あした映画行こう! ハッピーでブラックな青春コメディ映画「DOPE/ドープ!!」 It's movie time! The most talked about movie in Hollywood: Pharrell William’s ‘Dope’

“DOPE”(ドープ)。
麻薬などの意味を持つ単語だが、スラングだとカッコイイ、最高など、クールな物事を表す意味で、ブラックカルチャーの中では当たり前のように発せられている。そんな言葉をタイトルに持ち、サンダンスやカンヌなど名だたる映画祭で称賛を浴びた映画『DOPE/ドープ!!』が公開される。ファレル・ウィリアムズが制作総指揮、俳優のフォレスト・ウィテカーがナレーションとプロデューサーとして名を連ね、豪華布陣により制作された本作は、ロサンゼルスの郊外にあり、”どん底”というありがたくない名称で呼ばれているイングルウッドが舞台。ブラックムービーの歴史に新たな足跡を刻む青春コメディだ。

“Dope”. It’s a word with many connotations – a type of drug like cannabis or heroin, a stupid person, or more frequently a slang word for when something is ‘cool’ or ‘awesome’. It’s also the title of a movie critically acclaimed at Sundance film festival and Cannes. With Pharrell Williams as executive producer, Forest Whitaker as narrator / producer and a star-studded cast including A$AP Rocky and Shameik Moore, ‘Dope’ was a headline maker from day one. Set in the neighbourhood nicknamed “The Bottoms”, Inglewood California, the film dives into American crime in a comedic manner, making the perfect coming-of-age drama for the post-hip hop generation.

主人公の高校生マルコム(シャメイク・ムーア)は、ヒップホップの黄金期であった90年代カルチャーに憧れるおたく。ディギー(カーシー・クレモンズ)とジブ(トニー・レヴォロリ)の親友2人と、日夜ヒップホップよもやま話やバンド活動、そしてハーバード大学への進学を目指し、それなりに楽しい日々を送っていた。しかし様々な人たちと関わっていくことによって、ありえないトラブルに巻き込まれていく。多感な高校時代を考えると、いろいろな事を経験したい、という思いは常。しかし、この映画での経験はあまりにも危険で刺激的過ぎる!

Lead character Malcolm (Shameik Moore) is a geek obsessed with 90’s golden age hip-hop culture. Together with his best pals Diggy (Kiersey Clemons) and Jib (Tony Revolori), Malcolm spends his days chatting about rap music and studying to get into Harvard. However, as he becomes involved with a certain group of people, his whole life changes forever as he gets into some unbelievably sticky (and dangerous) situations.

登場人物も一癖も二癖もある人たち揃いで、ヒロインのナキア(ゾーイ・クラヴィッツ)をはじめ、ラッパーのエイサップ・ロッキー演じるドラッグディーラーや狂気の天才ハッカー、黒幕とそのぶっ飛んだ息子・娘など、どいつもこいつも魅力的。そしてファッションや音楽も見逃せないポイント。マルコムのハイトップフェイドな髪型、洋服の着こなしなど、90年代フレーバー満載のファッションがバッチリはまっている(真似をするのは非常に難しいけど)。ナズやパブリック・エナミー、ア・トライブ・コールド・クエストといった90年代ヒップホップの名曲が流れ、さらには劇中に登場するマルコムたちのロックバンド、オレオの楽曲はファレルが提供しているので、サウンドトラックにも大注目だ。
クスッと笑えて、しかも黒人社会の問題まで考えさせられる内容。ヒップホップ好きはもちろん、青春ものやコメディ好きにもおすすめしたい。まさに“DOPE”な作品を、この夏にくらえ!

Performances from A$AP Rocky as a drug dealer and the whole band of other crazy people around him are especially memorable. However, the mix of fashion and music is also a large selling point. Malcolm’s high-top fade hairstyle and 90’s style clothes are a visual delight, whilst Nas, Public Enemy and A Tribe Called Quest blast out on the soundtrack. The movie remains light-hearted, whilst simultaneously homing in on issues of youth crime and troubled neighbourhoods in the US.

For a ‘dope’ weekend, definitely check it out!

DOPE/ドープ!!

監督・脚本:リック・ファムイーワ
制作総指揮:ファレル・ウィリアムズ
出演:シャメイク・ムーア、トニー・レヴォロリ、カーシー・クレモンズ、ゾーイ・クラヴィッツ、エイサップ・ロッキーほか
ナレーション:フォレスト・ウィテカー
配給:ビーズインターナショナル
7月30日(土)から渋谷HUMAXシネマ、シネマート心斎橋ほか全国順次公開

DOPE

Director:Rick Famuyiwa
Executive Producer:Pharrell Williams
Starring:Shameik Moore, Tony Revolori, Kiersey Clemons, Kimberly Elise, Chanel Iman, Tyga, Blake Anderson, Zoe Kravitz, A$AP Rocky.
Distribution:B’s International
Showing from 30th July at Humax Cinema Shibuya, Cinemart Shinsaibashi and other selected cinemas nationwide.

THE MOVIE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN