日本のモノ作りは終わった?いや、変わっただけだ - 若手が創り出す注目のプロダクト Despite the downturn, craftsmanship in Japan is here to stay: A technology report.

かつて、日本は“モノづくり”大国であった。しかし、いまや大手メーカー各社から流れてくるニュースは、暗いものばかり。日本のモノ作りは終わってしまったのか? ここに、大手メーカーをドロップした20代、30代が中心となって開発されたプロダクトを2点、紹介しよう。

Once upon a time, Japan was deemed the factory of the world. However in an era where big Japanese makers are facing financial woes and even bleaker creative outlooks, could it be true that Japan’s craftsmanship boom has come to a halt...? Several young entrepreneurs are proving why that’s not true – check out these innovative ideas by two Japanese companies.

大手家電メーカーからドロップした3人が作る全く新しい節電義手/handiii The team making affordable prosthetics a reality

handiii

まるでSF映画のように美しい節電義手がある。パナソニック、ソニーを経て独立した3人、近藤玄大/山浦博志/小西哲哉によるexiii社のhandiiiだ。
ロボット工学とプロダクトデザインを専門とする3人が生み出したのは、「人間の手に見えるフェイク義手」ではなく、「官能的な機能美を持つ、個性を表現できる義手」。腕の障がいを隠そうという従来の方向性とは正反対のベクトルを持つ。しかし、この方向転換こそが、製造コストを大きく下げる原動力にもなるという。
クラウドファンディングのサクセスによって、一部の協力者に製品が届いてはいるものの、handiiiはまだ開発途中のプロダクト。1体何百万円とされる義手の価格を、10分の1以下にすることが彼らの目標である。実現に期待したい。

It looks like something out of a science fiction film, but rest assured, handiii is the real deal. Leaving their jobs at Panasonic and Sony, Genta Kondo, Hiroshi Yamaura and Tetsuya Konishi decided to follow their dream and founded their company, exiii.
The robotics and engineering pros set their focus on manufacturing the ultimate prosthetic hand, able to move simply with myoelectricity (that’s muscle power for us science amateurs). Rather than trying to blend in, their design aims to create beauty in artificial form itself, turning the notion of prosthetic limbs into an empowering and wonderful thing.
Booming on crowdfunding sites, the project has received support from all over the world, with volunteers also helping with trials and testing. Whilst handiii is still not quite ready to be released for general sale, the exiii team is one to look out for – they promise to sell the units for just one tenth of the usual cost of hundreds of thousands of dollars. That’s some Japanese economic skill right there.

自動車&家電メーカーを経て独立した3人が作り上げたパーソナルモビリティ/WHILL The team breaking boundaries in personal mobility

whill

車でもない、車いすでもない乗り物、パーソナルモビリティのWHILL。日産自動車、ソニー、オリンパスを経て独立した杉江 理/内藤 淳平/福岡 宗明の3人がけん引するWHILL社のプロダクトだ。
こちらはすでに購入可能で、WHILL Model Aの本体価格は995,000円(税抜)。電動車いすや “シニアカー”と比べれば高価だが、WHILLはまさにその中間に位置する乗り物である。
「100m先のコンビニに行くのをあきらめる」という車いすユーザーの言葉から、このプロダクトが生まれたそうだ。筆者の両親は2人とも車いすユーザーだが、小回りが利き、高い走破性を誇るWHILLであれば、確かに一人でコンビニに行けるかもしれないと期待が高まった。
また、WHILLはBluetooth®LEでiPhoneに接続すれば、リモートコントロール可能である。WHILLから車いすに乗り換えたのち、リモートコントロールで部屋の隅に寄せるといったことを搭乗者が一人で行えるのは、日常生活においてとても大事なことだろう。
そのWHILLを、アートに活用する事例も出てきた。メディアアーティストの真鍋大度・石橋素らが率いるRhizomatiks Researchと、演出振付家のMIKIKO率いるELEVENPLAYのコラボ作品「border」である。AR技術を駆使し、インスタレーション空間がステージにもなるという斬新なアイデアのダンス作品で、観客はプログラム制御されたWHILLに乗り込み、パフォーマンスを“体験”する。

Is it an automobile? Is it a wheelchair? Well, neither actually. WHILL is creating a new age in personal mobility. The company was formed by members Satoshi Sugie, Junpei Naito and Muneaki Fukuoka after going solo from Nissan and Sony.
Already on sale internationally, the WHILL Model A will set you back around US$8,300. A high price compared to your average wheelchair...but WHILL isn’t your average wheelchair.
Incentive for the product was born after the team received comments from a wheelchair user stating how even simple tasks such as going to the supermarket down the road was a struggle. WHILL was created with Japanese technology to easily combat corners, bumps and turns, making those easier supermarket trips a reality.
Each unit even comes with a Bluetooth®LE enabled function for iPhone controlled remote access, enabling easier transitions when moving in an out of the chair. All this makes for increased independence for the user.
WHILL has even been used in art – Rhizomatiks Research, lead by artists Daito Manabe and Motoi Ishibashi, staged a collaboration with dance company Elevenplay to create ‘border’ – a dance installation piece at the Spiral Hall in Aoyama. The audience is able to experience riding the WHILL systems, remote controlled into a formatted routine.

WHILL、そして前述のhandiiiも同様だが、日本の若きメイカーズが作りだすモノには、「自分たちの力で社会問題を解決しよう」というチャレンジスピリットが宿っていた。そして、どちらにも緻密さから生まれる機能美がある。大量生産のマスプロダクツには、どうしても市場原理が立ちはだかるが、彼らはそこから脱し、少数の誰かが抱える深刻な問題を解決するために、自分たちの力を使おうとした。その精神の美しさが、プロダクトの美しさに繋がっている……といったら、大袈裟だろうか。

So there you have it. Whilst Japanese mass production has dwindled away, it’s clear that craftsmanship is here to stay in Japan. Young creators are looking to contribute towards society by using their intricate and delicate skills and technology in a positive and pro-active way. It’s not quite the manufacturing boom of late 20th Century, but it’s impressive stuff.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN