ブレイクダンスで見せる若者たちの自由と夢。映画「ブレイク・ビーターズ」 Breakdancing and politics: Dessau Dancers

ベルリンの壁が崩壊する前、まだ東ドイツという国があった1980年代。社会主義国であり、様々なことが統制される中で、突如として巻き起こったブレイクダンスブーム(実話であり、そのブームが、ジョージ・オーウェルの小説「1984年」のタイトルと同じ年に起こったことも興味深い)を題材に、自由や夢を求めた若者たちを描く映画「ブレイク・ビーターズ」が公開される。

Flashback to the 1980’s, when the Berlin wall still stood tall and East Germany was still its own country. The socialist state with all its rules and regulations may seem an unlikely birthplace for a breakdancing boom, but that is precisely what happened. German indie movie Dessau Dancers (Japanese title: Break Beaters) is the real life story of dreams, freedom, music and youth.

1984年、主人公のフランク(ゴードン・ケメラー)は運動神経抜群の若者で、体操の特待生となり、オリンピック選手になることを嘱望される存在だった。そんなある日、テレビで偶然放送されていたブレイクダンスに興味を持ち、社会活動も活発だったハリー・ベラフォンテ制作によるヒップホップ映画「ビート・ストリート」を映画館で観て決定的に。フランクは、アレックス(オリバー・コニエツニー)とミヒェル(セバスチャン・イェーガー)、紅一点マティ(ゾーニャ・ゲルハルト)の仲間たちと路上でダンスを始め、クルー「ブレイク・ビーターズ」を結成。同じく影響を受けた若者たちの敵対クルーも存在し、路上ではちあうとダンスバトルに発展。そこで繰り広げられるシーンは、「ウエストサイドストーリー」ならぬ「イーストサイドストリート」の様相だ。しかし政府は、ブレイクダンスの熱狂的な盛り上がりを脅威と捉え、社会主義の中に取り込むことを画策。アーティストライセンスを与え、ツアーの開催やテレビ出演をエサに管理下に置くことに。「ブレイク・ビーターズ」はスターになっていくのだが、ブレイクダンスが本来内包する自由性や反骨精神を骨抜きにされていく葛藤に苛まれ……。

Set in 1984, the main character Frank (Gordon Kammerer) is a talented gymnast, set on a path for Olympic greatness. However one day whilst watching TV, he comes across the classic breakdancing movie ‘Beat Street’ and his life is changed forever. He soon sets out with his crew Alex (Oliver Konietzny), Michel (Sebastian Jaeger) and the only girl of the group Matti (Sonja Gerhardt) to breakdance on the streets. There are heated scenes of dance battles with rival dance crews, and the whole thing definitely feels very ‘West Side Story’-esque.
The authorities soon latch on to the breakdancers, planning to use them to promote socialist values. Each group is given an artists license, and they are toured around and featured on TV. As Frank and his friends become superstars, will they be able to hold on to their own artistic expression and freedom of speech...?

当時の東ドイツの社会状況をはじめ、恋愛など若者らしい物語も盛り込まれ、青春映画としての側面もあり。そしてこの作品の見どころであるブレイクダンスシーンは、スタント一切なしというこだわりよう。ゴードンやオリバーはダンスチームに所属していたり、ミヒェル役のセバスチャン・イェーガーに至っては世界大会で優勝するクルーの一員と、ダンスができる役者たちを集め、だからこそのリアリティを作り出している。
いつの時代でも若者は夢を見て、自由を求めるもの。それが大人たちの目から見ると「最近の若者は……」という常套句で語られる、ジェネレーションギャップに写る。つまりこの映画は、世代闘争の物語でもある。ZTOKYO世代なら観ると心に火が付き、身体を妙に動かしたくなる作品だ!

Dessau Dancers is a story of love and youth whilst remaining cleverly centered around old world politics and Eastern Germany’s final years. There are no stunt doubles or special effects, which makes it all the more impressive – there’s a real sense of reality about the whole thing. It goes to show that the youth really are the future – they create their own freedoms just like Frank and his friends broke the mould under a strict governmental regime. Despite the generation gap, it’s a movie to which any young person will be able to relate.

ブレイク・ビーターズ

監督: ヤン・マルティン・シャルフ
脚本: ルート・トーマ
出演: ゴードン・ケメラー、ゾーニャ・ゲルハルト、オリバー・コニエツニー、
セバスチャン・イェーガーほか
配給: アニモプロデュース
6月25日(土)からヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開

Dessau Dancers (Japanese Title: Break Beaters)

Director: Jan Martin Scharf
Screenplay: Ruth Toma
Starring: Gordon Kammerer, Oliver Konietzny, Sebastian Jaeger, Sonja Gerhardt
Distribution: Animo Produce
Showing from 25th June at the Human Trust Cinema, Shibuya and other selected cinemas throughout Japan.

THE MOVIE

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN