三宅一生 45年間のものづくり 「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」 45 Years of Style: The Work of Issey Miyake

現在、国立新美術館では日本を代表する世界的衣服デザイナー 三宅一生氏の展覧会「MIYAKE ISSEY展: 三宅一生の仕事」が開催されている。三宅氏の約45年間にわたる仕事を紹介する今回の展覧会は、訪れる誰もがつくることの楽しさと面白さを味わうことができる。

The National Art Center, Tokyo has just opened its exhibition on leading international designer Miyake Issey, entitled ‘MIYAKE ISSEY EXHIBITION: The Work of Miyake Issey’. The three-month long show aims to showcase the pioneer’s forty-five year history in his clothes making, from the seventies to the present day. It’s an unmissable chance for any people.

「一枚の布」 -A Piece of Cloth-A Piece of Cloth

活動当時から現在に至るまで、一貫して持ち続けてきた一枚の布で服をつくるという三宅氏の考えた方だ。何万点というこれまでに発表した膨大な服の中から選び抜いた展示作品を鑑賞しながら奥へと進むと、一枚の布から生まれる無限の可能性に感性が刺激されて「一枚の布」の意味が自然と伝わってくる。
伝統的な技術や最先端テクノロジーを融合させた三宅氏の服からは従来の服から感じる事のできないワクワク感や驚きがある。繊維強化プラスチック、合成樹脂、和紙、さらには馬尾毛までが彼の服をつくる材料となるのだ。独自開発された素材でつくられた服は、まるで彫刻のようなアート作品にみえる。多種多様な素材からつくられた服は、視覚的に美しく見えるだけではなく実用性や機能性も優れている点が三宅氏のデザインが多くの人から愛される理由ではないだろうか。

From the very beginning of his career, Miyake Issey has always based his ideology around the manipulation of a single piece of cloth, in that within a lifeless piece of fabric, there are a thousand possibilities of how to wrap the living and breathing human body. His innovative work combines traditional tailoring with cutting-edge technology, always exciting and never disappointing. From fibre-reinforced plastics and synthetics to traditional ‘washi’ (Japanese paper) and horsehair, Issey’s clothes are unique pieces of material, all with their own artistic flair and grace. Aside from their perfectly sculpture-esque aesthetics, Issey's clothes are also durable and easy to wear, establishing them as a well-loved favourite all over the world.

「プリーツ」の秘密もThe secret behind the pleats

三宅氏のデザインといえば、何よりもまず「プリーツ」が頭に浮かんでくる。ブランドの象徴でもある「プリーツ」は実用的で現代的なシルエットが圧倒的な存在感を誇っている。
今回の展覧会では三宅氏独自の技法である「製品プリーツ」の制作過程が初公開される。展示室に運ばれたプリーツマシーンをスタッフが動かして、制作実演も行う。服の形に裁断して縫製した生地に熱を加えてプリーツ加工を施したら服が出来上がる、この制作過程はぜひ生で見てほしい。また、三宅氏の「一枚の布」というコンセプトに近い「一枚の板」をレーザーカットでくり抜いて、365枚のパーツを組み立てて作られた吉岡徳仁氏の作品「グリッド・ボディ」も必見だ。

The first thing that comes to mind when hearing the name ‘Miyake Issey’ is no doubt pleats. The brand’s trademark, pleats act as a practical yet cool feature that always pack a punch. For the first time ever, the NACT exhibition gets special access to the process behind the pleats, with Issey’s own pleat machines being brought in for live demonstrations. The cut, sew and searing technique that makes the brand’s symbolic pleat silhouette is a must-see. Other interesting sights include the bodices used throughout the exhibition. The ‘grid bodies’ are designed by Tokujin Yoshioka and are made up of 365 parts mapped out with a laser and assembled in ode to the ‘piece of cloth’ concept.

“ジーンズやTシャツのように多くの人が自由に着られる服をつくりたい”という三宅氏の言葉が今回の展覧会で実感できた。確かに、彼がつくる服は年齢・性別・国籍を問わない、つまり着る人を選ばない魔法のような服なのである。三宅一生氏の45年間の仕事を通して、これから私たちが目指していくべき「ものづくり」について何かの大きなヒントが得られるのではないかと思う。

Miyake Issey once famously said, “I want to make clothes like jeans and t-shirts that people can wear freely”. It’s this universal ideology that has pushed his work to the forefront of the fashion industry and got him where he is today. No matter the age, sex or nationality, his clothes hold a mysterious free-for-all allure.

MIYAKE ISSEY展:三宅一生の仕事

会期
2016年3月16日(水)~6月13日(月)
休館日
毎週火曜日 ただし、5月3日(火・祝)は開館
会場
国立新美術館 企画展示室 2E 東京都港区六本木7- 22-2
開館時間
10:00~18:00 金曜は 20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
主催
国立新美術館
共催
公益財団法人 三宅一生デザイン文化財団、
株式会社 三宅デザイン事務所、株式会社 イッセイ ミヤケ

MIYAKE ISSEY EXHIBITION: The Work of Miyake Issey

Dates
16th March – 13th June 2016
Closed
Tuesdays except 3rd May (national holiday)
Address
The National Art Center, Tokyo, Special Exhibition Gallery 2E. 7-22-2 Roppongi, Minato-ku, Tokyo.
Opening times
10:00 – 18:00 (Fridays: until 20:00). Doors close 30 minutes before closing time.
Organizer
The National Art Center, Tokyo
Co-organizers
The Miyake Issey Foundation, Miyake Design Studio, Issey Miyake Inc.

RELATED POSTS

MOST POPULAR

FEATURE

LATEST POSTS

LOGIN