観覧車やレストランもサウナ化する時代へ。最新サウナ・カルチャー入門(後編)

一説によると1960年代、東京オリンピックを契機に日本に根付いたサウナ。
従来の「オヤジたちの楽園」というパブリックイメージがここ数年で一新されつつあるらしい。

その波はタレントやアスリートから先鋭的なクリエイター、経営者にまで広がり、“サウナー”を自称する彼らの間でコミュニティが形成されるほど。その一翼を担う二人の“プロサウナー”の松尾大氏(通称ととのえ親方)と秋山大輔氏(通称サウナ師匠)に取材を行い、前編ではサウナの正しい入り方、通称“サ法”を教わった。

今回は、サウナから生まれているコミュニティや新しいカルチャーとの現在地、その可能性に迫っていく。

“サ法”とは?“ととのえ”とは? 最新サウナ・カルチャー入門(前編)

“ととのえ親方”松尾大さん
プロサウナー、プロととのえ師、サウナビルダー。世界各地のサウナを渡り歩き、アリゾナの山奥で単身5日間断食断水後のサウナを経験。海や川、滝や流氷まで水風呂がわりにするナチュラル系プロサウナーの道へ。現在、サウナに関する番組やCM、イベントなどのプロデュースに関わる

“サウナ師匠”秋山大輔さん
プロサウナー、プロ熱波師、サウナビルダー。20代でサウナに目覚め、国内外の様々なサウナを体験。“ととのえ親方”とともにフィンランドをはじめとする5カ国11サウナを体験し、帰国後すぐにサウナー専門ブランドを立ち上げる。サウナイベントプロデュースなど、様々なサウナ関連のプロジェクトも手掛ける

サウナに秘められたコミュニティとしての可能性

サウナが今注目されている理由についてととのえ親方は、次の3つにあると語る。

「まず、血行が良くなったり発汗して老廃物の排出といった“フィジカル”の魅力。そして雑念や無駄な思考がなくなり、集中力が高まったり、ストレスが解消される“マインドフルネス”効果。そして、コミュニティが形成されやすい“ソーシャル”のポテンシャルが高いのです」

サウナは誰もが知っている存在で、全国各地に存在し、予約も必要なく日常価格で楽しめる。さらに、銭湯や温泉は人によって入浴時間が異なるが、心地良い外気浴がコミュニケーションの場になる。身も心も裸になり、同じサウナを体感した“サフレ(サウナフレンズの意)”に地位や肩書きは、もはや意味をなさない。

その社会性という側面で、サウナ先進国であるフィンランドに訪れた二人には、驚きが待っていたという。

「現地では古くから、サウナは神様が宿る神聖な場所とされ、人口540万人に対し、サウナの数は360万もあるほど暮らしに密着しています。様々な施設がありましたが、観覧車の一つがサウナになっていたり、ファストフードの『BURGER KING』にサウナが併設されていたりしていて、カルチャーショックを受けました」(師匠)

フィンランドのヘルシンキにある世界初のサウナ付き観覧車『スカイ・サウナ』。サウナに入りながらヘルシンキ市内の絶景が楽しめる。屋内ではセルフでロウリュも(写真提供/秋山大輔)

ヘルシンキのBURGER KINGにあるサウナ。15人ほど収容可能で、別途サウナ入場料がかかるがサウナの中からも注文できるという(写真提供/秋山大輔)

さらに、今後、世界のサウナはレストランやバー、クラブ、キャンプなど、様々なカルチャーとミックスしながら進化していくと二人は口を揃える。

とりわけ、移動サウナで北海道の湖や川、滝、流氷まで水風呂に見立てて楽しむナチュラル系プロサウナーでもある親方は、大自然のアウトドアサウナの魅力をこう語る。

2016年にヘルシンキでオープンし、話題となった『Löyly(ロウリュ)』は、海岸沿いに建てられたレストラン併設のスタイリッシュなサウナ。男女が水着で楽しめ、新しい都市型コミュニティスペースとして人気を博している(写真提供/秋山大輔)

「水に塩素が入っていない天然水というのが大きくて、ワインのテロワール(その土地ならでは個性)のように、土地ごとに水の個性が感じられます。自然な環境なので気持ちも解放され、水着着用なら男女で楽しめるので、レジャーの楽しみ方が広がると思います」

一方、都市型の日本のサウナ施設のレベルは世界でもトップクラスだという。

「施設によって差はあれど、清潔が当たり前で、漫画やテレビなどのエンターテイメントも充実していて、美味しいご飯やお酒も満喫できる。さらに仮眠を取るスペースもある。ここまで全体的なホスピタリティが高いのは、世界を探しても日本だけです」(師匠)

元のレベルが高い一方で、カルチャーとして未開だからこそ、日本のサウナには可能性が秘められているのだ。

サウナからそのまま湖に入れる「フロートサウナ」はTTNEブランドが北海道洞爺湖でプロデュース予定。その他にもイリュージョナルな鏡貼りの「ミラーサウナ」や「ドームサウナ」など、新しいサウナの遊び方を提案する(写真提供/秋山大輔)

人と人の距離を心地よく縮めるサウナ・カルチャー

「鎌倉の花火大会の日に面白いサウナイベントがあるので来ませんか?」

『マルシンスパ』で取材をした後日、二人から誘われて訪れたのは、2017年9月に鎌倉の海沿いにオープンした『ZEN VAGUE(ゼン・ヴァーグ)』。

こちらは、日本庭園を配したスタイリッシュな和モダンの斬新な施設。宿泊だけでなくギャラリーやスタジオ、リラクゼーションサロンなど、様々な側面で日本文化を国内外に発信する目的で建てられた。

歩いて海岸まで行ける『ZEN VAGUE』は、サーファーや訪日外国人にも人気が高い

建物の横には宇宙船のような黒い球体が鎮座している。

これは“バレルサウナ”と呼ばれる樽型のサウナ。中にはサウナストーンがあり、約60℃の程良い熱さの空間の中、趣深い日本庭園を眺めながらサウナが楽しめる。

バレルサウナは今注目を集めているフィンランドサウナ。様々なデトックス効果があり、大量の汗をかくのに身体はベタつかずサラっとしたままなのが特徴だ

集まったのはイベント業界人からIT企業人、マスコミ関係者、花師まで多種多様。ファミリーでの参加も少なくない。

陽が落ちる前から始まり、バーベキューを楽しむ人もいれば、さっそくサウナに入り、氷を張ったプールの水風呂で浮遊浴、浜風を浴びながら外気浴……とそれぞれが自由に過ごしている。

19時を過ぎ、轟く破裂音とともに花火がスタート。

「たーまやー!」と子どもたちは声をあげ、大人たちも手に持った箸を止め、夜空を色とりどりに染める華美な花火に見とれていた。

サウナから出た後、お酒やバーベキューを楽しみながら見上げる花火は、まさに格別

バレルサウナの中からも花火が望める。他ではなかなか味わえない風流な光景もさることながら、何より印象的だったのが、参加者の関係性の変化だ。

サウナに入る前は、日本人特有の遠慮がちな距離を感じたが、参加者がひととおりサウナに入った後は、憑きものがとれたように表情が柔らかくなり、「ホームサウナはどこですか?」「あそこだったら“サウナ飯”は……」なんて、初対面の人同士が談笑する姿もちらほら。

「知らない人でも、心身が気持ち良くなるサウナ体験を共有すると、明らかにお距離が縮まります。そして、サーファーそれぞれに『自分の海』があるように、サウナーにも『自分のサウナ』がある。その情報をシェアして人が繋がる。そういう人を増やし、サウナの魅力を広めていく活動をこれからも続けていきたいですね」(親方)

「地方の温泉やスキー場など、サウナを使った地方創生の話がきていたり、サウナは決してマニアだけのものではなく、多くの人の心に響く体験型コンテンツだと思います」(師匠)

ただ心身に良いだけでなく、忙しい都会人の頭を心地よくリセットし、エンターテイメントのポテンシャルを秘めているサウナは、これから日本でひとつのカルチャーに昇華されるかもしれない。


【記事内のサウナ重要人物/場所】
▼“ととのえ親方”松尾大さん
 Instagram
▼“サウナ師匠”秋山大輔さん
 Instagram
▼プロサウナー向けブランド「TTNE PRO SAUNNER」
 WEBページ
▼ZEN VAGUE
 WEBページ


写真=是枝 右恭
取材・文=藤谷 良介
企画=東京ピストル

#CULTURE

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN