2つの運命の間で揺れて選んだ自分らしい生き方「ブルックリン」 A tale of love and destiny: Brooklyn

ひとりの女性が選択する愛と運命、自分を輝かせる生き方を描く「ブルックリン」。2016年アカデミー賞®で作品賞、主演女優賞(シアーシャ・ローナン)、脚色賞の主要3部門にノミネートされた本作は、時代を超えて共感を呼び、静かな感動のループが世界に拡大している。

A woman must make the painful decision between love and destiny to in order to create her own future: this is ‘Brooklyn’, a new feature film due for release in Japan this month. The movie was nominated for three Academy Awards® and has been critically acclaimed worldwide as a moving piece of real human drama that bridges the generation gap.

1950年代、アイルランドの家族と離れ、新天地ニューヨークで暮らしはじめる主人公エイリシュ。ブルックリンの高級デパートで働く日々の中で、新生活にとまどいながらも自信を身につけ、洗練された女性に変わっていく彼女が選ぶ未来とは?

In the 1950’s Irish immigrant Eilis Lacey is starting a new life working at a luxury department store in New York when she quickly falls in love with a local. However her new romance brings with it some difficult life choices with it.

「つぐない」(07)で当時13歳にしてアカデミー賞®助演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナンが、本作で少女から大人の女性へと成長する様を熱演。それは同時に彼女自身のキャリア過程にも重なって見える。脚色を手掛けたのは、「ハイ・フィデリティ」「アバウト・ア・ボーイ」の原作者で、「17歳の肖像」(09)「わたしに会うまでの1600キロ」(15)などで脚本家としても活躍するニック・ホーンビィ。また「ダブリン上等!」(03)「BOY A」(07)のジョン・クローリー監督が、移民の女性の青春をドラマティックに描く。

Lead actress Saoirse Ronan shines in what could be her most praised role to date since 2007’s ‘Atonement’ in which she was nominated for an Academy Award® at age just 13. Behind the screenplay is Nick Hornby, writer of classics ‘High Fidelity’ and ‘About A Boy’, and in the directors chair is none other than John Crowley – the name behind ‘Intermission’ and ‘Boy A’.

インターネットの存在しない手紙の時代、さまざまな出会いと運命に翻弄されるひとりの女性が悩む時間は、もどかしいほどゆったりと流れ、迷いながらも心を決めていく物語は、時代を超えた強いメッセージでもある。本当に大切なものを決めることができたとき、人生は輝きはじめる。故郷、家族、愛、人生の大切なものを選ぶ物語は、あなたの物語、かもしれない。

It’s the perfect team for this period drama. Painting an age where there was no Internet, and communication was only by letters and telegrams; it thrusts various aspects into the unknown and leaves the main character guessing as she navigates her future without a map. However ‘Brooklyn’ proves that when it comes down to the important decisions in life, that’s your main chance to shine. It’s a welcome breath of fresh air for the internet-obsessed generation that will make you appreciate your own sense of judgment more.

ブルックリン

監督:ジョン・クローリー 脚本:ニック・ホーンビィ
原作:コルム・トビーン
出演:シアーシャ・ローナン、ドーナル・グリーソン、エモリー・コーエン、
ジム・ブロードベント、ジュリー・ウォルターズ
7月1日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

Brooklyn

Director: John Crowley
Screenplay: Nick Hornby
Based on: ‘Brooklyn’ by Colm Tôibîn
Starring: Saoirse Ronan, Emory Cohen, Domhnall Gleeson, Jim Broadbent, Julie Walters
Showing in Toho Cinemas across Japan from 1st July

THE MOVIE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN