東京ストリートのビザールな面を激写する写真家「ダン・スぺラ」 vol.1-1 NEO TOKYO PHOTO GALLERY Photographer Dan Szpara's bizarre streets of Tokyo vol.1-1

東京の街や人々に魅了され、住み着いてしまったフォトグラファー「ダン・スぺラ」。彼は何気ない日常の風景の中に潜む、異質な出来事な物事に鋭敏な感性を向け、刺激的な被写体を求めて毎日のようにストリートを徘徊している。ときには計画的に、ときには場当たり的に激写し、その奥底にある真実を抉り出す。彼の作品を眺めていると、東京の街は誠に面白く、ビザールなことでたくさん溢れていることに気付かせてくれるのだ。

The streets and people of Tokyo beg to be photographed, and Dan Szpara is more than happy to oblige. His layered pictures show the causal madness of the city with striking subjects and surreal situations. Sometimes he finds the moments, but more often the moments find him. Looking at them we’re reminded just how great--and bizarre--a place this is.

ダン・スぺラ

東京で暮らすストリートフォトグラファー。
少年時代よりコミックやB級映画、面白い人やおかしな出来事に興味を持ち、超芸術トマソン(赤瀬川原平らによって提唱された、建築物に付属する無用の長物を指す概念)に魅了されてカメラを始める。現在はストリートからフェティッシュクラブまで幅広く足を運び、社会から逸脱しても自分の心の声に忠実に従う人々の姿を撮ることにも興味を感じている。

Dan Szpara

Tokyo-based street photographer.
Dan says his childhood was spent either lost in comic books and B movies or people watching at the mall. He began taking photos after becoming interested in Hyperart Thomassons (Genpei Akasegawa's conceptual art that looks at useless relics or structures that have been preserved as part of a building or the built environment). In addition to the streets, Dan has turned his eye to fetish clubs and other places where people have denounced societal norms in order to follow their hearts.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN