ジョディ・フォスターが見つめる、格差社会の価値観と日本文化 Jodie Foster on ‘Money Monster’

ジョディ・フォスター監督×ジョージ・クルーニー×ジュリア・ロバーツという全員がアカデミー賞を受賞している超豪華スターがタッグを組んだリアルタイム・サスペンス大作「マネーモンスター」。
「告発の行方」(89)、「羊たちの沈黙」(91)で2度アカデミー賞主演女優賞を獲得しているジョディ・フォスターは、女優として活躍する一方で監督にも挑戦するなど、それまでのハリウッド女優という型にはまらない道を開拓している。
8年ぶりに来日したジョディ・フォスターに、エンタテインメント性とメッセージ性を兼ね備えた新作映画について聞く。

With two-time Academy Award winner Jodie Foster (The Accused, The Silence of the Lambs) in the director’s chair and a star-studded cast including George Clooney and Julia Roberts on screen, real-time suspense thriller ‘Money Monster’ is definitely one to watch this year. Foster, who recently came to Japan to promote the movie, sat down with Z TOKYO to talk money, Hollywood and directing.

Q.本作に惹かれた理由は?What drew you to ‘Money Monster’?

この作品には、対極と思われがちなふたつの要素が備わっています。一つはエキサイティングでスピーディ、知的な上にわかりやすいサスペンス要素。そしてもう一つは、私たちが映画館に行く理由として最も大切な、心を揺さぶるリアルなストーリーという要素。その意味で、本作はものすごく“今日的”な映画だと思います。

It’s a movie of many meaningful layers. The plot is exciting and speedy with huge suspense, yet the characters are also very deep and complex.

Q.ジョージ・クルーニーとジュリア・ロバーツという超豪華スターのキャスティング理由を教えてください。
二人は財テク番組のパーソナリティ(リー・ゲイツ)とディレクター(パティ・フェン)という役柄でしたが、実生活でも親しいですよね。
What were your reasons for casting George Clooney and Julia Roberts?

まず、ジョージは本当にリー役にぴったりだと思ったんですよ。観客は最初、彼のことがあまり好きじゃないと感じるはず。すごくエゴが強いし、アンコンシャスな状態で生きているし、お酒も飲みすぎているし、人に対する思いやりも持っていないし、自分自身を見失っているキャラクターですから。最初に事件が起きると、彼は臆病な反応をしますが、時間が経つにつれて段々と彼のことを理解していくわけなんです。色んなことを失敗した気持ちになっているけれど、映画の最後ではある意味、彼は再び人間味のある自分を取り戻すことができる。だからこそ最初は嫌われるかもしれないけれど、その後は変化して観客を魅了する、そういう役者(=ジョージ)が必要だったんです。

ジュリアは他の人が考えられないくらい素晴らしいからです。パティ役に彼女が決まってから、キャラクターを掘り下げる作業をして、より複雑でより勇ましいキャラクターに変わっていったんですね。もともとリーとパティは何か強いもので結ばれている必要があって、実際の撮影時に彼らが同じ現場で顔合せしたのは、映画の冒頭と最後のところだけで、2日間くらいしかなかったんです。それ以外はバーチャルな関係で共演している。だからこそ、二人の関係性は強いケミストリーがなければいけなかったわけで。そのマジックも私は必要としていたんです。

I think George is perfect for the movie. The character he plays is someone who you don’t like very much in the beginning – he’s egotistical, he’s unconscientious, he drinks too much, and he doesn’t care about anyone else. He’s lost himself; he’s a lost person. He’s not a journalist anymore. So when he gets taken hostage, he acts pretty cowardly. However as time goes on, you understand that the reason he’s become this way is because he doesn’t have a very high opinion of himself – he feels like a failure. Through the course of the movie he changes and becomes more of a human being, but at first it’s not like that, so I really needed an actor who you could love. An actor you could love even when he starts out in the film in such a bad place.

As for Julia...well what can I say - she’s the amazing Julia Roberts. I can’t think of anyone else better for the role. Even when we cast her I think the character wasn’t deep enough for her level, so we actually went back and reworked the screenplay to make it a much more complicated, much more heroic character for her. There’s nobody like her. I think that she has this incredible calmness and strength, and more importantly she has this very interesting connection and chemistry with George. They’re only together physically in two scenes in the movie – the beginning scene and the end scene. Everything in between, they only experience each other virtually through microphones and cameras. So we needed two actors that have a sort of magic without necessarily being in the same room together.

Q.ジョージのダンス・パフォーマンスが最高でした。あれは彼の発案だと聞きましたが、監督として演出スタイルとして、現場で役者のアドリブをよく取り入れるのでしょうか?George Clooney’s dance scene in the film was hilarious! We heard that that was something that Clooney himself proposed.
As a director, do you often encourage ad lib performances, or do you prefer to stick to the screenplay?

最初のリハーサルで「どんなダンスをするか考えるから、30分くれ」とジョージに言われ、振付師とともに真剣に考えてもらいました。彼のアイデアはすごくうれしかったし、しかもそれを100%コミットして、ピエロのように笑い者になるショーマンシップを彼が見せてくれたことが、映画のためにも良かったので、すごく助かりました。

役者のアドリブを取り入れるかどうかは、映画によるかな。例えばプロットがはっきりしていて台詞が多いタイプの脚本だと、あまり台詞がいじれなくなりますよね。この映画のプロットははっきりしているタイプでしたから、アドリブは少ないです。でも役者のアイデアは頼りにしている部分もあって、私は大好きなんですね。

It depends which kind of film. Some films are more about the plot and rely on the script, as they’re very verbal and specifically written in a certain way. This film was a lot like that because there’s a big plot, so there wasn’t a lot of room for improvisation. However, I love it when actors have ideas, and in fact I really count on that – I need that input. I have such respect for actors – it’s a really difficult job. I was so happy that George came up with the dance scene and that he was brave enough to make a fool of himself for the character’s sake. It fit perfectly. George was such a showman who completely embraced his role and that really helped me as a director.

Q.本作は「マネー」というモチーフが人間の本性を映し出すのがよくわかります。
監督として、社会的な成功者として、お金にどういう興味を持って、本作を撮られましたか?
One of the things the film touches on is how money can bring out a person’s true nature.
As somebody who has succeeded both in business and as a filmmaker and director, what are your thoughts on this idea?

この映画に登場する男性陣は、皆自分の人間としての価値を見い出せずに葛藤しているキャラクターばかりです。今の文化の中で、自分の価値を考える時の物差しとして、お金やセレブリティといった部分が意味深いものとして使われていると思います。今回のキャラクターたちは、少なくとも冒頭のリーはそうなわけですよね。キャラクターとお金という関係だったと思います。その側面は確かに私も一部わかります。ただ自分や他人にとっての価値感は、今まで色んな方と触れ合ってきた経験からきています。それが人生で一番大きな、人にとって大切な価値だというのが私の考えです。それは何か…。賞だったり、資格だったり、そういったものを通して得られるものではなくて。ただ同時にアメリカや日本もそうだと思いますが、こんな時代の中で、自分がどんな人間なのかというのが見えにくくなってきている。そんな時だから自分が勝利者なのか、敗北者なのかということを決める物差しとして、お金というものに目を向けてしまう傾向にあるのではないでしょうか。

I think that in the movie, all of the men are struggling with their own personal value; they don’t feel very worthy as humans. In our culture, money or ‘celebrity’ is often mistakenly viewed as a way to feel meaningful and valuable, and that’s something that is really driven home in ‘Money Monster’. In America - and maybe Japan as well - in a time where it’s difficult to figure out who we are, money is often the first thing that we go to in order to decide whether we are a winner or a loser. However I share the view that the most important thing in my life is not money, but in fact the experiences that I’ve had with people - even though there’s no proof. I don’t have a certificate or a photograph, I haven’t won Oscars for it, but the experiences that I’ve had are without a doubt the most important things to me.

Q.お金に絡んだ価値観が横行する世界で生きていて、
どうやってきちんとした価値観を育むことができると思いますか?
Working in an entertainment business which is very much dictated by ideas of wealth,
how are you able to maintain your integrity in your relationship with money?

私が本当にやりたかったことは、昔から映画を作ることだけだったんですよね。役者、アーティストとして自分を表現することが、自分を地に足を付けてくれています。また私の場合、小さい時から公の目に晒される立場でもあったので、逆にリアルであることに興味が湧くのかもしれません。子供としてのリアルライフを奪われることが多かっただけに。一つ一つ箱を作って、例えばこれは仕事、これは人生という形に分けていくことで、そういう感覚を保っているのかもしれません。

I just want to make movies – it’s all I’ve ever wanted to do. Making movies and expressing myself and being an artist is what grounds me. Because I’ve been a public figure my whole life, I’ve always been interested in being as real as possible, since as a child there was always so much trying to take away from my real life. I think the way you find your integrity is to make compartments. One compartment is work, one compartment is life, and those two things are different.

Q.本作はCGやVFXを使っていないにも関わらず、“ハリウッドらしい”映画だと感じました。
華のある豪華俳優のパワーだけではなく、監督が意識して撮影に臨んだことがあれば教えてください。
The film felt like a long-awaited Hollywood blockbuster despite there being not much use of CGI and special effects.
This may come from the fact that you have two huge stars at the centre of it all, but was it a conscious decision to make the film like that?

最近のハリウッドはこういうタイプの作品を作っていないんですよね。ご存じのようにスタジオが一つの選択として、いわゆるスーパーヒーローのシリーズものばかりを制作しているのが現状です。スタジオがこのような作品を作るのは稀だし、企画から公開に至るという本当に珍しいケースだと思います。今後もしかしたらこのような作品は観られないかもしれません。ただ私は個人的に、観客はより知的なもの、何か自分に挑んでくれるもの、ユニークなもの、オリジナルなものが観たいと思っていると信じています。私は映画を作り、それがどんな形でも観客に届けばいいなと思います。そして、この映画はペースの速いスリラーではありますが、同時により深いキャラクターの物語、そしてより罪深い物語だと思っているので、観客はそういう映画を観たいんじゃないかなと考えています。

This movie is the kind of movie that Hollywood isn’t making anymore. Most films that are being distributed by the studios now are franchise films or superhero films – that’s just a financial strategy that they’ve adopted. So it’s rare to get a film like this off the ground. Maybe there won’t be any movies like this from now on. But I still believe that people want to see films that are intelligent, challenging and unique. I don’t really care if they’re on the big screen, an iPhone or cable TV, so I’ll continue to make the movies that I make and hopefully there will be a place for them somewhere.

Q.そういった考え方は、テレビドラマ「ハウス・オブ・カード 野望の階段」(14)の監督経験も生かされていますか?Having directed television series such as ‘House of Cards’, do you think that it has helped you as a filmmaker?

今少なくともアメリカでは、フィクションのフィルム・メイキングが一番活発なのがテレビドラマのエリアです。キャラクターだったり、リスクだったり、何か物語のストーリーテリングで新しいことをしようと思った時にできる場が今はテレビになっています。それに私も関わっていきたいと思っているし、それはこれからも変わりません。ただ監督演出として違う仕事ではありますよね。テレビの場合はどちらかというと、脚本家のために何ができるかというのを考えながら演出していますので。

Television is where narrative filmmaking is now – when we talk about compelling characters, innovative stories and taking risks, that’s really happening on cable. So of course I really wanted to be a part of that. It’s a whole different job directing TV compared to directing feature films – I’m there to serve the writer. But I like that job as well.

Q.2016年5月にハリウッドの殿堂(ハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム)入りされました。
今後監督と役者の仕事のバランスはどのように考えていますか?
Congratulations on finally receiving a star on the Hollywood Walk of Fame. As you move on to new projects,
what kind of balance are you aiming for when it comes to acting and directing?

今現在は監督業に集中したいと考えています。27歳の時に初長編を撮って、それから4本というのは映画としては決して多い数ではないわけですから。勿論、その間も休んでいたわけではなく、満足できる役者としてのキャリアも築いていますし、二人の息子の子育てもしているので、素晴らしい20年間だと思っています。でもやはり監督をしたいと思えば100%コミットしなければいけないし、その企画が来た時にはすぐに乗れる準備ができていなければいけないので、今はそっちに気持ちが向いています。ただ、50年間演技をしてきた自分にとって演技をするというのは他に比較をすることができないようなものでもあるんですね。それをやらないというのはあり得ないので、これからも役者としてもやっていきます。

I’d really like to focus on directing right now, because I’ve only directed four movies since I was 27, which isn’t a lot. Of course I’ve had a big acting career, raised two children, and I also ran a company for twelve years so I’ve accomplished a lot in that amount of time. But directing requires complete commitment – you have to be ready at any moment to go when the film is ready. So I really need to focus on that right now. That being said, I hope that a film as an actress pops up somewhere along the road. There’s nothing like performing, and I can’t imagine stopping after fifty years of being an actor.

Q.「ZTOKYO」は日本のカルチャーを世界に向けて発信しているメディアですが、今回8年ぶりの来日ということで、次の監督作のテーマにもなりそうな興味のある日本カルチャーは何かありますか?It’s been eight years since you were last in Tokyo. Is there anything in Japanese culture that may inspire you and make its way into a film that you would direct?

I love Japan! 私は母の影響もあって、小さい頃から日本のカルチャーに興味を持っていました。私の姉が寿司屋の大将と付き合っていたこともあるし、日本食をはじめとても日本のカルチャーには興味があるので、日本に来る度にこのカルチャーを何らかの形で映画にできないかなと、実は考えています。

I love Japan - there are so many things about Japanese culture that I love so much. I actually grew up surrounded by a lot of it since my mum was very interested in Japan. My sister even dated a sushi chef! It’s always been a big part of my life. Coming here always makes me think about how I could make a movie that would do justice to Japanese culture.

ジョディ・フォスター Jodie Foster

ジョディ・フォスターJodie Foster

1962年11月19日生まれ。米ロサンゼルス出身。子役として活動を開始し、1972年に「ジョディ・フォスターのライオン物語」で映画デビュー。マーティン・スコセッシ監督の名作「タクシードライバー」での演技が高く評価され、13歳にしてアカデミー賞助演女優賞にノミネート。人気絶頂の中、女優業を休業し学業に専念。イェール大学を優秀な成績で卒業した。20代で「告発の行方」(89)、「羊たちの沈黙」(91)と、立て続けに2回ものアカデミー主演女優賞を受賞するという偉業を成し遂げる。その傍ら、映画初監督作品「リトルマン・テイト」(91)を発表。自身の映画会社も設立し、映画プロデューサーとしても活躍するなど、マルチな才能を開花させた。

Born 19th November 1962, Jodie Foster is an American director, actress and businesswoman. She made her big screen debut at age ten in ‘Napoleon and Samantha’, and went on to star in all-time classics such as ‘Taxi Driver’, for which she was nominated for an Academy Award aged just thirteen. She took a break from acting at the peak of her popularity to attend Yale, where she graduated with honors. She has appeared in many award-winning films including ‘The Accused’ and ‘The Silence of the Lambs’. Foster went on to direct, debuting with ‘Little Man Tate’ in 1991. She is currently promoting her 2016 feature film ‘Money Monster’.


「マネーモンスター」

6月10日(金)全国ロードショー

監督
ジョディ・フォスター
出演
ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、ジャック・オコンネル、
ドミニク・ウェスト、カトリーナ・バルフ、ジャンカルロ・エスポジート
配給
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

OFFICIAL SITE

‘Money Monster’

Showing in cinemas throughout Japan from 10th June.

Director
Jodie Foster
Starring
George Clooney, Julia Roberts, Jack O’Connell, Dominic West,
Caitriona Balfe, Giancarlo Esposito.
Distribution
Sony Pictures Entertainment

THE MOVIE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN