マドンナが絶賛する、パレスチナの今を描いた衝撃作「オマールの壁」 Gritty, moving and real: Omar

オマールの壁

パレスチナ代表作品として第86回アカデミー賞 外国語映画賞にノミネート、さらに第66回カンヌ国際映画祭 ある視点部門 審査員賞受賞と、すでに高く評価されている映画「オマールの壁」。あのマドンナまでも「この凄い映画を観るべき!」と賛辞を呈するこの映画の魅力とは?

Nominated for best foreign film at the Academy Awards and winner of the Cannes Film Festival Jury Prize, Palestinian drama film Omar is a must-see. Even Madonna says so (apparently it’s her favourite movie).

舞台は長きに渡りイスラエルによる占領状態が続くパレスチナ。ここにはイスラエル政府がテロの抑止という名目で建設した高く厚い壁が町を分断し、そこに生きる人々を抑圧し続ける。主人公のオマールは日々危険をかいくぐりながらこの壁によじのぼり、壁の反対側に住む恋人のもとへ通っていた。この現状を打破して自由を掴みとるために、彼は仲間とともに立ち上がるが、あらぬ容疑で捕らえられてしまう。厳しい拷問を受け続けるオマールにイスラエルの秘密警察は、仲間を裏切りスパイになるかこのまま死ぬまで囚われの身となるかという選択を迫る。果たしてオマールの運命は…。
過酷な占領下で生きる若者たちの今を鮮烈に描いた本作。監督のハニ・アブ・アサドをはじめ俳優やスタッフはすべてパレスチナ人で編成され、撮影も全編パレスチナの地で敢行。さらに100%パレスチナの資本によって製作されたという、まさに純粋なパレスチナ映画だ。

The scene is set in Palestine, a country well used to being on edge as tensions with neighbouring Israel persist. The famous Gaza wall, constructed by Israel to suppress terrorist activities stands as a symbol of suppression, danger and hostility. Yet that doesn’t stop Omar, a young Palestinian freedom fighter, from climbing over the wall in the face of death each day to meet his lover Nadia. He rallies a team to stage an attack on Israeli soldiers, yet events lead to his arrest by the opposing authorities. What follows is a gut-wrenching spiral of torture and difficult decisions. Will Omar buckle and become an undercover spy for the Israelis, or stick to his guns and withstand the violent persecution?

ハニ・アブ・アサド監督は以前手掛けた「パラダイス・ナウ」(2005年)でもパレスチナ問題を描いている。本人がパレスチナ人なのだから、当然といえば当然なのかもしれないが彼はインタビューで、「偉大な映画とは時代や場所を超越したモチベーションを持つ登場人物が上手く描かれている作品だ」と語る。これはおそらく、本作「オマールの壁」で重要なのは、パレスチナの深刻な問題を世界に訴えるといったことよりも、そういった状況を通して人間が内側に持つ愛や友情といったものが時にどれだけ強く、どれだけ脆いものなのかをいかに伝えられるか、ということではないのだろうか。
果たして目には見えない人間関係の要である「愛」は、目に見える圧倒的な脅威の象徴である「壁」を打ち崩すことができるのか。是非ともその目で確かめてみてほしい。

The film gives a vivid insight into the lives of the youth living under occupation – a sight that is raw, real and sometimes hard to take in. Director Hany Abu-Assad, all the film staff as well as all the actors are Palestinian, and the film was shot on set in Palestine. It’s about as Palestinian a movie as you could possibly get, but in a way that’s what makes it so great – it’s a rare peak into the mindset of a people who’s real thoughts are often lost amongst the news stories and political events. Hany Abu-Assad’s previous works include 2005’s ‘Paradise Now’, which also looks at the Palestine/Israel issue, but Omar goes one step further to paint a honest picture of youth and their current consensus on the state of things. Of course, political issues are raised, but the main themes of love and friendship are a strong reminder to look at the humanity behind the news stories, and how fragile the line between friend and foe lies.

『オマールの壁』(原題:OMAR)

監督・脚本・製作
ハニ・アブ・アサド
出演
アダム・バクリ、ワリード・ズエイター、リーム・リューバニほか
配給・宣伝
アップリンク

OFFICIAL SITE


Omar

Directed, written and produced by: Hany Abu-Assad Starring: Adam Bakri, Waleed Zuaiter, Leem Lubany

Distributed in Japan by:Uplink

THE MOVIE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN