JBの真実がここに!映画「ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン」 The true story behind the king of funk and soul: Mr. Dynamite: The Rise of James Brown

ファンクミュージックの高祖であり、ソウル迸る歌声と見るものを虜にするパフォーマンス、そして哀愁を帯びたイイ顔。この人がいなかったら、後に生まれてこなかった音楽、アーティストが多数いたであろう偉人、ジェームス・ブラウン(通称JB)の真実に迫るドキュメンタリー映画「ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン」が登場。プロデュースはJB信者である、あのミック・ジャガーというところもナイス。

James Brown was no doubt the founding king of funk, his performances overflowing with soul and power, inspiring generations of musicians for years to come. Now, a whole host of music stars pay homage to JB in the documentary film ‘Mr. Dynamite: The Rise of James Brown’, produced by none other than JB super-fan, Mick Jagger.

この作品は、母親に捨てられ、叔母が経営していた売春宿で客引きや靴磨きをしながら生活するという、ハード過ぎる幼少期から始まり、ミュージシャンとして頭角を現し、ショービジネスの世界で大成功、そして様々な問題に巻き込まれた70年代中期頃までの活動を描いている。
貴重なライヴ映像が盛りだくさんで、そのパフォーマンスはまさにダイナマイトのように、爆発的なエネルギーを放ちまくっている。ローリング・ストーンズと出演順で揉め、トリが取れないならばと圧巻のパフォーマンスでストーンズを凌駕した、公開番組「タミー・ショウ」での顛末を、ミック・ジャガーが語っているのも興味深い。他にも「エド・サリヴァン・ショー」やアポロシアターでのライヴ、伝統芸「ケープショー(マントショーとも言う)」など、どれを見てもパフォーマーとして稀有な存在であったことを証明している。

The movie really hits home the struggles of Brown’s childhood. Thrown away by his mother and raised in a brothel run by his aunt, he worked as a shoeshiner and escaped to music in his spare time. His speedy rise in the world of show business to megastar status was not without its share of dramas and troubles that followed him up until his death. The documentary is full of rare never-before-seen footage, confirming Brown’s status as the real Mr. Dynamite with explosive and unforgettable live performances. Mick Jagger’s commentary throughout the infamous T.A.M.I Show segment is incredibly interesting, and the video of Brown performing on the Ed Sullivan Show live at the Apollo Theater is completely mind-blowing. There’s no doubt about it that JB was a genius.

当時を知るバンドメンバーたちも証言で多数登場し、JBによる様々な強制や賃金の不払いなど、独裁者としての面を告発。しかしその才能を畏怖しており、憎いけど愛さずにはいられない、といった風のメンバーたちが微笑ましい。そしてこの作品の眉唾なところが、JBとアメリカ社会・政治の関わりについて描いているところ。公民権運動真っ只中の時代、ブラックパワーの象徴として祭り上げられていくJB。自身の存在意義を黒人の地位向上へと見出し、その精神は楽曲へと反映されていく。しかし政治の世界に深く没入し過ぎたがために、人気が下降していってしまう。彼の心は、政治の汚い世界を遊泳するには、あまりにも真っ白過ぎたのだ。
器のデカさと溢れてしようがないソウルのため、孤高であったJB。しかし彼が産み落とした作品の数々は、後にヒップホップのサンプリングネタとして重宝されることとなる。さらにはマイケル・ジャクソンやプリンスといった80年代の大物や、カニエ・ウェストやジャネール・モネイといった現代のアーティストたちに多大な影響を与え、今も多くの人たちの魂の拠り所となっている。音楽ドキュメンタリーは数あれど、これは本気で至高の名作。男たるもの、強く生きるためにJB魂をこれで注入!

But it’s not all rose-coloured memories. James Brown’s band members at the time recall tales of JB’s infamous temper and failure to pay wages, although insist that his talent made it all worth it. The documentary looks in great detail at his ties to the Black Power civil rights movement, and the careful balance between politics and music he was forced to preserve. Inspiring artists such as Michael Jackson, Prince and with samples of his tracks used in famous hip hop and R&B music by moguls like Kanye West and Janelle Monae, JB’s legacy is huge, and continues up until this day. ‘Mr. Dynamite: The Rise of James Brown’ will have you in awe of the power of soul.

「ミスター・ダイナマイト:
ファンクの帝王ジェームス・ブラウン」

脚本・監督
アレックス・ギブニー
プロデューサー
ミック・ジャガー
出演
ジェームス・ブラウン、ミック・ジャガー、アル・シャープトン、メイシオ・パーカー、メルビン・パーカー、クライド・スタブルフィールド、アルフレッド“ピーウィー”エリス、マーサ・ハイ、ダニー・レイ、ブーツィー・コリンズ、フレッド・ウェズリー、チャックD、アーミア“クエストラブ”トンプソン
配給
アップリンク
原題
MR. DYNAMITE:THE RISE OF JAMES BROWN

6月18日(土)より角川シネマ新宿、渋谷アップリンク、吉祥寺オデヲンほか全国順次ロードショー

OFFICIAL SITE

Mr. Dynamite: The Rise of James Brown

Screenwriter / Director
Alex Gibney
Starring
James Brown, Mick Jagger, Al Sharpton, Melvin Parker, Clyde Stubblefield, Christian McBride, Bobby Byrd and more.
Distribution
Uplink

Showing in Kadokawa Cinema Shinjuku, Uplink Shibuya, Odeon Kichijoji and other cinemas nationwide from 18th June.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN