「千羽鶴 SENBAZURU」に込められた日本独自の想いと外国人が訪れるおりがみ会館 The traditional Japanese art of Origami ‘Senbazuru’.

「鶴」は古くは、「たづ」(田鶴)と呼ばれ、神の鳥と考えられてきた。千年を生きるとされ、長寿を誇る、めでたい鳥として尊ばれている。純白の羽毛に飛翔の姿は美しく、高貴で凛とした立ち姿は、品位ある吉祥のイメージそのものだ。

The ‘tsuru’ – or crane – is an auspicious bird in Japan, said to be linked to the Gods. Rumoured to live for a thousand years, the tsuru is a bird of loyalty, strength, beauty and nobility. Carrying luck on its snow-white wings, the tsuru is highly respected throughout Japan as a lucky omen.

千羽の「鶴」によせる思い — 日本独自の「吉祥イメージ」‘Senbazuru’: one thousand origami cranes held together by strings

「吉祥」という言葉は、「よいことのしるし」、また「めでたいしるし」という意味をもち、この概念を目に見えるようにしたものだ。「鶴」の姿は、ひとつのモチーフとして、時には写実的に、また図案化され、多種多様な「おめでたい日」のために意匠化されてきた。
日本人は折り紙を折る際、そのプロセスにも意味をもつ。たとえば、相手のことを思いながら、幸せになってもらいたい、元気になってもらいたいなど、目に見えない気持ちを、「折り鶴」を依り代(よりしろ)として託すのだろう。それは「祈り」に近いものと考えられる。
そのひとりの心と願いが、たくさん集まり、糸でつながって「千羽の鶴」となって誰かのもとに届けられるのだ。

The tsuru is included in symbolism on a number of occasions in Japanese culture. Perhaps most famous is the ‘Senbazuru’ - an arrangements of one thousand origami cranes held together by strings. In Shinto, the origami tsuru acts as a ‘yoroshiro’ – an object capable of attracting spirits. Whilst the maker is folding the origami paper, their wishes are believed to be heard by these spirits, giving the Senbazuru auspicious power. As the thousand tsuru join together, they are said to be able to grant wishes, hence the popularity of Senbazuru at wedding ceremonies as a token of lifelong happiness or luck.

国内外に伝統工芸としてのおりがみを伝える「お茶の水・おりがみ会館」Japan’s origami master

東京都文京区にある「お茶の水・おりがみ会館」。国籍問わず「一枚のおりがみ」で自然に誰とでもコミュ二ケーションがとれる施設だ。
そこの館長である小林一夫氏に話を伺った。その“ひととなり”は天才肌というのか、柔軟な発想が次から次へと湧いて出てくる、それでいて、驕り高ぶりは一切ない。そのためか小林氏のまわりにはいつも人が集まって来る。

In Bunkyo-ku, Tokyo, there is a famous origami company catering to all nationalities, teaching origami and creating chance for cultural exchange. The president, Kazuo Kobayashi, is a genius with his hands, sculpting the intricate origami figures with poise and grace, reflecting centuries of Japanese art and craftsmanship.

おりがみ会館が会館した経緯Humble beginnings

創業時は襖(ふすま)を扱っていたが、襖は徐々に生活様式の変化とともに、必要としなくなってくる。すると、その襖紙を切って売るといった商売をする所が出てきた。そうした頃、(1885年)文部省から、教育の為の教材として、「色紙」の製作を依頼されたのだそうだ。その当時は、株式会社「湯島の小林」として運営していたが、「これだと分かりにくい。“おりがみ会館”とした方が、みんなに判りやすいから変えよう」という一言で「おりがみ会館」は生まれたのだ。

The Origami Kaikan arose as the Kobayashi family business dealing in ‘Fusuma’ (Japanese sliding screen doors) started going downhill. It was 1885 and the tendency towards more modern, Western style housing packed a punch to the family’s livelihood. Around the same time, the Ministry of Education called on the family to manufacture coloured paper for schools, inspiring them to change their company name to the ‘Origami Kaikan’ (kaikan meaning ‘meeting house’).

おりがみ会館を展開するにあたり、一つの想いもあった。Under the master's watch

「折り鶴は折る人の”心”なんだよ。それを権利だとか、商標のようにモノ扱いをする人が、いろいろなところで出はじめた。だから、おりがみ会館を作ったんだ。常に新作品を出すことで、みんなに真似される立場に立つこと、いつも人より先に行ければいいと思って運営しているよ」。

The ‘meeting house’ part relates back to the one thousand origami cranes, and one more important point not yet mentioned. According to tradition, only the maker himself can bestow a wish upon the Senbazuru. Hence the Origami Kaikan arose as a place for people to make their own Senbazuru under the watchful eye of an origami master.

おりがみ会館の海外での反響と今後の展望Taking origami global

おりがみ会館を訪ねる外国の方々の反応を聞くと、「それはすごく驚いてる。ガイドブックにもなっているからね、世界中が注目しているよ。次のオリンピックに向けてもいいんじゃないかと思うよ」。
さらに、折り紙の「これからの東京」を見据えて、いろいろなところとタイアップやコラボしているという。「みんな向こうからやって来ますよ。一生懸命していると、人が集まって来る。人が集まれば何かになる」。
日本独特の文化である折り紙。折る人の”心”を具現化した「千羽鶴」が「SENBAZURU」として世界へ伝わっているようだ。

The Origami Kaikan keeps its doors firmly open to tourists, eager to share this unique Japanese art with the world. In anticipation of the 2020 Tokyo Olympics, Kobayashi is anticipated to further collaborate with big brands in order to expose the beauty in Japan’s traditions and increase the popularity of origami. The tsuru may just be spreading its wings.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN