40年前にタイムリープ展覧会「角川映画の40年」 Rewind four decades of film at ‘40 Years of Kadokawa Pictures’ exhibit

©KADOKAWA

日本には複数の映画会社がある。代表的なのは、東宝・東映・松竹。そして、1976年に彗星のごとく現れた角川映画。“出版社”の角川書店を母体に創始され、角川映画は今年で40年を迎える。現在、東京国立近代美術館フィルムセンターでは、角川映画の歴史が見られる展覧会「角川映画の40年」が開催中だ。展覧会に訪れると、入り口に待ち受けていたのは「犬神家の一族」でおなじみの“湖から突き出る足”。そんな奇妙なオブジェに驚かされながら、展示室へ足を進めたー。

Japan has our fair share of movie studios. At the top of the list are household names like Toho, Toei and Shochiku. Then there’s Kadokawa Pictures, the production company that appeared out of nowhere in 1976. Or to be more precise, they appeared as the film arm of publishing giant Kadokawa Shoten. This year marks their 40th anniversary and they’re celebrating with a retrospective at the National Museum of Modern Art, Tokyo. We stopped by the exhibit and were greeted by ‘The Inugamis’ infamous feet.

角川映画40年の歩み

展覧会は、第1章~第4章で構成されている。第1章は「大旋風―角川映画の誕生」。角川映画が映画業界の表舞台へ登場するきっかけとなった作品である「犬神家の一族」を始め、「人間の証明」「金田一耕助の冒険」など、角川映画の“顔”となる作品のポスターや台本などが展示されている。ミステリーやハードボイルド小説の映画化、さらには主題歌も手掛けるなど、出版社から生まれた角川映画の特長ともいえる、“メディアミックスの広報戦略”を感じられる内容だ。

Kadokawa Pictures’ 40 year journey

The show is split into four sections. It begins by walking you through their beginnings in ‘Taking the Industry by Storm - The Birth of Kadokawa Pictures.’ Posters and other memorabilia from ‘Proof of the Man,’ ‘The Adventures of Kosuke Kindaichi,’ their first film ‘The Inugamis’ and other early pictures are on display. Get a glimpse into how the publisher-turned-production-studio’s media mix strategy of adapting mystery and hard-boiled thriller novels and adding incredible theme songs came about.

女優そしてアイドルー角川三人娘

第2章は「“角川三人娘”登場―アイドル映画の時代」。“角川三人娘”と聞いて、ピンとくる人は少ないかもしれない。1978年「野性の証明」でデビューを飾った薬師丸ひろ子が人気を博し、角川映画は“アイドル映画”に力を入れた。その後、オーディションにより発掘された、原田知世と渡辺典子。この3人が、角川映画の看板女優となり“角川三人娘”と呼ばれていたのだ。

Actresses and Idols - Kadokawa’s Sannin-musume

The second area is ‘Kadokawa’s Sannin-musume - The idol film era.’ After the success of 1978’s ‘Never Give Up’ featuring the debut of Hiroko Yakushimaru, Kadokawa Pictures began focusing on so-called ‘idol films.’ Actresses Tomoyo Harada and Noriko Watanabe were discovered at auditions and together the trio of studio starlets formed ‘Kadokawa’s Sannin-musume.’

©KADOKAWA

近年の出演作品から、薬師丸ひろ子、原田知世、渡辺典子の3人を“アイドル映画”を結びつけるのは難しいかも知れない。しかし、展示されている映画のポスターなどを見れば“アイドル”として、角川映画を盛り上げていたことがすぐに分かるだろう。
“角川三人娘”がアイドル映画で活躍していたことを、分かりやすく解説してみよう。例えば、「セーラー服と機関銃」。2006年に長澤まさみ、2016年に橋本環奈で映像化されているため、この2人のイメージが強い人が多いかもしれない。しかし、1981年には薬師丸ひろ子主演で映画化され、空前の大ヒットを記録。このヒットがあったからこそ、現代でもリメイクや続編が作られているのだ。他にも、最近では“アニメ”のイメージが強くある「時をかける少女」。原作は、筒井康隆原作のSF小説であり、1983年に原田知世主演で映画化し話題となった。「時かけ」ブームは、ココから始まったと言えるだろう。
このように現代にも続く人気作品に出演し、主題歌を歌うなど、アイドル女優として“角川三人娘”が日本映画界を盛り上げていったのだ。

Looking at the three actresses now it might be hard to imagine them in ‘idol films.’ Still, one look at Kadokawa Pictures movie posters from that period makes it clear that they were the biggest of the big screen idols.
Let’s take a quick look at the output of Kadokawa’s Sannin-musume starting with ‘Sailor Suit and Machine Gun.’ You may be more familiar with the 2006 remake starring Masami Nagasawa or the 2016 reboot with Kanna Hashimoto, however the original adaptation featuring Hiroko Yakushimaru was released in 1981 and became the runaway hit of the year. The remakes and sequels that followed owe their existence to that initial success. The same can be said for ‘The Girl Who Lept Through Time.’ While nowadays most people only think of the anime, it began as a sci-fi novel by Yasutaka Tsutsui and first hit cinemas in 1983 as a live-action film starring Tomoyo Harada. Kadokawa’s Sannin-musume acted in and sang themes for countless other movies whose popularity continues to this day and gave a huge boost to the Japanese film industry.

そして続く第3章は、「アニメーションと超大作」。日本映画のヒット作がアイドル映画とアニメ―ションに偏るようになった1980年代。角川映画はアニメーション路線も確立し、若い世代にも注目を集めるようになっていった。第4章、「再生、そして現代へ」。展覧会の最後には、「失楽園」や「リング」「恋に唄えば♪」など、Z世代にも見覚えのある作品が並んでいた。角川映画は40年という歴史の中で、数々の話題作を用いる存在となり、幅広いジャンルで、映画ファンに広く愛される映画会社へとなっていったのだ。

Part three is made up of ‘Animation and Blockbusters.’ In addition to idol films the 80s were also responsible for bringing anime to the forefront of Japanese film. Kadokawa Pictures captured the youth market soon after setting up their own animation division. The exhibit wraps up with part four, ‘Rebirth and Beyond.’ Here’s where you’ll find films more familiar to Generation Z, like ‘Ring,’ ‘A Lost Paradise’ and ‘Koi ni Utaeba.’ Over the last forty years Kadokawa Pictures has earned their reputation among movie fans by producing some of our most cherished films across all genres.

新しい出会い

展覧会に並ぶ数々の貴重な資料に心が躍り、まるで40年前へ“タイムリープ”した気分になった。正直なところ、馴染みのない作品が多いかもしれない。しかし、映画の歴史を知ることで、知らなかった作品に出会えたり、昔の作品との繋がりを発見できたりする。ネットやスマホでも映画が簡単に見られる時代に生きるZ世代にこそ、展覧会「角川映画の40年」に訪れてほしいと思った。未来にある新しい出会いもいいが、40年前の映画と新しい出会いをするのも悪くないだろう。

New Encounters

After going through all of the fascinating materials on display we felt like we’d leapt through time ourselves. Frankly, there’s probably a lot of stuff there that you’ve never heard of, but don’t let that stop you from checking it out. The show’s a great chance to learn about movie history and discover something new, especially because the Internet and smartphones have given Generation Z access to every film imaginable. Remember, new encounters don’t have to be limited to the future when you have forty years of film to fall back on.

角川映画の40年

会場:東京国立近代美術館フィルムセンター 展示室(企画展)
会期:2016年7月26日(火)-10月30日(日)
開館時間:11:00am-6:30pm(入室は6:00pmまで)
観覧料:一般210円(100円)/大学生・シニア70円(40円)/高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、MOMATパスポートをお持ちの方、キャンパスメンバーズは無料
主催:東京国立近代美術館フィルムセンター
協力:KADOKAWA

40 Years of Kadokawa Pictures

Where: The National Museum of Modern Art, Tokyo Exhibition Gallery (7th floor)
Dates: July 26 (Tue) – October 30 (Sun)
Hours: 11:00am-6:30pm (admission until 6:00pm)
Admission: Single Ticket ¥210 (Group Admission ¥100)/ University & College Students, Seniors (age 65 or over) ¥70 (Group Admission 40) / Free for High School Students and children under 18; Persons with disabilities and one companion are admitted free of charge. Free with MOMAT passport and to campus members.
Organizer: The National Museum of Modern Art, Tokyo Film Center
Special thanks: KADOKAWA

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN