北島康介初の写真展は水中の新たな表現。写真家・西川隼矢の見る世界 Diving in to Junya Nishigawa’s magical underwater world.

2016年4月10日、東京辰巳国際水泳場で現役引退を表明した元競泳選手・北島康介。彼を水中から捉えた北島康介初の写真展が、6月17日-22日までオリンパスプラザ東京で展示される。撮影したフォトグラファーは、西川隼矢だ。日本で唯一の国立体育大学・鹿屋体育大学の出身で、200メートル自由形で香川県記録を10年間保持したり、アテネ五輪代表選考会の出場経験があったりするほどの筋金入りの元スイマー。大学卒業後は水泳のインストラクターやシステムエンジニア(SE)を経て、写真を撮影するようになった。フォトグラファーとして異色の経歴を持つ彼は、現在唯一のプール専門写真家として活躍している。

彼の写真の特徴は、まるで実際にその場にいるかのような迫力と透明感だ。さらに、美しい写真にもかかわらず、彼は写真に関してすべて独学だという。なぜこのような写真が撮影できるようになったのか。

On the 10th April 2016, Olympic swimmer and gold medalist Kosuke Kitajima announced his retirement at the Tokyo Tatsumi International Swimming Center. Now, a selection of underwater photos taken of the Olympian are set to go on display at the Tokyo Olympus Plaza from 17th – 22nd June. The photographer is none other than ex-swimmer Junya Nishigawa – a graduate of the prestigious National Institute of Fitness and Sports in Kanoya, previous Olympic candidate and ten-year record holder for the fastest 200m swimming freestyle in Kawaga Prefecture. After graduating and working as a pro-swimming instructor, he picked up an interest in swimming photography. He is currently Japan’s leading underwater sports photographer.

His works hold a great sense of presence and power, immersing the viewer in an exciting underwater world. Nishigawa is no doubt a professional, yet he claims he picked up photography by studying by himself. How did he get so good?

一冊の写真集を作ったことが、水中写真家になるきっかけGoing pro

プール環境に特化した水中フォトグラファーになるきっかけは、一冊の写真集だった。西川と同い歳で競技種目も一緒だった水泳選手に山本晴基氏(現・近畿大学水泳部コーチ)がいる。西川と山本氏はライバルであり友人。西川は現役を引退したのち、その友人に自分のオリンピックへの夢を託し応援をしていたのだ。

そんな友人の引退時、SE時代の先輩の影響で趣味として写真を始めていた西川は、山本氏の泳いでいる姿を写真に収め過去のタイムとともに写真集にしてプレゼントした。写真集の中でも特筆すべき一枚に、山本氏を水中で捉えた写真がある。撮影が行われたプールには水中を観られる小窓があり、そこから泳いでいる山本氏を臨場感そのまま写真に収めた作品だ。西川はこの写真が完成したときの興奮を忘れられず、すぐに水中撮影用のカメラケースを購入。水中写真の世界にのめり込んでいくことになる。

The story behind his underwater photography career lies in one simple photo album he created on a whim. Haruki Yamamoto was Nishigawa’s long-time friend and swimming rival. When Nishigawa retired, he entrusted his own Olympic dream to Yamamoto, and made the habit of attending his practices and contests to cheer him on.

Nishigawa decided to present his friend with a photo album, and began to take photos of Yamato’s swimming. One day, he managed to snap a photo of Yamamoto swimming past a small window installed in the pool wall. The rest was history. He dashed out to buy the latest waterproof camera kit and plunged into the deep end of underwater photography.

プールで過ごした圧倒的な時間が生む美しい水中写真“I want to make the beautiful image I see in front of me into a photograph.”

カメラケースを購入した西川は、山本氏に水中写真の作品が撮影できるプールを紹介してもらい作品を撮り始めた。しかし、彼は当時写真に関してアマチュアで、うまく撮影できなかったという。そのため自分自身で試行錯誤して、独自の撮影方法を作り上げた。なぜなら「水中写真の撮り方」が教えてもらえる環境などなく、自分ひとりで研究するしかなかったからだ。

マネキンを購入し水に沈めてライトの当て方を実験したり、写真の現像ソフトを使用して色調整の独自の方法を編み出したり…。「自分が観ていた水中の美しいイメージを写真にしたい」という思いから、西川は研究と撮影を続けた。彼が他のフォトグラファーと決定的に違うのは、「水中で過ごした時間の長さ」だろう。水中での視覚経験の豊富さが、彼の写真の高いクオリティを支えているのだ。そうしてできた彼の作品が水着ブランド「Speedo(スピード)」の目にとまり、広告に採用。フォトグラファーとして本格的に活動するきっかけとなった。

Nishigawa contacted a pool that would permit underwater photography and started to go there with Yamamoto to take photos. At first, his pictures were grainy, blurry and unusable. It was clear that he had some more studying to do. He tried out various methods, and through trial and error managed to create his own professional shooting methods. With there being a huge lack of materials on the subject of taking photos in a pool, he had to research by himself, which meant lots of practice.

He purchased a mannequin and used it to try out different lighting and searched through Photoshop for different editing methods. His mantra: “I want to make the beautiful image I see in front of me into a photograph.” Nishigawa has probably spent more time underwater researching shooting techniques than the majority of photographers put together. But it wasn’t all for nothing – his photos started to make waves and resulted in a tie-up with Speedo for use in their advertising campaigns. This was what launched his photography career for real.

プールをもっと面白くTake the plunge!

現在、水泳やプールを取り巻く環境は変化しており、西川はそのことに危機感があるという。プールでの「飛び込み」や「潜水」は禁止され安全になった。しかし、危険さが少なくなるとともに、プールならではの楽しみも減ったのではないか…。楽しみが減れば、これからの水泳を担う子どもたちが離れていってしまう可能性がある。そうした状況の中、西川は「もっとプールを楽しんでもらえる方法はないか」を日々模索している。西川の活動は写真にとどまることを知らず、彼は現在大型ディスプレイを水中に沈め、プール中で無重力状態でさまざまな映像を体験できる装置を作成中だ。禁止されてしまったことは仕方がない。しかし、海ではなくプールという環境だからこそできるテクノロジーとの融合で、もっとプールが楽しくなるはず。そうした思いが彼の原動力となっている。

Most recently Nishigawa is wary of all the new rules and regulations at pools, citing ‘No Diving’ signs as a big party pooper. He’s all for safety, but with safety comes boring rules, and with boring rules comes a drop in the amount of people interested in pools. He’s constantly thinking of ways to encourage kids to get swimming – he recently came up with an idea to use water’s appearance of weightlessness to take photos of large structures floating as if in mid-air. Of course he was banned from actually doing it. But he’s not giving up that easily. Nishikawa is certain he can use his images for the force of good, encouraging more people to take a dip in a pool.

北島康介に感謝とエールをA celebration of human stamina

今回の北島康介氏の写真展は、彼の現役引退を記念して撮影されたものだが、決して「お疲れ様」というメッセージではないと西川は語る。これまで選手として水泳界を牽引してきたことに関する感謝と、選手活動を終えた北島氏のこれからの自由な活動に対するエールだという。プール専門写真家として新たなステップを踏み出した写真家と引退した北島氏の、水泳界の未来が感じられる写真展に注目してほしい。

The exhibition of Kosuke Kitajima photos is a big celebration of the power of the human body in water. It’s exactly the thing that seals Kitajima’s career as a veteran, and conveys Nishikawa’s message about pool sports perfectly. If you have time, check it out. It may make you want to take that dive in.

西川 隼矢 Junya Nishigawa

西川 隼矢Junya Nishigawa

1982年香川県生まれ。200m自由形香川県記録10年間保持 。アテネ五輪代表選考会出場。鹿屋体育大学卒業後、水泳のインストラクター、システムエンジニアを経験したのち水中撮影を独学で研究し、プール専門の無重力フォトグラファーとなる。 広告、雑誌、水中ウェディングフォトまで幅広く活動中。

Born in Kagawa Prefecture in 1982, Junya Nishigawa is a professional swimming photographer and ex-swimmer. He held the record for the fastest 200m freestyle in Kagawa for ten years. He was nominated as an Olympic candidate and also attended the prestigious National Institute of Fitness and Sports in Kanoya. He worked as a swimming instructor before transitioning into pool photography. His photos have been used in various magazines and advertising campaigns.

OFFICIAL SITE

INSTAGRAM


西川隼矢写真展
「STAY GOLD ~北島康介のこれから~」

プール専門の無重力フォトグラファー西川隼矢が撮影した北島康介氏の3年分の水中写真を集めた写真展。 引退後に撮影した写真には、今もなお静かに燃え続ける内なる情熱が写っていた。

Vol.1

会期
2016年6月17日(金)~6月22日(水)11:00 ~19:00
会場
オリンパスプラザ東京(東京都新宿区西新宿 1-24-1 エステック情報ビルB1F)

Vol.2

会期
2016年6月29日(水)~7月12日(火)9:00~22:30(日・祝~18:00)
会場
東京スイミングセンター(東京都豊島区駒込5-4-21)

Junya Nishigawa ‘STAY GOLD – Kosuke Kitajima’

A selection of underwater photos taken over the course of three years detailing pro-swimmer Kosuke Kitajima – the Olympic gold medalist who announced his retirement this year.

Vol. 1

Dates
17th – 22nd June 2016, 11:00 – 19:00.
Place
Tokyo Olympus Plaza (B1F 1-24-1 Nishi-Shinjuku, Tokyo)

Vol. 2

Dates
29th June – 12th July 2016, 9:00 – 22:30 (18:00 on Sundays and national holidays)
Place
Tokyo Swimming Center (5-4-21 Komagome, Toshima-ku, Tokyo)

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN