ありよりのあり!?フロリダ!? センス溢れる「若者言葉」 Schoolgirl sensibilities and the art of slang

2016年9月21日、文化庁は2015年度の国語に関する世論調査の結果を発表した。その結果、「見れる」「出れる」という「ら抜き言葉」を普段使うと回答した人が、「見られる」「出られる」よりも多いことが分かった。文法的に誤りとされる「ら抜き言葉」が、1995年度から始めた調査開始以来、初めて多数派となったのだ。

On September 21st 2016, Japan’s Agency for Cultural Affairs released the results of the 2015 survey of the national language. Their findings show that the majority of people now shorten the conjugation of verbs in everyday speech by dropping the syllable “ra” from them. For example, the verb “Mirareru” (to be seen) becomes “Mireru,” or “Derareru” (to be available) becomes “Dereru.” While these grammatically incorrect short forms are nothing new, this is first time their use has surpassed that of proper syntax since the survey’s inception in 1995.

難しい日本語

日本語は、世界の言語の中でも難しいと言われる言葉だ。英語に「見れる」「見られる」といった違いはない。ひらがな・カタカナ・漢字と文字の種類があることも、難しいと言われる理由だろう。しかし、日本人にとっても難しい“日本語”がある。それは、「若者言葉」だ。筆者は生まれも育ちも東京で、もちろん日本語で育ってきたのだが、SNSや学生の間で使われている「若者言葉」には、苦戦する。しかも「若者言葉」は流行り廃りが激しく、覚えたころには、もう使われなくなっているのだ。

先日、大学生が集まる飲み会に参加したときに理解不能な言葉を耳にした。
「マジ、卍(まんじ)」
初めて聞いたときは、頭が「???」でいっぱいになった。高校生の間で流行っているらしく、意気込んでいる様子や本気を表すこともあるそうだが、具体的な意味は……特にないらしい(笑)。飲み会の席にいた大学生も、よく知らないがおもしろいからと連呼していたらしい。どこからこのような言葉が生まれているのかは謎だが、流行りの「若者言葉」におけるセンス(?)には、感心してしまった。

Our language is evolving

Japanese is regarded as one of the world’s hardest languages to master. While English has verb contractions, subtle differences like dropping “ra” from words don’t really exist. The fact that Japan has three writing systems--Kanji, Hiragana and Katakana--doesn’t make things any simpler. The language can even be tricky for us Japanese. Just listen to the way our kids speak to see what I mean. I struggle to understand conversation between teens or their social media posts despite being a native speaker born and raised right here in Tokyo. Just when I start to get a grasp on the lingo, it’s already being replaced by completely new slang.

Not long ago I went to a party with some college kids in attendance and overheard them say something that flabbergasted me. “Maji Manji (Seriously Swastika).” You could almost see the giant question mark floating above my head as I pondered who came up with such a ridiculous saying and how it managed to catch on.

「見られる」よりも「見れる」が多数派になったことを考えると、今流行っている「若者言葉」が、いつの間にか多数派になり、辞書に載るなんてこともあるかもしれない。
例えば、「やばい」という言葉。辞書を引くと、「危険な状態であること。あぶない」と表記されているが、「やばい」には多数の意味が存在している。
カッコいい&カワイイ人・物に対しての「やばい」。おいしい食べ物を食べたら「やばい」。楽しいことやおもしろいことも「やばい」。「やばい」だけで、ことが足りるほど多くの意味で使われている。
「若者言葉」には、簡単に言い表せない微妙な感覚を表現する言葉や、秀逸な略語が多数ある。若者が作り出した独特の世界を少し覗いてみよう。

Considering how sloppy we’ve gotten with verb conjugations it wouldn’t surprise me if we were to see some of these phrases pop up in dictionaries some day. A classic example of this is the word “Yabai.” The actual definition is “Dangerous or Harmful,” but that’s never how it’s used anymore. If something is cool, cute, tasty or fun, you can bet that it’s referred to as “Yabai.” In fact it can mean pretty much anything you want it to.
A lot of our slang also revolves around vague nuances and mind-boggling abbreviations. Here’s just a tiny glimpse into a typical conversation.

「ありよりのあり」

A「このあとカラオケ行かない?」
B「それ、ありよりのあり!」

「ありよりのあり」。まず、“あり”とは「賛成」「それいいね」という肯定の意味を持っている。それを踏まえたうえで「ありよりのあり」を解読すると、“あり”のなかでも、“超あり”という意味だ。要するに、大賛成であることを言っている。では、応用編として「なしよりのあり」の意味は分かるだろうか。これは、“なし”と思わせておいて“あり”。「ダメだと思ったけど、まぁいいよ」という意味だ。複雑な言葉の意味も、たった7文字で表現する力は、すごい。

“Ari Yori no Ari”

A: Hey, wanna hit up karaoke later?
B: Ari yori no ari!

Ahhh, “Ari Yori no Ari.” In this case the word “Ari” means something like “OK” or “fine,” and “Yori” means “more than.” So “Ari yori no ari” becomes “More OK than OK.” In other words, “Sure!” If we switch it up with “Nashi (no way) yori no ari” we get a less enthusiastic but still affirmative response. That’s pretty deep when you consider all that’s being conveyed in just 7 hiragana characters.

「フロリダ」「きびつい」「りょ」

A「あそこのカフェ行きたくない?」
B「行きたい!!」
C「いついく?」
A「週末とか?」
B「週末きびついかも」
C「ごめん、ちょっとフロリダ」
A「りょ」

こちらの例文では、3つの「若者言葉」が使われている。意味を理解できるだろうか。まず、「きびつい」。これは“厳しい”と“きつい”が混ざった言葉で、どちらの意味も持っている。そして、「フロリダ」。アメリカにある州の名前だが、ここでは“お風呂に入ってくるから、離脱する”という意味だ。上手く略されている上に、アメリカの州になっている。この言葉には、思わずセンスの良さを感じてしまった。3つ目は「りょ」。これは“了解”の「りょ」だけを抜き取った言葉。もちろん意味は“了解”。

“Florida,” “Kibitsui,” and “Ryo”

A: You wanna go to that cafe sometime?
B: Oh yeah!
C: Sure, but when?
A: I dunno, how about this weekend?
B: Ah, this weekend is “kibitsui” for me.
C: Sorry, that’s “Florida.”
A: “Ryo.”

Look, I packed three millennial slang words into one dialogue! Any guess what they mean? Let’s start with “Kibitsui.” This is a mashup of the words “Kibishii (difficult, brutal)” and “Kitsui (rough, hard).” Then we have “Florida.” Somehow the phrase “Ofuro ni haittekuru kara, ridatsu suru (I’m outty ‘cause I’ve gotta take a bath)” got abbreviated as America’s Sunshine State. I don’t know why, but this feels so high-brow to me. Lastly there is “Ryo.” “Ryokai” means “Understood” and this is a simple shortening of that.

ユニークでよく考えられている現代の「若者言葉」は、無数にある。どのようにして生まれたのかは謎に包まれているが、女子高生を中心とした世代を中心に広まり、使われている。「若者言葉」が根を張り、広く使われるようになったら、文化庁の調査で、正しい表現よりも利用される言葉として発表されることもあるかもしれない。そうなることは、ありよりのあり? なしよりのなし? どうなのだろう……(笑)。
言葉は時代に合わせて変化するものだ。今使われている言葉が古語となり、新しい現代語が生まれるかもしれない。変化していくことは仕方がないことだが、“日本語の美しさ”は失われることがないように願いたい。

There are countless other clever expressions that kids cycle through, too. Nobody knows how or where they get started, but they all seem to stem from high school girls. Who knows, on a future language survey these words may be more widely recognized than some of our standard phrases. It’s totally “Ari yori no ari.” Or was that “Nashi yori no nashi?” Yeesh… (lol!).
Language changes with the times. Our langauge as we know it will become archaic sooner or later. Only a fool would try to resist these changes, but I hope that the beauty of the current Japanese language doesn’t get lost in the transition.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN