Sneaker fever:Orphefootwear revolution

足元から始まる未来 ネオスニーカー「Orphe」


It’s a common saying in Japan that “fashion begins from the feet up”, but one brand in Japan is on a mission to prove this as they direct the face of fashiontowards the foot. We introduce Orphe’s LED sneakers, able to rave in time with the wearer’s beat.

足の動作に応じて、LEDがリアルタイムに光を表現するReal-time LED to the rhythm of your feet.

昨年の秋、ドクとマーティがデロリアンでタイムスリップしてきた10月21日に、ナイキは新しいスニーカーを発表した。「Nike Mag(ナイキ マグ)」。映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART II」に登場した、自動で靴ひもが締まるスニーカー「Nike Air Mag」を商品化したものだ。ツイッター上では、マーティを演じたマイケル・J・フォックス本人がNikeMagを試着する様子もツイートされ、ファンの間で話題となった。発売は2016年春の予定で、限定数生産かつオークション形式での発売となっている。限定生産かつオークションとはいえ、未来は足元からやってきたわけだ。時を同じくして、東京でも足元に未来が訪れた。その名は「Orphe(オルフェ)。東京発のスタートアップ「no new folk studio」が開発した「Orphe」は、足の動作に応じて、スニーカーに搭載されたLEDがリアルタイムに光を表現するスマートシューズである。

Last autumn on 21st October, when Marty McFly and Doc were due to time-slip “Back to the Future”, Nike Mag released their own take on the movie’s famous shoes – the world’s first ever self-tying sneakers. The photo of Marty’s real life actor, Michael J. Fox trying on the Nikes instore went viral on Twitter. Due to be released this Spring, numbers will be limited and auctions are expected to reach record sales figures.

It seems that the love for sneakers has reached its heyday, with sneakerheads around the world eagerly snapping up rare and limited pieces online. Fashion’s focus has returned to the foot. The same goes for Orphe’s sneakers. Released through the Tokyo studio ‘no new folk’, the LED sneakers that flash in time with the wearer are already a hot topic.

動き・音・光のパターンはスマートフォンやタブレットで作成&シェア可能Customisable light and sound through your smartphone

2015年3月に、3万ドルの目標額でクラウドファンディングサイト「Indiegogo」に出品されると、200%超の金額でサクセスを果たした。同サイト上で現在も支援・購入可能だ。「Orphe System Kit - InDemand」は$330で、1月末時点では2016年の5月に配送されるという。「Orphe」のソールには、モーションセンサー/100以上のフルカラーシリアル制御LED/Bluetooth(R)LEモジュールなどが内蔵されており、ユーザーは自分の動きにあわせて、光や音のパフォーマンスを自由に創造できる。足の動きで音楽を演奏することも、足元に美しい光の明滅をまとったフラメンコを踊ることもできるわけだ。ちなみに、動き・音・光のパターンは、スマートフォンやタブレットを通じて作成可能。これらのカスタマイズデータは「SCENE」と呼ばれ、ネット上でシェア可能になるという。さらに「no new folk studio」は、SDKの配布も宣言している。今後は、様々なデベロッパーによってOrphe対応のiPhone/Androidアプリが開発されていくかもしれない。

Using crowd-funding site ‘Indiegogo’, the brand achieved 200% of its targeted $30,000 target on start-up and continues to use the site as an ordering platform.‘Orphe System Kit – InDemand’ is on custom-order sale for $330, expected for shipment by May.The sole is made up of motion sensors, over one hundred full colour LED lights, and a Bluetooth (R)LE module. It’s pretty serious stuff.As users customise the lights and sounds towards their dance-style, the versatility of the sneakers really stands out, and is being uploaded in videos all over the internet.There are also talks by developers to create iPhone and Android aps especially for Orphe. Will this be the next wave of sneaker fever to hit the global market? You heard it here first.


Orphe official site