あした映画行こう!国境を越える風景描写とストーリー 新海誠のアニメ作りの真髄とは It's movie time! The anime director of the century? An interview with Makoto Shinkai

見るものを圧倒する風景描写と共に、人々の心の距離と絆を描いてきた新海誠監督。「言の葉の庭」(13)では、ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞するなど、国内外から熱視線を集めている。最新作「君の名は。」に込めた思い。そして国境を越えて響く、アニメーション作りの真髄を聞いた。

Overwhelmingly beautiful scenes of softly falling cherry blossoms, starry skies and sunlight piercing through a cloudless sky. It’s a beautiful Romantacism that Japanese anime director Makoto Shinkai is well known for. Just look at movies like 2013’s ‘Garden of Words’ - a masterpiece that has gained international critical acclaim, as well as an award at the Stuttgart Festival of Animated Film. Now Shinkai is back with his latest release, ‘Your Name’ - a tale that crosses bridges and borders with its deep human drama. Check out his exclusive interview with ZTOKYO below.

Q.「隔たりを乗り越えようとする人」を誠実に描き続けてきた新海監督にとって、集大成にして新境地となるような作品です。どのような意気込みで取り組まれたのでしょうか。‘Bridging the gap’ is a new theme for you - what made you decide to run with this concept?

「言の葉の庭」を作った後、何本かのCMや小説を書いたりしてきました。その頃から、自分の中に“物語の力”に対する手応えのようなもの、自信のようなものが出てきたんです。ようやく、少し高い位置から俯瞰して、物語全体をコントロールできるようになったかなという感覚ですね。ですので、本作に取り組む時には、とにかく絶対に面白いものにするんだと。今、自分の持っているものを費やせば面白いものができるんだという、自負や自信のようなものを注ぎ込むようにして作りました。本作は、僕の代表作になると思っています。

After completing ‘Garden of Words’, I worked on a few TV adverts and novels. Those experiences opened my eyes up to the power of a good story. It was like I had gained the ability to look down on the entirety of a plot from a birds-eye view. So when I got started on ‘Your Name’, I wanted to focus on the storytelling side of it. I put my entire heart and soul into the plotline, and I’m pretty proud of the result. This is probably my favourite work that I’ve done to date.

Q.キャスティングについてのこだわりを教えてください。How did you go about casting voice actors?

神木(隆之介)さんに演じていただいた瀧は、とにかく難しい役だということがわかりきっていました。男の子だけれど女の子に入れ替わった演技も必要で、その芝居がコミカルにも聞こえるんだけれど、シリアスなシーンもある。難しいですよね。僕としては、女の子役を男性がやっていても、観客の方が「うれしい」と思える人じゃないとうまくいかないと思ったんです。そうするともう、ほとんど指名のような形で神木さんになりました。

三葉役の上白石(萌音)さんは、オーディションで選びましたが、三葉というキャラクターの輪郭を僕にはっきりとわからせてくれた人でした。三葉が「来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!」と叫ぶシーンがあるのですが、自分で脚本を書いていながら、これはどんな女の子なんだろうって思ったんです(笑)。でも上白石さんに会ったら、「ああ、叫ぶかもしれない」という感じがあって。彼女だなと確信しました。

The voice of Taki (Ryunosuke Kamiki) was a really difficult role. It basically required him to switch from a male to female voice half way through his lines. I know it sounds pretty funny, but some scenes are really serious, so I had to get someone really good. I mean, it’s not just about sounding convincing - it’s about what makes the audience happy or not, what makes them connect. I just knew it had to be Ryunosuke, and luckily he took on the role for me.

The voice of Mitsuha (Mone Kamishiraishi) was actually decided through auditions. It had to be someone who completely understood my image of Mitsuha’s character. There’s this one scene where she yells out “Please let me become a hunky Tokyo guy in my next life!” so I was kind of anxious about whether we could find someone who could get the role down right (laughs). However, when I met Mone I was totally certain we’d found the right one - she can definitely yell all right!

Q.「君の名は。」というタイトルもインパクトがあります。日本人にとっては、人気を博した「君の名は」というドラマもありとても馴染み深いものですが、このタイトルになったいきさつを教えてください。‘Your Name’ is a title that certainly has impact. There’s also a very famous drama in Japan with the same title.
What made you choose that name for your movie?

自分の中では候補として最初からあったのですが、有名な先行作品があることはもちろん承知していましたし、だいぶ迷ったんです。もうタイトルを決めなくてはという時期が迫ってきた時に、脚本を読み返してみると、主人公2人とも「君の名前は」と何度も叫んでいるんですね。ああ、やっぱりこれでいいんだと思いましたね。もちろんフィルムは新鮮でなければいけないけれど、要素の一つ一つが新鮮である必要はない。「新鮮である」ということは、逆に「馴染みがない」というハードルになることもあるわけですからね。

It was my favourite option all along. I knew that there is a drama series under the same name, so we debated quite a bit about whether we should use it or not. With the deadline drawing closer and closer, I read over the manuscript numerous times to try and come up with something, when I realised that the two main characters shout out the words “your name” pretty often. So I just couldn’t give it up. Of course, films have to stay fresh, but I don’t think it has to be down to every last detail. If you get choked up about that kind of stuff, you end up with a film that’s too far out for anyone to relate to.

Q.「千と千尋の神隠し」など数多くのスタジオジブリ作品を手掛けた安藤雅司さんが、作画監督を務めています。安藤さんの仕事からはどのような刺激を受けましたか。You worked together with Masashi Ando - an animation director famous for his work with Studio Ghibli.
What was it like having one of the people behind ‘Spirited Away’ on set?

僕にとって安藤さんは、伝説のような存在の方でした。いざ制作作業が始まってみると、圧巻でした。映画づくりというのは、最初から全力でやらないとダメだ、命がけなものなんだというのが背中から伝わってきました。すごく穏やかな方なんですが、どこか怖い先生のような雰囲気があって。安藤さんがスタジオにいるだけで身が引き締まる思いでした。ものづくりに向き合う態度は、「学ばされた」なんていう言葉では足りないくらい突きつけられた気がしています。あれだけ力のある方が誰よりも時間を費やして、力を込めて、何枚も何枚も下描きを重ねている。個人制作から始めて、スタッフや作品に関わる人が増えていくたびにものづくりの底知れなさを感じてきましたが、今回ほどそれを感じたことはなかったです。

Masashi Ando has always been a huge inspiration to me. Getting started on the production with him was a big highlight of the whole project. He taught me that movie production is not something you do half-heartedly - you go in to it as if you were risking your life. He was always very quiet, but held an aura like one of those teachers you were scared of back in school - just by being there in the studio, everybody else around him stood to attention. I learnt so much about creating. Since starting independent production the team around me has always gradually increased, and each time I’ve always had this feeling that there’s much more to creating movies than I imagined. But only this time did I really understand how deep the creation process could really go.

Q.新海ワールドの大きな特徴は、こちらの記憶や感情までを揺さぶられるような風景描写にあると思います。どのような思いを込めて風景を描いているのでしょうか。You are well known for your breathtaking landscapes - how do you come up with such visuals?

人というのは、たった1人でその場所に立っているわけではなくて、風景を含めて“その人”なわけです。例えば、本作の瀧と三葉がなぜお互いに惹かれていくかというと、三葉は瀧の体の中に入ってみた時に、彼を取り囲む風景が美しく見えたからこそ、瀧に惹かれていったんだと思うんです。それは僕たちも同じで、例えば誰かを好きになったとしたら、この人を育んだ場所はどんなところだろうと想像したり、その土地が好きになったりすると思うんです。そういった意味で、人間と、場所や風土、風景を豊かに描くのは同じこと。切り離せるものではないと思っています。

I see characters not as a single person, but a part of the scenery. For example with ‘Your Name’, the reason Taki and Mitsuha are so drawn to each other is because when Mitsuha swaps bodies with Taki, she finds the surrounding sights so beautiful. It’s the same as if you see your spouse’s childhood home for the first time - you find yourself liking the place just because you can imagine them there. In that sense, humans, places, backdrops and landscapes all hold the same importance. You can’t separate one from the other.

Q.「言の葉の庭」は、CineFixが選ぶ「最も美しい歴代アニメ映画」の1位にも選出されました。
世界的に受け入れられたことをどのように感じていますか?
‘Garden of Words’ was chosen by CineFix as the number one most beautiful anime movie of all time.
How does it feel to have such wide international acclaim?

ずいぶんマニアックなセレクトだと思いましたね(笑)。「言の葉の庭」は、「グローバルなものを作ろう」とは一切、思わないで取り組んだ作品だったんです。どこまでもドメスティックに、自分の立っている場所を描こうと思ったのが「言の葉の庭」でした。舞台としている新宿の庭園は、僕がいつも気晴らしに散歩に行く場所だったんです。自分の日常風景を描きたいと思ったローカルな作品がグローバルに受け入れられたことには、「ああ、そういうものなんだな」と気づかされました。人間というのは、種としては同じもの。国の差はあれど、感情の構造も共通しているわけで。自分の足元を描くことが、世界全体を描くことに繋がるんだと感じることができた出来事でした。

I was pretty shocked that they made such a hipster selection (laughs). With ‘Garden of Words’, I never once had the thought to make it a global movie - it was very domestic, very zoomed in on myself at that moment in time. The setting is actually inspired by the walks I went on every day in a park in Shinjuku. So when a movie so focused on my everyday life made it internationally, I realised that us humans maybe aren’t so different after all. We may speak different languages and have different cultures, but we all experience the same feelings and social constructs. Drawing my life had unexpectedly shown me a connection to the world.

Q.多様なジャンルが並ぶ日本のアニメーション業界で、新海監督が発信していきたいのはどのような作品
でしょうか。
As a player the extremely diverse field that is Japanese anime, what kind of films do you want to go on to make in future?

バリエーションの豊かさは、日本のアニメーションの大きな武器だと思います。その中で自分は、やはり“物語の力”をつけなければいけないと思っています。ハリウッドでも見たことない、誰も発想もしなかったようなものを作らなければいけない。そのためには、僕は自分の足元を掘るしかないような気がしているんです。古典や歴史を掘り進めることで、力強い、オリジナルを生み出す発想のヒントがあると思っています。

I think the diversity of Japanese anime is its strongest point - there are so many possibilities. But the one thing I do want to carry on is connecting animation to real, moving storytelling. I want to make something that not even Hollywood could come up with. That’s why I’m trying to broaden my perspective and gain a true understanding of the past by reading history books and old novels. Hopefully I can find inspiration for a hit in that area.

Q.Z TOKYOのZは「ジェネレーションZ(デジタルネイティブ)」からとっていますが、新海監督からZ世代(若者世代)に向けた応援メッセージをお願いします。ZTOKYO’s ‘Z’ represents generation Z - do you have a message for the young twenty-something’s of Japan and the rest of the world?

「これをやりたい」と何かに突き動かされるような気持ちがあったり、あるいはやりたいものが見つからなくて、「何かないか、何かないか」と探している人も若い方には多いと思います。それって苦しいことだとは思うんです。僕もすごく苦しかったような記憶があります。でも未知なものに手を伸ばすこと自体がすごく美しくて、胸を打つ姿だと感じます。だからこそ僕は、何かに必死に手を伸ばすような思春期の若者を描いているんです。なので、根拠も自信もないかもしれないけれど、手を伸ばすことをできればやめないでほしい。その先に何があるかはわからないけれど、その行為自体が美しいもので、自分がその時期にいるんだということを誇ってほしいなと思います。

There are plenty of kids who decide they want to do something but then just peck at it half-heartedly, or those who don’t even know what they want to do in the first place. It’s not a fun existence. I would know, because I was the same in my twenties. But reaching your hand out to the unknown is something that I think is really beautiful. I was always stretching up, trying to grab at something. That’s how I got here today. You may not have any strong foundations, you may be lacking in confidence, but as long as you keep reaching, you’ll get there eventually. Not knowing what lies ahead of you but trying your best anyway is something that takes real guys - something I think young people should hold their head up and feel proud about.

新海誠 Makoto Shinkai

新海誠Makoto Shinkai

アニメーション監督。1973年生まれ。長野県出身。2002年、個人で制作した短編作品「ほしのこえ」でデビュー。2004年公開の初の長編映画「雲のむこう、約束の場所」では第59回毎日映画コンクール「アニメーション映画賞」を受賞。2007年公開の「秒速5センチメートル」でアジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」、イタリアのフューチャーフィルム映画祭で「ランチア・プラチナグランプリ」を受賞するなど国際的に評価を得た。2013年公開の「言の葉の庭」では、ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞。米「バラエティ」誌の「2016年に注目すべきアニメーター10人」にも選出されており、ますます国内外にファンを広げている。

Born in 1973 in Nagano Prefecture, Makoto Shinkai is an anime director. He made his feature debut with ‘Voices of a Distant Star’ in 2002, and has since gone on to win awards at the Mainichi Film Festival, Asia Pacific Film Festival and Stuttgart Festival of Animated Film. He was also included in Variety magazine’s ‘Top 10 Animators of 2016’ list.


君の名は。

8月26日(金)全国ロードショー

原作・脚本・監督
新海誠
作画監督
安藤雅司
キャラクターデザイン
田中将賀
音楽
RADWIMPS
声の出演
神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子、成田凌、悠木碧、
島崎信長、石川界人、谷花音
配給
東宝

OFFICIAL SITE

Your Name.

In cinemas throughout Japan from 26th August
Written and directed by Makoto Shinkai

Animation Director
Masashi Ando
Character Design
Masayoshi Tanaka
Soundtrack
RADWIMPS
Voice actors
Etsuko Ichihara, Ryunosuke Kamiki, Mone Kamishiraishi, Masami Nagasawa, Ryo Narita, Nobunaga Shimazaki, Kanon Tani, Aoi Yuki
Distribution
Toho

THE MOVIE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN