RAINBOW FASHION WEEK NY 2016から見るファッションの意味とは Scouring for gold at Rainbow Fashion Week NY.

RAINBOW FASHION WEEK NY 2016が6月17日からスタートした。その中でも今回は6月20日、NYのCaelum Galleryで行われた"URBAN K'NIGHT: DUMPSTER DIVERS"のランウェイをチェックしてきた。

Rainbow Fashion Week NY 2016 begun on 17th June 2016. Out of all the fashion shows to pick from, I went straight for ‘URBAN K'NIGHT: DUMPSTER DIVERS’ runway. But before we get to that, let’s rewind a bit.

RAINBOW FASHION WEEKとは

What is Rainbow Fashion Week?

このイベントは社会的マイノリティの人々がファッションを通して、社会問題とどのように関わっていけるかを提示する場である。このムーブメントが始まったのは2年前からで、その中心にE.JAGAR BECKFORDがいる。自分はNYに来て初めてその存在を知り、レインボーというだけにジェンダーの問題だけを取り上げているのだろうと思っていたが、社会問題全般を取り上げていることに驚いた。そして何よりも普段マイノリティの人々と交流する機会はあまりないので刺激的な経験になった。というのも、軽い気持ちで乗り込んだ先は日本人というか、もはやアジア人は自分ひとりだけで、さらには21歳のひょろひょろした若造は自分だけだった。ある意味かなりのマイノリティである。マイノリティのコミュニティーの中ではLGBTの人々がマジョリティでむしろ自分はマイノリティになっていた。自分が帰属する社会的環境を変えるとマジョリティからマイノリティへいとも簡単に変化してしまう。ここに何か普遍的な問題を感じたのであった。LGBT、宗教、政治、経済、人種、全てにおいてこの問題はつきまとう。

Rainbow Fashion Week is an event created for the political minorities to push various societal debates and issues into the open. It all began two years ago when E. Jaguar Beckford, founder of gender fluid clothesline ‘Jag&s;Co.’, decided to create a politically conscious fashion week.
One would presume that the rainbow mark gestures to LGBT rights, but for Beckford, it in fact encompasses a wide variety of religious, political, economical and racial issues. Before she knew it, Rainbow Fashion Week had become a huge blending of minorities into one gloriously positive majority. As a minority myself – a confused 21-year-old Japanese guy – I attended with a curiously open mind, and was surprised to find such a wide range of issues being brought forward.

FASHIONとDUMPSTER DIVER

Fashion and Dumpster Divers

私たちはファッションからは逃げられない。ファッションなんて気にしないという人がいても、あなたの周りの人々は確かにファッションに気を使うだろう。人をファッションで判断しないという人がいても、あなたは確実に他者/社会からそのファッションを判断基準の一部にされている。ファッション天国または地獄。そんな社会に私たちは生息している。社会問題・環境問題も同じである。あなたがその問題を気にしなくても、社会全体、地球はその問題を絶えず気にしている。

You can’t fight fashion. Even if you yourself don’t particularly care for the trends, there is bound to be someone around you who does. Even if you don’t judge people by their clothes, there is going to be somebody who judges you by yours. Fashion is both heaven and hell; depending on which side you take. That’s just the society we live in.

1つだけ異なる点を挙げるとしたら、ファッションはその人の持つ個性を視覚的、物質的、具体的に表現するが、社会問題は不可視でたいてい抽象的な場合が多い点である。ここにファッションで社会問題に取り組むことの意味があるのではないだろうか。抽象的な問題を具体的なカタチとしてファッションに落とし込む。この過程で問題は私たちの腑に落ちるものとなり、衣服が身体の表面と接するように、その問題を身近に、リアルに感じることができる。そしてそれを最終的にはファッションというアートにまで昇華し社会に共有する。

Compare it to environmental problems if you will. Even if you are blissfully unaware or feigning ignorance to it all, the society around you is still going to be focused on it. However, whilst it can be said that fashion expresses an individual’s personality in a concrete and material way, the same can’t be said for these other societal issues. Environmentalism and other political problems are more often than not pretty vague and abstract concepts.
That is exactly why RFW is using fashion to express these ideas – it presents the issue in an easy to understand visual form. Transforming abstract, far off problems into real life fabrics and materials that come into contact with the body really forces it into the consciousness as an urgent and very real topic. Presenting this all through fashion also has the added plus of media attention – everybody loves a good runway show.

実際に”DUMPSTER DIVER”のランウェイでも服に使われている素材はすべてリサイクルされたものであった。さらに作る過程において環境に配慮していることは言うまでもない。”DUMPSTER DIVER”とは”ゴミを漁る人”を意味するが、このファッションショーではデザイナーが自らDUMPSTER DIVERとなりそこからそれぞれの個性的でメッセージ性のあるファッションを組み上げていた。今後はテクノロジーとエシカルファッションの融合がどのように起きていくか個人的にかなり興味深い。

In the case of the ‘Dumpster Diver’ runway, all the clothes displayed were made of recycled materials. It was the literal definition of itself – almost as if the designers had dived through various dumpsters to find the most obscene and obscure objects to fashion into clothing garments. You don’t get any more real than this – they took ethical fashion and environmentalism to the next level, and definitely left the audience thinking about more than just the clothes.

Tokyo by way of New York

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN