TOKYO DEEP SPOT 韓流の街「新大久保」がイスラムタウン化!? Is Tokyo’s ‘Little Korea’ turning into Islam town?

韓国料理店や韓流グッズのショップが建ち並び、コリアンタウンとして知られる「新大久保」。しかし今、その新大久保が急速にイスラムタウン化しているという。一体、何があったのだろう? 実際に足を運び、本当にイスラムタウンになっているのか、現在の街の様子を見に行ってきた。

Shin Okubo. Tokyo’s notorious ‘Korea Town’ - a place where Korean restaurants, supermarkets and market stalls rife with k-pop memorabilia stretch out across the northern side of Shinjuku. But for how much longer? Recently the area’s Muslim community is growing at a rapid pace, as new shops continue pop up around the station. Could Shin Okubo become Tokyo’s first ‘Islam Town’?

JR山手線外回りで、新宿から一駅目にある新大久保駅。住所でいうと新宿区百人町のエリア一帯を指す。約15年前、筆者が初めてサムギョプサルを食べたのは新大久保だったっけ? なんて懐かしい学生時代を思い出しながら新大久保に降り立つと、以前と変わらぬ人、人、人の波。新大久保が衰退しているわけではないようだ。
街ゆく人の会話に耳を傾けてみると、ほとんどが日本語と韓国語。プラス中国語。2003年の『冬のソナタ』、2010年からのK-POPブーム時に比べると日本人の姿は少ないものの、エリアの中心を東西に走る大久保通り沿いは韓国料理店や韓流ショップも健在。往来は活気に溢れ、紛れもない“新大久保コリアンタウン”の様相を呈している。

Located one stop away from Shinjuku on the JR Yamanote Line, Shin Okubo has long been known as Tokyo’s ‘Little Korea’. As I got off the train and wandered around, I couldn’t help relaying memories of all the samgyeopsal I used to eat in Shin Okubo as a student.
The majority of people chattered away in either Japanese or Korean, with a few Chinese tourists spread amongst them. Compared to the days before 2003’s Winter Sonata - the TV drama that launched the Korean wave - the amount of Korean stores and restaurants has increased dramatically. Shin Okubo is definitely still Tokyo’s biggest Korea town.

この街がコリアンタウンになった理由

新大久保がコリアンタウンとなるまでには数々の歴史的背景がある。さまざまな出来事を重ねて現在に至るのだが、エポックメイキングとなったのは1950年、かのロッテの工場が新大久保に誕生してからだと言われている。多くのロッテの従事者が新大久保に移り住み、自然発生的にコリアンタウンとして発展していったのだ。
日本にいながらにして本格的な韓国料理が味わえるうえに、新宿から目と鼻の先という立地ということもあり、数多くの日本人が新大久保を訪れるように。さらに街は活性化し、コリアンタウンとしての広がりを見せることになった。

The beginnings of Tokyo Korea town

Shin Okubo wasn’t always a Korea town. It was only in the 1950’s when Korean conglomerate Lotte installed their Japanese headquarters in the town that a consequent influx of Korean migrant workers increased and modern day Shin Okubo was born.
Suddenly Tokyoites were able to eat genuine Korean cuisine without stepping outside the city, and famously illusive Korean beauty goods became a common-day sighting. Shin Okubo had officially achieved Korean town status.

イスラムタウンは百人町文化通り

さて、まだ見ぬイスラムタウンを求めて新大久保を散策していると、それらしき人々を発見。彼らが向かうその先に、イスラム文化が色濃く現れた場所があった。

Hyakunin-cho street’s growing Muslim influence

I still hadn’t come across anything remotely resembling an Islam town, until I saw two Pakistani men chatting and walking towards Hyakunin-cho street. As I entered the area, it was like I had fell through a vortex that suddenly took me from the streets of Seoul to a vibrant market in Morocco.

そこは新大久保駅の改札を抜けてすぐ、マツモトキヨシの脇を入った百人町文化通り。ここにはハラルフード(イスラム教の戒律で食べることが許されている食材)を使ったレストランや食料品店などが並び、これまでとは明らかに異なる人々の姿があった。というか、ほとんどがイスラム教徒と思われる人たちで、そのほかは筆者のような好奇心で訪れた日本人観光客とローカルのみ。
通りにはケバブショップやイスラム料理に使われる香辛料を扱う店が連なり、歩いているとスパイスの香りが漂ってくる。看板には英語のほかアラビア文字が書かれており、なんともオリエンタルな雰囲気。この場所に関してはジャパンでもコリアでもなく、イスラムタウンと言ってもいいだろう。

But in reality, Hyakunin-cho street is located just as you exit the ticket gates of Shin Okubo station and turn towards the Matsumoto Kiyoshi pharmacists - only a few steps away from the k-pop paradise of Korea town. Grocery stores and restaurants selling Halal food lie side-by-side, and Tokyo’s Muslim population bustle about the streets holding shopping bags.
As I walked along the street looking at the kebab shops and stores selling herbs and spices, the sweet smells of middle-eastern cuisine flooded my nostrils. Signs written in English and Arabian gave the area a distinctly exotic vibe - it certainly didn’t feel like I was in central Tokyo. It definitely wasn’t Little Korea either. Yes, this place was definitely Islam town.

そんな“新大久保イスラムタウン”を象徴するのが、1階に『GREEN NASCO』というケバブショップを構える雑居ビル。緑の看板がとにかく目立つ。ハラルフードを用いたインドネシア料理店『NASCO FOOD COURT』が併設されており、スパイスの効いた鶏の串焼きが店頭で楽しめる。上階にはハラルフードショップもあり、なんとビルの4階にはモスクまで入っているのだ。モスクとはイスラム教の礼拝堂。新大久保でモスクといえばここを指し、1日5回のサラート(礼拝)には多くの教徒が集まる。

Perhaps the most popular store and biggest symbol of Tokyo’s Islam town is ‘Green Nasco’ - a building with a huge green billboard outside. It houses all the best kebab shops - all of course Halal - as well as Indonesian café ‘Nasco Food Court’, home to the spiciest chicken skewers in Tokyo.

なぜ新大久保がイスラムタウンに?

イスラム系ショップが脇を固めるこの百人町文化通りは、“イスラム横丁”と呼ばれ、すでにその名が定着しているらしい。では、なぜここ新大久保にイスラムタウンが形成されたのだろうか?モスクを構えるビルの向かいにある老舗青果店に話を聞くと、「ここは何も変わっちゃいないよ」との答えが返ってきた。この通りには以前からハラルフードショップがあり、モスクもあったという。

Why Shin Okubo?

Why of all the places in Tokyo did an Islam town spring up in Shin Okubo? When I asked the old greengrocer who lived opposite the mosque there, he simply said “nothing has changed here...it’s always been this way”. Apparently Islam town has been here all this time.

日本では遠い国の話に聞こえるイスラム教だが、実はイスラム文化圏は世界各国に広がっている。そしてイスラム教徒が多い国は、1位のインドネシア(およそ2億人!)を筆頭に、パキスタン、インド、バングラデシュと、中東ではなくアジア諸国が上位を占める。彼らが同じアジアである日本に留学や就労で訪れ、各地の外国人街と同様に、イスラム向けのショップができるのは必定。

Although Islam may seem like a hugely foreign concept to most Japanese people, the fact is that the Muslim presence in Japan has been strong for quite some time. Indonesia - the country with the biggest Muslim population - sits right on Japan’s doorstep in Asia. Due to its proximity there is always a steady flow of exchange students and expat workers moving between the two countries.

また、先の東北大震災の影響により、韓国・中国から来ていた人が祖国に帰ったことも大きいとか。日本に残ったイスラム圏の人たちが相対的に目立つようになり、百人町文化通りにあった韓国料理店がインドネシア料理店に変わるなど、イスラム色が強調された。これをメディアが取り上げ、“イスラムタウン”として広まったのだという。

What is more, after the Tohoku earthquake of 2011, many Chinese and Korean residents of Japan moved back to their home countries, damaging Shin Okubo’s Korea town trade. Halal restaurants took over the Korean businesses that had shut down, restoring life to the area.

イスラムというより多国籍

A multinational Islam town

この話を聞いてスッと腑に落ちた。現にこの横丁以外に、メインストリートの大久保通りなどにはイスラムショップは見当たらない。大久保駅方面に歩くと、むしろ中国料理店やアジア各国のショップが多く見られ、コリアンタウンともまた趣が異なる。
どうやら最近の新大久保は、少し棲み分けが進んでいるようだ。山手線の高架を挟んで東側は、以前と変わらぬ韓流ショップが広がり、駅前の路地を入った百人町文化通りはイスラム横丁。大久保駅に向かう西側は、中国をはじめとしたアジア諸国の店が軒を連ね、途中には日本の神社、そして大久保駅付近まで行くとプロテスタント系の教会も。歩いている人の姿もさまざまで、ここはまさに多国籍。世界各国の空気を一度に感じられる新大久保、韓流ブームの頃よりも魅力が増しているのではないだろうか。

Despite the big Muslim presence on Hyakunin-cho street, the neighbouring streets show no signs of Islam town. Instead, there are Chinese stores, Indian restaurants and a whole other selection of delicacies from throughout Asia.
It seems that Shin Okubo isn’t just about Korea town and Islam town. The Korean area by the Yamanote line still holds its influence, just as the Muslim presence on Hyakunin-cho street is strong. Yet the west side is slowly showing the emergence of a whole different set of Asia towns, interspersed with the occasional Japanese shrine or Christian Protestant church. The people that walk the streets are just as diverse as the shops and restaurants there. Shin Okubo is becoming an international village, and it’s never been more vibrant.

イドリスノ マジッドさん
新大久保でも一際目立っていたイドリスノ マジッドさん。ただならぬ雰囲気を持つと思ったら、世界イスラム連盟の東京特派員を務め、日本在住のイスラム教徒向け月刊誌『アルウンマ』発行人という、この界隈ではかなりの有名人だった。

Idris No Madjid
This guy is somewhat of a celebrity in Shin Okubo. Although he may not look it, he is in fact Tokyo’s special representative for the World Islam League and is in charge of the monthly publication ‘Alummah’, made to spread the word of Islam throughout Japan.

左/ゆーすけさん(18歳・大学生)右/だいきさん(18歳・大学生)
日本人のゆーすけさんと、日本生まれ日本育ちの韓国人のだいきさんの二人組。高校の同級生という彼らは、韓流アーティストが多数出演するJYP NATIONを観るために京都から来たという。もともと韓流好きのため、コリアンタウンとして知られる新大久保にやってきたそうだ。

Left / Yusuke (18, Student) Right / Daiki (18, Student)
Japanese student Yusuke has come to Shin Okubo with his Korean-born Japan-raised friend Daiki. Both fans of the Korean wave, they have come all the way from Kyoto to watch k-pop concert ‘JYP Nation’ and hang out in Shin Okubo.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN