あした映画行こう!平均年齢83歳のヒップホップダンスクルー!映画「はじまりはヒップホップ」 It's movie time! Hip Hop-eration: A dance battle with an average age of 83?!

ヒップホップダンスとおばあちゃん!?
そのあまりにも意外な組み合わせを目にし、興味本位で観てみたら、思わずグッとくるものがあった。

Hip-hop dance battles and old-age pensioners are not two things you’d usually put together. So it comes as no surprise that when this actually became a reality, there was a documentary made all about it.

ドキュメンタリー映画「はじまりはヒップホップ」は、いつまでも輝いた人生を送りたい人たちに、ぜひ観てほしい作品だ。場所はニュージーランドのワイヘキという、人口8000人の小さな島。近所の人はみんな知り合い、みたいな雰囲気の島に、他にはいない異質なダンスグループが存在している。それがマネージャー兼振付師のビリー・ジョーダンが率い、最高齢ダンサーはなんと94歳、車イスのメンバーも含めた平均年齢83歳という世界最高齢のクルー「ヒップ・オペレーション」だ。

‘Hip Hop-eration’ (Japanese title: Hajimari ha Hip Hop) is one of those rare jewels of a movie that inspires and uplifts. The incredible story takes place in Waiheke, New Zealand - a small island home to only 8,000 inhabitants. So it’s no surprise that everybody there knows about a rather unique dance group taking place there. Manager and choreographer Billie Jordan leads a group of pensioners - including those with disabilities and those as old as 94 - in a hip hop group named ‘The Hip Operation Crew’. The average age is an astounding 83 years old.

ラスベガスで開催される世界ヒップホップダンス大会を目指し、練習にいそしむ日々を追いかけた作品がこちらである。練習風景の他に5人のメンバーにスポットを当て、今までにどんな人生をおくってきたのかに迫るところも興味津々。幸せな夫婦生活だったが認知症の夫を施設に入れなくてはならず、寂しさを隠せない人、舞台女優だった人、女手一人でたくさんの子供を育てた人、平和活動家として世の中の問題と闘っていた人など、それぞれの人生には、大河のような物語があることに気付かされる。若者ヒップホップクルーとの交流も見どころで、ご老人への労りの心に、最近の若い人たちも捨てたもんじゃないと伝わるはず。人は見た目だけで判断するべきではないのである。若者と老人のあるべき関係性にほっこり。そしてダンスに真剣に取り組み、様々な問題をユーモアと共に乗り越えていく姿には、ハートウォーミングな気持ちに。果たしてラスベガスの世界ヒップホップダンス大会に出場できるのかも必見だ。

With their eyes set on the World Hip Hop Dance Championships in Las Vegas, the documentary follows their rigorous practice routine, stopping only to focus in on five of the members’ backgrounds before dance. A lady who’s happy marriage was torn apart by her husband’s dementia, an ex-stage actress, a single mother, an ex-peace activist...the stories of these people are all incredibly moving and eye-opening. Not to mention, the interaction between the young people at the hip hop convention and the pensioner dance crew is of huge tear-jerker status. The age gap is bridged as both sides learn not to judge a book by its cover - something that will no doubt deeply affect every viewer of the movie too.

高齢化社会が問題となっている昨今、いつまでも元気でいるために必要なこと。それは生きがいを見つけること。いくつになっても夢を見ていいわけで、それが実現することもある。栄光というのは振り返るものではなく、今にこそあるのだ。今が一番楽しそうな彼女たちのアクティヴさとオリジナリティあふれるヒップホップダンスを観て、自分の人生というものを改めて考える機会になることだろう。明日から何かはじめますか!

Particularly in Japan where an aging society is becoming a big issue, the movie enforces sympathy for the elderly and gives incentive to those getting older to stay young, healthy and happy no matter what age. ‘Hip Hop-eration’ proves that no matter how old you are, you can always make your dreams become a reality.

はじまりはヒップホップ

監督:ブリン・エヴァンス
配給:ポニーキャニオン
2016年8月27日(土)、シネスイッチ銀座ほか全国順次ロードショー


Hip Hop-eration
(Japanese title: Hajimari ha Hip Hop)

Director: Bryn Evans
Distribution: Pony Canyon
Showing from 27th August at Cineswitch Ginza and other selected cinemas across Japan

THE MOVIE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN