Inside Tokyo's Robot World Skeletonics

スケルトニクス 東京では巨大ロボットが作られている

東京都・八王子市にある高尾山。今回取材するスケルトニクス社は、この霊山の麓で、100㎡という広い事務所を構える。メンバーは、CEOの白久レイエス樹、沖縄工業高等専門学校時代の同級生でCTOの阿嘉倫大、同校の後輩であった中野桂樹の3人だ。

代表作は、社名でもある動作拡大型スーツ「スケルトニクス」。“学生時代の思い出作り”として、2011年に作成した機体をニコニコ動画で公開すると、瞬く間に注目を浴びた。その後も第2・第3世代と進化を重ね、彼ら自身も2013年に起業。翌年、第4世代をハウステンボスへ納品すると、続けざまにテレビCM、紅白歌合戦へ出演を果たした。

とくにロボットベンチャー界隈を驚かせたのが、2015年2月のプレスリリースである。ドバイ首長国首相オフィスが、第五世代を購入したのだ。公式ツイッターアカウントがこの発表を伝える投稿には、「#石油王に巨大ロボットを売った」というハッシュタグが付けられていた。

しかし、スケルトニクスは“ロボット”と呼ぶのを躊躇する存在でもある。なんといっても、動力は基本的に“人力”。白久自身、過去のインタビューで「着ぐるみにかなり近い」ものと語っている。沖縄を離れ、わざわざ「着ぐるみにかなり近いもの」を作るため、彼らは高尾山までやってきたのだろうか。もちろん違う。同社サイトの「スケルトニクス株式会社が存在する理由」というページには、こう記されていた。

「私たちは必ずエグゾネクスを完成させます」

“エグゾネクス”とは何なのか。代表の白久レイエス樹に聞く。

Mount Takao. A sacred mountain in the Western outskirts of Tokyo famed for its untouched natural beauty and tranquility. A sacred mountain, of which at the foot lies Skeletonics’ vast 100㎡ headquarters.

We ventured out to the famous nature reserve to meet the team, consisting of CEO Reyes Tatsuru Shiroku, CTO Tomohiro Aka and Keiju Nakano, all graduates of the same Okinawa National College of Technology.

The highly acclaimed giant robotic suit ‘Skeletonics’ (also the company’s namesake) was created by the threesome in 2011 as a memento for their graduation. Once uploaded to Japanese video site ‘Nico Nico Douga’ their popularity sky-rocketed, sparking the creation of two follow-up projects, ‘Gen. 2’ and ‘Gen. 3’ and the founding of their business in 2013. The next year, their fourth generation robot was commissioned by Nagasaki theme park ‘Huis Ten Bosch’, resulting in mainstream success with appearances on TV advertisements and the annual NHK New Years Eve show.

However, it was their latest press release in February 2015 that stunned the robot venture vicinity. It surfaced that the Prime Minister of Dubai in the United Arab Emirates had purchased Skeletonics’ fifth generation robot. Coinciding with the news, hashtag ‘#SoldARobotToAnOilKing’ began trending on Japanese Twitter.

However, Skeletonics have always been hesitant in naming their works ‘robots’. After all, their designs depend upon human strength. CEO Shiroku has previously described the technology as “similar to a onesie”. So, that begs the question: why come all the way from Okinawa to live under a mountain and make onesies? Of course, there’s a reason. The company goal is written clearly on the Skeletonics website:

“We will succeed in building Exonnecs.”

...say what?

We sat down with CEO Shiroku for a chat.

スケルトニクスは第5世代で完成 Skeletonics will be completed by Gen. 5.

―スケルトニクスは、2014年に第5世代を発表するまで、かなりハイペースで進化を遂げました。しかし、2015年はプラモデル作家・池内啓人氏とのマッシュアップ作品を発表したのみ。今後、新たな世代を制作する予定はあるのでしょうか?

その予定はありません。技術的にいうと、スケルトニクスは第1世代でほぼ完成系といっていいものです。その後の世代は、基本的に「エグゾネクス計画」を推進する資金集めを目的としたもの。スケルトニクスは第5世代で目的を終えたと思っています。

―本日は、その「エグゾネクス計画」についてお聞きします。元々は、白久さんと阿嘉さんの何気ない会話から始まったものなのだとか。

東京の大学に行っていた阿嘉が、帰省で沖縄に帰っていたのですが、その時も何人かで母校・沖縄高専の工場に引きこもっていて(笑)、いろいろ話すうち、自然と「スケルトニクスでできなかったことをやってみよう」という話題になったんです。2011年の年末でした。

— Until Skeletonics Generation Five was announced in 2014, you were moving at pretty high pace. But this year, so far you’ve only announced a collaboration work with plastic model designer Hiroto Ikeuchi. Can we assume a Skeletonics Generation Six is on the horizon?

Actually, no. From a technical point of view, Skeletonics Generation One was already pretty much a complete work. The generations that came after that were made solely with the intention of raising money to further the greater Skeletonics project. We’ve achieved everything we intended to do with Generation Five, so I think we’ll stop there.

— You say the greater Skeletonics project – by any chance, are you talking about the Exonnecs plan? I heard that the idea arose from a casual conversation between you and the CTO.

Tomohiro was our senior at tech-college, so he left before us to study at a university in Tokyo. In 2011 he came back to Okinawa to visit, and we were all locked away in the college lab just like old times - chatting and catching up. Somehow the topic turned to “let’s try to achieve what we couldn’t do with Skeletonics”, and so the Exonnecs plan was born.

エグゾネクスの完成は2016年の春に Exonnecs due for completion in Spring 2016

―当時の“計画”はどのようなものでしたか?また、完成系との違いはありますか?

スケルトニクスは“動作拡大型スーツ”。人体の能力を増強するパワードスーツではありません。でも、僕らはパワードスーツをやはり作りたかった。また、車に変形させたいという野望もありました。当時の計画だと、大きさはスケルトニクスと同じ2.6~2.8メートルで、重量おおよそ200キロという想定。まだ若かったので、楽観的でしたね(笑)。実際に完成する予定のものは、重さ400キロ前後になるでしょう。また、俊敏な動きはできません。シルエットもゴツくなります。車への変形も実現見送りですね。ただし、約400キロのパワードスーツでありながら、2足歩行を実現することにはチャレンジしています。

―完成はいつ頃に?

2016年の春には開発を終える予定です。とはいえ、エグゾネクスには新しい技術がたくさん使われているので、知的財産権の整理などにある程度の時間が必要。2016年中には公開できればと考えています。

―今後の予定を教えてください。

エグゾネクスは第2・第3世代へと進化するような想定をしていません。完成させること、それ自体が「エグゾネクス計画」のゴールです。一方、会社としてはエグゾネクスの完成が新たなスタートになると思っています。アメリカでは、軍事用に100キロ級のパワードスーツが開発されていたりしますが、エグゾネクスの完成を機に、自分たちも重量級パワードスーツ専門の研究開発機関というポジションで、スタートアップ企業として活動していきたい。さまざまな企業や組織と提携することも考えられますし、投資を受けての研究開発も考えられます。

―自分の手で未来を作り出している白久さんから見て、近い未来の東京、2020年の東京はどうなっていると思いますか?

残念ですが…、とても「5年後は東京の空をアイアンマンが飛んでいます、なんて言えない(笑)。毎日地道に技術を積み重ねている僕らとしては、これが正直な答えです。皆さん、映画やアニメで理想のロボット/パワードスーツを見ているじゃないですか。だから、見た目が似ているスケルトニクスを見ると、「もうすぐアイアンマン実現するね!」とおっしゃってくれる。でも、その“すぐ”は、1年や2年後じゃないんです。一方、100年後、200年後の単位でいえば、実現できるかもしれない。そこに向かって、僕らは毎日1mmでも先に進もうとしています。間違いなく言えるのは、5年後も僕らはパワードスーツを作っているし、いまよりは理想に近づけているはずだということです。

— What kind of things did you talk about? Have you stuck to the original plan, or have you changed bits?

Skeletonics is a robot suit that simply extends the range of movement of human limbs. It doesn’t act to increase human strength. So we wanted to make a powered suit that can enhance physical ability. We also talked about expanding into the field of transformers – something that could morph into car form.

At the time we came up with the plan, we were imagining something within the range of Skeletonics usual size – about 2.6 to 2.8 metres, weighing about 200kg. We were young and optimistic (laughs). In reality, current estimates put the finished piece at about 400kg. Also, it doesn’t look like it’s going to be able to move very quickly. The overall silhouette is pretty heavy going and clunky and - as you could probably guess - we had to say farewell to the transformers idea. So in the end, our challenge has become to be the creation of a 400kg-powered suit that can walk on two legs.

— When is it due for completion?

We’re guessing Spring 2016, but since we’re using lots of never-before-seen cutting-edge technology, we need time to sort out intellectual property rights and stuff like that. Hopefully it’ll be done before the end of 2016.

— What are your future plans after that?

We’re not looking to make any further generations of the Exonnecs suit. We have one plan and one goal that should not need any tweaks. However, I think Exonnecs will open a whole new chapter for us as a company. The US Army is apparently already devising 100kg powered suits, but Exonnecs is more about research and development. We want to approach from the position of a start-up business in the field, and hopefully move forward into corporate sponsorships and tie-ups to further the pursuit of knowledge in R&D.

— As somebody who is making the moves to mould their own future, what do you think is in store for Tokyo come 2020?

Unfortunately, I can’t make any bold claims like “I think Ironman will be flying around the city” (laughs). As specialists who slowly but surely making in advances in technology and acquiring new knowledge, that’s the only honest answer.
Everybody who has seen robot movies sees our powered suits and thinks “Ironman will be here soon!”, but in reality, it’s not just one or two years. It’s hundreds of years of slow technological advances that may or may not result in success. We are the people who are edging forward just 1mm every day with that distant goal in mind. But we feel like we’re getting somewhere. It may just be 1mm, but to us, we’re making valuable progress.

白久レイエス樹(しろく れいえす たつる)

1989年沖縄県生まれ。2013年10月、東京大学大学院在学中にスケルトニクス株式会社を設立。グッドデザイン賞、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦ほか、受賞多数。

SKELETONICS

Reyes Tatsuru Shiroku

Born in 1989 in Okinawa. Established Skeletonics Inc. in October 2013, whilst a student of Tokyo University Graduate School. Awards include: Good Design Award and various others at the recommendation of the Japan Media Arts Festival judging panel.

SKELETONICS
白久レイエス樹 Reyes Tatsuru Shiroku

このインタビューは2015年11月末に行われた。しかし、年が明けた2016年1月14日、突如彼らの公式フェイスブックアカウント、ツイッターアカウントより、「エグゾネクスプロジェクト終了のご報告」という投稿がなされる。エグゾネクスに1つの区切りをつけ、パワードスーツ開発への新たな挑戦に向かおうという“強い意志”を感じる決断だ。「これで終わりではない」という彼らの思い、その一端がこのインタビューからも読み取れるだろう。

This interview was conducted in November 2015. On 14th January 2016, Skeletonics made the sudden announcement on their official Facebook and Twitter accounts that they will be discontinuing the Exonnecs project. However, they remain relentless in their mission to build a powered robot suit - something of which can be gathered from the passion of this interview.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN