御御籤(おみくじ)を楽しむ日本人のこころ The right way to enjoy Omikuji: Paper Fortunes in Japan.

毎年7月9日・10日は浅草寺の四万六千日(しまんろくせんにち)。この日に参詣すると、観音様から4万6000日参詣したのと同じ功徳が得られるという特別な日である。また、これに合わせて100以上の露店が軒を連ねるほおずき市が開催され、浅草はいつもに増して賑やかで華やかな2日間となる。Z TOKYOでは過去にこの浅草寺でおみくじについてのインタビューを行っている。夏の風物詩を楽しみつつ、日本文化「おみくじ」に改めて触れてみるのはいかがだろうか。

神や仏に祈願し、物事や儀礼の行われる日の決定や吉凶を占うために使われる籤。現在では当たり前のように楽しむ「おみくじ」だが、意外と知らないことが多いのも事実だ。そこで今回は、都内最古の寺院と言われ、国内外問わず有名観光スポットでもある「浅草寺」のおみくじについて伺った。

9th and 10th of July are called shiman rokusen nichi(4万6千日), it means 46,000 days and held in Senso Ji Temple, Asakusa. If you visit the temple on those 2 days, it corresponds that you've worshiped there 46,000 days. At the same time, there is an event, "Hozuki ichi", chinese lantern plant market, held in the precincts. There are over 100 street stalls, so many people visit there to enjoy shopping. We had an interview with Senso-ji to ask Omikuji, japanese fortune telling paper. Please enjoy the Japanese summer tradition and culture "Omikuji".

Omikuji are small paper fortunes. There’s probably not a temple in Japan that doesn’t have their own box ready for people to pick at random and discover what their future holds, however there is still a lot unknown about the little novelties. Z TOKYO visited the oldest temple in Tokyo, the world-famous Senso-ji to find out about the charm of omikuji.

Q.「おみくじ」の由来を教えていただけますか?Where do omikuji come from?

「おみくじ」の由来としては、二つの説があります。ひとつは、中国の南宋末期のみくじ「天竺霊籤(てんじくれいせん)」が基になって室町時代日本中に伝わったという説。もうひとつは、鎌倉初期、藤原定家の「明月記」の中に、将軍の跡継ぎを決めるために籤を引いたという記録が残されています。ちなみに、「おみくじ」は「お」も「み」も敬語であり、漢字では「御御籤」と書きます。
また、一般的におみくじを「引く」と表現しますが、本来は観音様に「伺う」、「お聞きする」ことを意味します。これは、日本のおみくじのもとになった「観音百籤」から来ています。

There are two theories about where omikuji originate. One supposes that in the ending years of the Southern Song Dynasty in China, small fortunes called ‘tenjiku’ were circulated and then passed on to Japan in the Muromachi era. Another theory points to early Kamakura era Fujiwara No Sadaie’s ‘Meigetsuki’, in which it is noted that the shogun’s successor was decided by omikuji.

Q.「御御籤」を引くまでの一般的なプロセスというものはありますか?Is there some kind of process you must go through before choosing a fortune?

本来は一時間ほどの「お経」を唱えた後に、おみくじを取ることができます。今の時代ではしておりません。

Originally omikuji were selected after performing a one hour-long sutra. Nobody does that nowadays though.

Q.浅草寺では、どのような「御御籤」を扱っていますか?また縁起のいい順番を教えてください。What kind of omikuji do you use at Senso-ji? Also, what is the order of luck with omikuji?

浅草寺で行う御御籤は、「振りくじ」というものです。長方形の筒の中に、一から百までの漢数字で記された百本の細い竹の棒が入っています。これを振り動かして上部の小穴から一本だけ抽き出し、記された番号と同じ番号の紙籤(しせん)を授与されるというものです。縁起の良い順番は、大吉、吉、半吉、小吉、末小吉、末吉、そして凶となります。

Our omikuji are called ‘furikuji’. They sit in a long cylindrical tube with kanji numbers written upon them. The luckiest fortune is called ‘daikichi’ (excellent luck), then ‘kichi’ (good luck), ‘hankichi’ (half good luck), ‘shoukichi’ (slightly good luck), ‘suekichi’ (future good luck) and ‘kyou’ (bad luck).

Q.「御御籤」に書かれている(一般的な)意味について教えてください。What is the meaning of the stuff written on omikuji?

時代による読み方や、意味の解釈が現在と少し違いがあるかと思います。例えば、「待ち人(まちびと)」とは、人生を導いてくれる人。「失物(うせもの)」とは、失ったもの、落し物など。「安し」とは、簡単、難なくできる。「訓」は物事の意味を教え説く。そして、「出ず(いず)べし」とは、出てくるだろうという意味です。

There are different interpretations depending on the generation. However I’d say that in general, two empty brackets often mean ‘a person who guides you through life’. The kanji ‘yasushi’ means something will be easily completed. ‘Kun’ means that you will learn a life lesson, and ‘beshi’ means something will occur.

Q.引いた「御御籤」は、いつまで有効なのですか?How long is the omikuji valid for after you’ve opened it?

それは籤を引いた人の理解によるものだということです。籤を引いた「その時」、「今」で終わるということなのです。人により旧正月、正月を一区切りとしている方もいます。

It depends on the understanding of the person. Some people are instantly enlightened, others reflect back on holidays such as New Year.

Q.引いた「御御籤」は、どうしたらいいのでしょうか?What are you meant to do with your omikuji once you’ve read it?

浅草寺では、「凶」のみを結ぶのです。後は持ち帰って財布に入れたり、お守り代わりに携帯したり身につけたり、自分なりの受け止め方でいいのです。

At Senso-ji, we tie the ‘kyou’ (bad luck) fortunes to a big string at the temple so that they won’t come true. All the other fortunes should be taken home – you could put it in your purse or bag or decorate your phone with it.

Q.そもそも、「御御籤」をなぜ結ぶのですか?Why are the bad luck omikuji tied up?

これは、観音様と「縁を結び、凶を転じて吉に転じることもある」といった意味で結ぶのです。

The Bodhisattva says that if you tie bad luck to a rim, it will turn round the other way and turn into good luck.

日本の「おみくじ」はもともと中国の籤を元にしたものだが、英語版のおみくじが作られるなど海外からの観光客がくじを引く光景も珍しくなくなってきている。「御御籤」の由来を知ることで、日本の若者や外国の方々にも、もっと日本の文化の「楽しみ方」を共有できるのではないだろうか。

Luckily for those of us who don’t speak Japanese, tourist spots throughout the country are beginning to cater to visitors with their own English version omikuji. However if you ever fancied picking an original Japanese copy up, now at least you can guess the meaning!

#CULTURE

関連記事はありません。There are no related articles.

MOST POPULAR

LOGIN