東京ショップスタッフ・スナップ vol.2 TOKYO SHOP STAFF SNAP vol.2

ノームコアと対極にあるともいえる、日本の個性的な「kawaii」スタイル。InstagramなどのSNSにより世界中に拡散され、日本のファッションカルチャーに対する注目はますます高まってきている。オンラインショップがあるにも関わらず、著名なアーティストを始め、海外から多くの方が実店舗にわざわざ足を運ぶほどだ。今回は東京を代表する5つのショップスタッフの秋冬コーデを紹介。

If normcore has a polar opposite, it’s got to be Japan’s own “kawaii” style. Social media apps like Instagram have catapulted Japan’s fashion culture to international cult status. Even in the age of online shopping more and more people, including celebrities, are coming to experience the city’s many shops firsthand. We stopped by five of Tokyo’s coolest stores to check out the staff’s fall and winter fashions.

1.CANDY

KANAMIさん(26) ストアマネージャー/ プレス

KANAMI (26)Manager / Press

作り手の趣向が反映されたアイテムを着ることで、聴く音楽の選択肢も増えたというKANAMIさん。パンク好きな韓国人デザイナーによる「99%IS-(ナインティナインパーセントイズ)」からの影響も大きい。ラッパーもロックのバンドTを着ている時代だからこそ、CANDYはジャンルにとらわれないファッションスタイルを提案していく。

KANAMI says that she’s discovered a world of new music through fashion design. She’s been particularly influenced by punk-loving Korean designer 99%IS-. CANDY’s genre-defying styles are a perfect fit for this age where even rappers are wearing rock band tees.

2.Grimoire

高橋リエルさん (21) スタッフ

Rieru Takahashi (21)Sales Associate

ヴィンテージものを好むのは、一点物だからこそアイテムの持つ背景や物語に魅了されるからとのこと。音楽活動(現在休止中)の衣装選びで訪れた同店舗の世界観に惹き込まれ、ファッションに興味を持ち始めたリエルさん。ビーズが特徴的に施された、このヴィンテージのトップスもお気に入り。秋冬のオススメはウールスカート。やはりヴィンテージでどうぞ。

Part of the allure of vintage fashion is imagining the backstory of all the one-of-a-kind items you come across. Before working there, Rieru fell in love with Grimoire’s style while shopping for stage costumes (she’s currently on hiatus from music), giving birth to an interest in fashion. This vintage beaded top is one of her favorite items. For Fall and Winter she recommends trying wool skirts--vintage, naturally.

3.HOYAJUKU

OFFICIAL SITE

Yuko Nakamuraさん(25) スタッフ

Yuko Nakamura (25)Sales Associate

注目の若手デザイナーによるブランド「TAIXHI✳︎KYPAHAΣHI(タイチクラハシ)」の超ロングレインボースリーブと「ラッキー大吉」のベアーキャップを合わせるコーディネートは、誰の目にも新鮮に映る。Yukoさんは、他の人と被らないアイテムの選び方や合わせ方で自分を表現したいという。店内にはかつて原宿を一世風靡した「ヒョーマくん」も。

This ultra-long rainbow sleeve shirt from up-and-coming designer “TAIXHI✴︎KYPAHAΣHI (Taichi Kurahashi)” and “Lucky Daikichi” bear cap look is sure to get double takes. It’s no surprise that Yuko says she tries to choose items and outfits that stand apart. The shop also houses some HYOMA-KUN swag, the mascot that took Harajuku by storm back in the nineties.

4.はやとちりHayatochiri

Juliaさん(20) スタッフ

Julia (20)Sales Associate

自身のブランド「生残伐突(いきのこりばったり)」のスカートに、お経のように漢字が並ぶトップス。柄ものは組み合わせによって雰囲気を変えることができ、元気が出るというJuliaさん。マーチンに貼られた値段シールはふとした思いつきによるもので、その合計金額がマーチンの定価を超えることが目標。履いていくうちにシールが擦れていく感じも楽しんでいる。

Julia says that mixing prints can bring out something new and breathe life into them. The proof is in her outfit, with a skirt from her own brand “Ikinokori Battari” paired against a top with sutra-like print. She put the price stickers on her Docs there on a whim. Note that the total is higher than the shoes’ retail value. She says the fact that they slowly peel away is part of the charm.

5.KIKI2

AKINOさん(30) 店長

AKINO (30)Manager

色とりどりの洋服に、ずらっと並ぶバービー人形やトロール人形。日本人が抱く80’-90’年代のアメリカの女の子の部屋をイメージした店内は、海外の方からは懐かしく見られるそうだ。子供の頃に遊んだプクプクしたシールを取り入れた動物柄スウェットは、今作られている服にはあまりない、思わず触りたくなるデザイン。秋冬のイチオシは、ファーのハットタイプの帽子とのこと。

Barbie dolls and Trolls sit amidst an explosion of colorful clothes. This Japanese reimagining of an Western girl’s bedroom from the eighties or nineties is pure nostalgia for foreign customers. AKINO’s sweatshirt has an animal print just like those puffy stickers we used to play with as kids. You can’t help but want to run your fingers over the design to recapture a bit of your youth. For this Fall/Winter season she recommends fur hats like you see here.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN