エミネムの人生が投影された、元世界チャンプと家族の再生「サウスポー」 Compelling human drama with added punch: ‘Southpaw’

ボクシング映画には数多くの名作が存在する。その理由は、ボクサーが命をかけて勝負に挑むサクセスストーリーと、家族やトレーナーたちとの人間ドラマが多くの人の心を魅了するからだ。「ロッキー」(76)、「レイジング・ブル」(80)、「ミリオンダラー・ベイビー」(04)、「シンデレラマン」(05)、「ザ・ファイター」(10)…この名作揃いのジャンルに新たに「サウスポー」が加わる。

Ok, ok. There’s already a bunch of boxing movies on the market. But come on. Who doesn’t love the determination and drama of a big fight? I’m sure you’ve heard of Rocky and Raging Bull, Million Dollar Baby and Cinderella Man and who’s not forgetting the gritty story of The Fighter. But there’s finally a new kid in town - ‘Southpaw’ is hitting Japanese cinemas this June.

本作は、全てをなくしたボクシング元世界チャンピオンのビリー・ホープが、家族との絆を取り戻すために、どん底から這い上がり、再びリングへ上がる復活劇。「ブロークバック・マウンテン」(06)、「ナイトクローラー」(15)などで評価されてきた演技派ジェイク・ギレンホールと、「トレーニング・デイ」(01)、「イコライザー」(14)で世界を揺るがし、自身もボクサーであるアントワーン・フークア監督が初タッグを組む。

Billy Hope is a world champion who has it all, but when things go wrong, he goes to great pains to regain both his title and family life. Highly acclaimed Jake Gyllenhaal (Brokeback Mountain, Nightcrawler) stars, with Antoine Fuqua in the director’s chair – the name behind classics like Training Day and The Equalizer and also an avid boxer himself.

また注目したいのは、エミネムが書き下ろした主題歌「Phenomenal」。ビリーの厳しいトレーニングと激しい闘争心を盛り上げるが、実は元々、本作はエミネムの半生がモチーフとなっている。さらに、エミネムはサウンドトラックのエグゼクティブ・プロデューサーを務めるなど、音楽面からもサポートしている。
これはひとりのボクサーのストーリーではなく、誰もが共感できる物語。すべての大人たちに捧ぐ一本だ。

Eminem features on the soundtrack, as both executive producer and contributor of his own material, such as the main theme ‘Phenomenal’. The movie’s screenwriter was in fact said to have been inspired by Eminem’s own personal struggles, hence the inclusion of his work in the score.
It’s certainly good on paper, but Southpaw goes the extra mile in the cinema too. It’s not just a boxing movie – it’s real human drama that packs a punch. Literally.

『サウスポー』

6月3日(金)全国ロードショー


Southpaw

In cinemas nationwide from 3rd June

OFFICIAL SITE

THE MOVIE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN