardcore punk lies in this band.

ProfileProfile

STRUGGLE FOR PRIDE
1992年結成のハードコアパンクバンド。メンバーはヴォーカルの今里、ギターのグッチン、ベースのヤンクン2016年の復活からは、BREAKfASTのドラマー、陽が正式メンバーとして加入した。コンピレーションやスプリット作品を経て、2006年には1stフルアルバム『YOU BARK WE BITE』を、2009年にはEP『CUT YOUR THROAT.』をリリース。現在は待望の2ndフルアルバム『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE』を絶賛レコーディング中。また、今里はDJ HOLIDAYほか、様々な名義でDJとしても活躍中。


PHOTOGRAPHER:SHINJI SERIZAWA
STRUGGLE FOR PRIDE
Hardcore punk band formed in 1992. Imazato provides vocals, Gucchin plays guitar, Yan-kun the bass and since 2016 BREAKfAST beats the drums. In addition to tracks on various compilations and split records, the band released the LP ‘YOU BARK WE BITE’ in 2006 and the EP ‘CUT YOUR THROAT’ in 2009. They are currently in the studio recording their long-awaited second album ‘WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.’ Imazato also DJs under several names, including DJ HOLIDAY.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN