あした映画行こう! ニューヨークに魅せられた写真家たちの物語「フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク」 It's movie time! The super cool story of New York's best photographers, 'Photographers in New York'

東京やロンドンと並んで、常に新しいカルチャーの発信地として注目を浴び続けている街、ニューヨーク。そんな都市に魅せられ、長年撮り続けている写真家たちをフォーカスしたドキュメンタリー映画「フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク」が公開される。

On par with Tokyo and London in terms of its cultural influence is of course New York. Now, a documentary movie focussing on the legendary photographers who live there is hitting cinemas in Japan this month.

女性写真家/フィルムメーカーのシェリル・ダンによる初の長編作品で、ブギー、ブルース・デビッドソン、エリオット・アーウィット、ジル・フリードマン、ブルース・ギルデン、レベッカ・レプコフ、メアリー・エレン・マーク、ジェフ・マーメルスタイン、ジョエル・マイエロウィッツ、マーサ・クーパー、ジャメル・シャバズ、クレイトン・パターソン、リッキー・パウエル、マックス・コズロフ、リュック・サンテといった15人の著名な写真家が登場。それぞれの写真の題材は多岐に亘り、グラフィック、ヒップホップ、ギャング、ドラッグ、地下鉄、警察官、消防士、アフリカ系アメリカ人コミュニティ、個性的な面構えの人々などなど、人生を賭して追いかける被写体は様々。写真家たちが自身の写真のエピソードなどを語る、その語りにもそれぞれのイズムが強烈に内包されている。

Film maker Cheryl Dunn's first feature length picture, the movie features celebrated photographers Boogie, Bruce Davidson, Elliot Erwitt, Jill Freedman, Bruce Gilden, Rebecca Lepkoff, Mary Ellen Mark, Jeff Mermelstein, Joel Meyerowitz, Martha Cooper, Jamel Shabazz, Clayton Patterson, Ricky Powell, Max Kozloff and Luc Sante. A bunch of different people, a bunch of different photos. Graphic photos, photos on gang culture, hip hop and drugs, the subway, police, firefighters, the African American community...all people putting their lives on the line every day, and each one with a different story, told by the photographers themselves.

映像の中には名作と言える写真の数々が使用されており、ニューヨークという街の移り変わりやその時代の雰囲気を感じさせる、歴史的な資料価値もあり。フィルムとデジタルについて語る世代間闘争のような場面は興味深く、かたくなにフィルムにこだわり続ける写真家もいる。それはそれでいいと思うのだが、ジル・フリードマンが放つ「機材は関係ない、本質は写真だ」という言葉に深く同意。時代は確実に動いているわけで、新しいものを鋭敏に捉え、貪欲に取り入れる姿勢こそが、時代とうまく付き合い、乗り越えていく秘訣なのだろう。

Some hugely famous shots crop up amongst the mix, each capturing a specific part of New York's past, like historical artefacts. The contrast between film and modern day digital is fascinating, as some photographers explain their affinity for film cameras, refusing to adhere to present day norms. However, as Jill Freedman says, "it's not about the equipment: it's about the photograph". And boy, there are some good photographs.

その場、その刹那にしか存在しない被写体。宝物のような瞬間を求めて、写真家たちはニューヨークの街中を日夜彷徨い続けている。ドキドキとするような一線を越え、何ものにも代えがたい輝きと出会える確立が、非常に高い場所がニューヨークなのだ。それは東京という街も負けず劣らないと思う。
この映画を観た後、街へ飛び出し、何かを見つけて撮りたくなる。カメラを持って街へ出よう。一瞬の輝きを探そうとする意欲が、見える景色を変える。そして衝動で撮り始めたことが、有名写真家へのきっかけになるかも。

The subjects of each shot captured at a single moment in their lives, living forever in print as a representation of New York and all it has gone through to get where it is today. It's the kind of film which makes you want to get your camera and go out into the city to capture your own little piece of history. Who knows - it could inspire a whole new generation of photographers.

フォトグラファーズ・イン・ニューヨーク

監督:シェリル・ダン
音楽:エンドレス・ブギー
出演:ブルース・デビッドソン、エリオット・アーウィット、ジル・フリードマン、ブルース・ギルデン、レベッカ・レプコフ、マリー・エレン・マーク、ジェフ・マーメルスタイン、ジョエル・マイエロウィッツ、マーサ・クーパー、ジャメル・シャバズ、クレイトン・パターソン、リッキー・パウエル、ブギー、マックス・コズロフ、リュック・サンテ
配給:Akari Film
2016年8月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次公開

Photographers in New York

Director: Cheryl Dunn
Music: Endless Boogie
Starring: Boogie, Bruce Davidson, Elliot Erwitt, Jill Freedman, Bruce Gilden, Rebecca Lepkoff, Mary Ellen Mark, Jeff Mermelstein, Joel Meyerowitz, Martha Cooper, Jamel Shabazz, Clayton Patterson, Ricky Powell, Max Kozloff and Luc Sante
Distribution: Akari Film

Showing in cinemas across Japan from 6th August 2016

THE MOVIE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN