増田セバスチャン「原宿に最後まで残るのは、ストリートだと信じている」 Kawaii goes global – Sebastian Masuda and the Harajuku revolution.

きゃりーぱみゅぱみゅの美術を担当し、一躍脚光を浴びることになった増田セバスチャンが想い描く今後のkawaiiとは?

2011年にきゃりーぱみゅぱみゅの「PONPONPON」の美術を担当し、一躍脚光を浴びることになった増田セバスチャン。ただ、彼は突然現れた存在ではない。1995年にオープンしたショップ『6%DOKIDOKI』で、原宿のストリートカルチャーをずっと見続けていたという“草の根”からの表現が根本にある。
そんな増田にとって、きゃりーの登場と東日本大震災は活動の転機となった。「それまでどんな表現をしても注目してくれなかった」大人たちも、彼の存在にようやく気づき始めたのだ。
原宿を世界に発信する役割を担うきゃりーによって、ある意味において増田は活動の自由を手に入れた。アートディレクターからアーティストへ。2014年にニューヨークで開かれた初の個展での作品「Colorful Rebellion-Seventh Nightmare-」は、自身の「自画像」だという。

Sebastian Masuda shot to global fame in 2011 working as art director for Kyary Pamyu Pamyu’s music video.The future of cawaii projects Masuda draws feelings ?

Sebastian Masuda shot to global fame in 2011 working as art director for Kyary Pamyu Pamyu’s wacky ‘PONPONPON’ music video. But it’s not like that was his first gig. Also the owner of ‘6%DOKIDOKI’ in Harajuku, Masuda has been watching the evolution of Harajuku street culture since the shop’s founding in 1995. That’s over ten years of crazy Japanese fashion under his sleeve.
The 2011 Tohoku earthquake timed with the appearance of quirky Kyary was a turning point – “until then, whatever creative output I had wasn’t picked up on”, he says. At last, kids and adults alike were taking note. Stepping up to the role of Harajuku ambassador to the world, Masuda took things to the next level.
2014. From art director, to artist. Masuda’s first solo exhibition in New York saw the installation of ‘Colorful Rebellion: Seventh Nightmare’ – a so-called self-portrait, engulfing an entire room in a rainbow of colours. Masuda explains, “’Kawaii’ isn’t just about appearance. It’s about being in your own little world.” The exhibition went on to be crowned ‘Most Popular’ in NY Art Beat, capturing the hearts of fans and New Yorkers alike.

「“Kawaii”は表面的な可愛さではなく、自分だけの小宇宙で小さな世界。それを7つのパートで構成しました」
個展は『NY ART BEAT』でも「Most Popular」な展覧会の1位を獲得し、ニューヨーカーたちの心をつかむことに成功した。次に挑戦した「TIME AFTER TIME CAPSULE」では、キャラクター型のカプセルに一般参加者たちの"Kawaii”を入れてもらうというイベントを、5年間かけて・10都市で展開予定。東京オリンピックが開催される2020年に原宿に集める、というパブリックアートだ。
「個人的な思い入れやメッセージを詰め込んで、それが一緒になった時に時代や世界が変えられるのか。2020年には各都市のカプセルを原宿で積み上げて、平和のモニュメントにしよう、というプロジェクトです」
日本、そして世界で精力的に活動している増田にとって、常に変容し続ける東京はどのように見えているのだろうか。
「90年代前後、未来の東京は無機質で機械に侵食された世界になると見られていました。それから20年を経て、あちこちに漫画やアニメのキャラクターやゆるキャラがプリントされている。考えられていたものとは違う未来がやってきた。そういう意味では僕が夢見ていた未来。これからもどんどん進化していく中で、原宿に最後に残るのは自分たちが作り上げてきたストリートだと信じています」

Masuda’s latest project, ‘Time After Time Capsule’ enlists members of the global public to fill his giant character-shaped capsules with ‘kawaii’ objects - one for each of his selected ten international cities. Aiming to unveil all the capsules together in Harajuku during the 2020 Tokyo Olympics, Masuda says, “I want to see if when I bring separate country’s people’s thoughts and good intentions together it can change the world. It’ll become a monument of world peace and union.”
At the top of his game in Japan and active as an artist all over the world, how does Masuda view the changing face of Tokyo?
“In the Nineties, the view of the future was this bleak, robotic landscape, engulfed by technology and inorganic matter. Moving on twenty years, you can see the imprint left by the anime and manga of that time, but Tokyo’s become much different to how we imagined. It’s the future that I had always dreamt of. And as time goes on and we evolve and change even more, the only thing that will survive in Harajuku will be the street culture that it was built upon.”

2015年にはコンセプトレストラン『KAWAII MONSTER CAFE』のプロデュースを手がけた増田。自身の"居場所”である『6%DOKIDOKI』も国際色が増していくという。
「6%は21年目だけど、去年はショップボーイや外国人のショップガールも入って、いち早くグローバル化してるし、どんどん過激になってる。2016年はデザイナーも日本人にこだわらなくていい。自分で作った店なんだけれど、オープンソースでいいと思っています」
アーティストとして、そして原宿を体現するショップのオーナーとして……。増田の今後の動向は世界が固唾を飲んで見守ることになりそうだ。

The Masuda-produced ‘Kawaii Monster Café’ opened to roaring popularity in 2015, and as for his own shop ‘6%DOKIDOKI’...
“’6%DOKIDOKI’ is in its 21st year now, yet it’s still as radical as ever. We’ve got foreign sales associates and we’re looking to recruit foreign designers for the first time. I think open sourcing is the way to go to really push the boundaries and get a real mix of international style.”
The leader of the Harajuku movement is going global. It looks like the world is going to get a lot more kawaii.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN