東京ストリートのビザールな面を激写する写真家「ダン・スぺラ」 vol.1-2 NEO TOKYO PHOTO GALLERY Photographer Dan Szpara's bizarre streets of Tokyo vol.1-2

東京で暮らし、ストリートで出くわした面白い人々や出来事を撮り続けているフォトグラファー「ダン・スぺラ」。街中でちょっと(かなりのケースもあり)浮いている人たちや、コスプレイヤーの撮影会などに潜入して撮った写真の数々から伝わってくるのは、日常の中に混ざり込んだ非日常のおかしみ。彼の写真にふれると、見える世界が変わってくる。私たちが思っている”普通”とは、実は”普通”ではないのかもしれない。

Dan Szpara is a photographer living in Tokyo who captures as many of the city’s offbeat citizens and situations as he can. In his photos you’ll see things like cosplayers that don’t quite fit in with their surroundings (sometimes they really don’t fit in), and the everyday life in this not-so-everyday city. After seeing these pictures the world will never seem normal to you again.

ダン・スぺラ

東京で暮らすストリートフォトグラファー。
少年時代よりコミックやB級映画、面白い人やおかしな出来事に興味を持ち、超芸術トマソン(赤瀬川原平らによって提唱された、建築物に付属する無用の長物を指す概念)に魅了されてカメラを始める。現在はストリートからフェティッシュクラブまで幅広く足を運び、社会から逸脱しても自分の心の声に忠実に従う人々の姿を撮ることにも興味を感じている。

Dan Szpara

Tokyo-based street photographer.
Dan says his childhood was spent either lost in comic books and B movies or people watching at the mall. He began taking photos after becoming interested in Hyperart Thomassons (Genpei Akasegawa's conceptual art that looks at useless relics or structures that have been preserved as part of a building or the built environment). In addition to the streets, Dan has turned his eye to fetish clubs and other places where people have denounced societal norms in order to follow their hearts.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN