落語、活弁。東京に根付いたニュー・レトロ・カルチャーの新しい楽しみ方。 Vintage cinema chic: New Retro Culture in Japan

デジタル情報が水や空気のように当たり前に得られることに慣れているZ世代にとっては、反比例してリアルなエンターテイメントの価値は反比例してどんどん上がってきている。リアルエンターテイメントに関してこの国は長い歴史を持っている。

奈良時代からの能、狂言、江戸時代の歌舞伎。これらは伝統芸能として継続しているものの、現在は一般人には引き続きハードルは高い。
しかし、江戸時代から続く落語、昭和初期からのサイレント映画に声をつける活弁など、比較的安価にチケットの手に入るエンターテイメントは、アンテナの高いZ世代に「再発見」され、享受されている。

21st Century Japan: where digital information is as taken for granted as water or air. Where everybody has wifi internet, a smartphone with all the latest news apps and a TV in every room (including the bathtub). So it may then come as no surprise that Japan knows its stuff when it comes to real entertainment.

As far back as the Nara period there were Noh plays and Kyogen parodies, and from the Edo period, Kabuki. All of these have been continued to this day as a form of traditional performance art, but fail to pull in the modern Japanese audience (the average Joe would much rather watch prank shows on TV than sit around watching guys in masks on a stage). However, there are a couple of forms of traditional entertainment which are being picked up on the cool-kids antenna – ‘Rakugo’ or ‘comic story telling’ from Edo times, and the silent cinema of early Showa.

これらの公演情報は、マスメディアで喧伝されることはなく、ネットの海に点在している。価値の高まったコピーのできないリアル・アクティビティを探すことは、一部Z世代にとってはそれ自体がエキサイティングな宝探しとなる。
例えば、サイレント映画。若い世代にとって映像とは、個室で無料で無制限に手に入る。それには音声と色はすべてついているのが自明である。チャップリン、バスター・キートン、小津安二郎。サイレント映画とは、19世紀後半、映画という新たな表現技法がもたらされたばかりの作品たち。現在から見れば限られた技術の中で、最大限に表現される普遍的な人間の機微。それは、当時にしてみればまったく制限されているという認識ではなく、それどころか映像を映し出すことができるという驚きに満ちた感動をもっての作品作りであることがはっきりと伝わる。

Old-school entertainment is making a comeback, with bloggers and independent magazines listing showings and reviews of vintage cinema - a vast contrast to the modern day 3D HD special effects movie boom. Whereas it’s now a given that films are released in full colour and surround-sound, in the late 19th Century figures like Charlie Chaplin, Buster Keaton and Yasujiro Ozu worked with limited technology to capture the ultimate human disposition.

サイレント映画に声をつける活動弁士は10人ほどであるが、驚くべきことに若い弁士も多くいる。山崎バニラ、片岡一郎、坂本頼光など。
「磯部磯兵衛物語」などアニメ声優もこなす気鋭の活弁士、坂本頼光はこう語る。
「以前は無声映画を懐かしんで見に来る年輩の方が多かったけど、最近はお客さんにも若い人が増えてますね。」
海外ドラマや大作映画もネットを通じて見られる中、劇場に足を運び生声つきの映画を観るという倒錯的かつ知的な快感の価値は、今後さらに上がってゆく。

Generation Z are shaking things up with their interest in silent cinema, going back to a time when motion pictures were fully appreciated and not just taken for granted. The live narrators for recent showings include a range of young voice actors such as Ichiro Kataoka and Vanilla Yamazaki. Raiko Sakamoto, voice actor in popular animes such as Isobe Isobe Monogatari and also a live narrator at silent cinema showings explains, “In the past, it was mainly the older generation who came to watch, but recently more young people are getting involved in silent cinema and making it more popular. In an era where videos can be watched online at the click of a button, the act of actually walking into an auditorium and sitting down to experience a silent cinema production is something kinda cool.”

さらにはるか昔に遡ればスクリーンはまだ登場せず、映像とは頭の中のみで映写されるものだった。大衆にとって最もメジャーな映像娯楽とは芝居や落語、浪曲や講談である。
講談は戦意を煽る軍記もの、いわゆる戦を扱ったものが多かったように、映画でいえば七人の侍やプライベート・ライアンのような戦争映画、政治など社会派映画に当たるかもしれない。

Going even further back to a time when there were no cinema screens and the story was left to the imagination, Koudan (serious story-telling) and Rakugo (not so serious story-telling) were the principle form of entertainment in Japan. Koudan was used to rally the troops during wartime, with storylines akin to Saving Private Ryan or any other violent, dramatic war film you can think of.

一方で、落語はコメディである。幸い、東京には新宿末廣亭、池袋演芸場、上野鈴本などの寄席が残っていて、「毎日」落語と色物が披露されている。それぞれの寄席のHPにも毎日の演者は発表され、テレビに出ている売れっ子の芸人から、人間国宝まで間近で観ることができる。さらにネットや街を知るZ世代は、オークションやネット上のコミュニティ、金券ショップなどを使って安くチケットを入手することもできる。伝統とは単に古いものではなく、人間の普遍的な行動に触れる機会であり、生の笑いを通じて得られる機会は真に価値あるものであり、見抜くことのできるZ世代の間で足を運ぶ人が増えているのは頷ける。休日には時を超えたエンターテイメントの旅をしてみてはいかがだろうか。

On the other end of the scale was Rakugo. Its popularity as a light-hearted form of entertainment hasn’t waned throughout the years, with entertainment halls still standing throughout Tokyo hosting daily Rakugo performances. Check out the homepages of the Shinjuku Suehirotei, Ikebukuro Engeijou or Ueno Suzumoto and you’ll see a mix of popular young celebrities and seasoned veterans all taking part in the Rakugo revival. The Tokyo youth buy their tickets at discount street vendors, online auctions and the independent cinemas that scatter the backstreets of Shibuya and Shinjuku. There’s no doubt about it – old-school culture is making a comeback.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN